ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > TIPS, TOWN > 長距離移動が多いイタリア 正しい鉄道の乗り方

TIPSTOWN

長距離移動が多いイタリア 正しい鉄道の乗り方

TIPSTOWN 投稿者: ココマチ編集部
railroad_img1

イタリアは、「ブーツ」と呼ばれる南北に細長い地形で、ミラノ、ローマ、ナポリというように観光地や名所が国中に散らばっているため、移動には鉄道が便利です。代表的な鉄道路線はイタリア国鉄から民営化したトレニタリアが運行しています。鉄道の路線はとても充実していて、イタリア本土はもとより島々にまで広がっています。また、ドイツやスイスといった周辺国へ行くのに便利な国際路線も充実しています。
ただし、日本とは鉄道事情が違いますので、列車の乗り方を知っておく必要があります。まずは基本的な切符の購入から、ホームに行き、車内に乗り込んで、到着するまでの一連の流れを知れば、個人旅行でも気軽に列車を利用できるようになります。特に、旅行者は長距離の列車を利用することが多いので、トレニタリアの高速列車などを中心にご紹介していきます。


電光掲示板で、列車の運行状況を確認

イタリアでは出発時間はあらかじめ決まっていますが、遅れることがよくあります。それも5分や10分ではなく、1時間以上ということも。さらに、列車が入ってくるホームが変更されることもしばしば。そのため早めに駅に着いたからと、列車が到着予定のホームにすぐに行きません。 まずは、駅の電光掲示板で現在の状況をチェックする必要があります。電光掲示板には、行先、列車の種類、発車時刻、現在の遅延時間、発車ホーム番号などが表示されています。列車の種類は略語で書いてあり、ESは高速列車のユーロスター、ENは夜行列車のユーロナイト、ICは特急列車のインターシティ、REGはローカル列車のレジョナーレなどとなります。しばらくは遅延状況を見守りますが、時間が近くなると変更はほぼないので、掲示板で表示されているホームへ向かいます。


イタリア鉄道での切符の買い方

イタリアの切符の買い方は、日本と同じように窓口か自動券売機を利用します。ただ、窓口はいつも混んでいて、特に観光シーズンのローマやナポリといった主要駅では、30分以上の列ができることもあります。さらに、窓口ではイタリア語での対応が必要となるため、こちらがイタリア語に不慣れな場合は手間取ることもあります。 自動券売機のほうが比較的空いているうえ、英語やドイツ語など6カ国語に対応しています。切符を買うには画面の案内に従って、目的地、違う駅の切符が欲しい場合は出発地、日付、時間まで選ぶと、列車の候補が出てくるので乗りたい列車を選択します。次に人数を選び、指定席の場合は座席を選択、1等車か2等車かを選択。最後に現金かクレジットカードで支払いをします。支払処理が終了するとチケットが出てきて購入完了となります。


自動検札機で切符に刻印を

イタリアの駅と日本の駅の大きな違いの一つに、改札があります。日本でよく見る改札機はイタリアにはありません。駅に入ってそのままホームまで行けるのです。それだと、切符がなくても乗れてしまいますが、車内で検札があるのです。そのため、イタリアでは検札について知っておく必要があります。 切符を持っているというだけでは、何度でも使えてしまうので必ず自動検札機に通して刻印する必要があります。この自動検札機は大抵ホームの入り口近くにあるので、必ず刻印しましょう。車内での検札時にこの刻印がないと、高額な罰金を徴収されます。検札前に自分から忘れたことを申し出た場合でも、追徴金を払わなければいけないので十分注意が必要です。自動刻印機が壊れているような場合でも、大きな駅なら他のホームにも検札機あるので、必ず刻印するようにしましょう。


正しい乗り方を知って、イタリア鉄道を利用しよう

日本とはかなり違うイタリア鉄道の乗り方ですが、きちんと知識を持っていれば短時間で目的地に連れて行ってくれるとても便利な移動手段です。切符の改札なども日本とは違いますが、駅構内や列車内での案内もかなり違います。日本のようにホームでのアナウンスはあまりなく、発車の際も合図がないことがほとんどです。また、車内アナウンスもないことが多いので、自分の降りる駅を逃さないように気を付ける必要があります。 列車の遅延が多いため、時間に余裕を持って行動することも大切です。ただ、イタリア国鉄から民営化したトレニタリア社などでは状況が改善されつつあり、最近は主要な高速列車などでは遅延が少なくなっているようです。列車での移動は便利なのはもちろん、車窓からの風景を楽しんだり、地元の人々と触れ合ったりと利点が多くあります。正しい知識を持って、ぜひ列車を利用してみましょう。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_1732862 スコットランド最大規模の祭典、ミリタリー・タトゥー
    CULTURETIPS
  2. バンコク雑貨 エキゾチックな魅力満載!バンコクで買える注目のタイ雑貨について
    SHOPPINGTIPS
  3. shutterstock_295081289 オーストリアの文化都市、グラーツを観光する
    SPOTTOWN
  4. shutterstock_154151477 クアラルンプールの旅行ガイド
    TOWN
  5. shutterstock_223290397 ウィーンを代表する豪華絢爛な宮殿を巡ろう
    CULTURETIPS
  6. shutterstock_178303442 シチリア島で独特な文化と生きる街 パレルモ
    SPOTTOWN
  7. shutterstock_25201540 旅先でもきっと役立つ!台北での台湾茶の楽しみ方。
    FOODTIPS
  8. shutterstock_107274743 ラベンダーの香りが漂うフヴァル島
    SPOTTOWN
ココマチギフト

新着記事