ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, TIPS > 貴重な日本の世界文化遺産・石見銀山

CULTURETIPS

貴重な日本の世界文化遺産・石見銀山

CULTURETIPS 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_208483468

日本の戦国時代後期から江戸時代前期にあたる時期、日本で採掘された銀の量は世界全体の産出量の約3分の1を占めていたといわれています。そして日本で産出された銀というのは、大部分が石見銀山で採れたものでした。その全盛期の様子がほぼ完全な形で残されていること、周囲の自然の景観との素晴らしい調和を見せていることから、2007年に世界遺産として登録された石見銀山。今回この日本一の銀山の魅力についてご紹介していきます。


世界遺産・石見銀山へはどう行く?

世界遺産・石見銀山への行き方を、列車・飛行機・車でのアクセスという3通りに分けてご紹介します。列車であれば最寄駅は「大田市」駅で、そこから路線バスで約30分、「代官所跡」停留所で降車します。遠方から飛行機で行く場合は、利用するのは出雲空港となり、そこから連絡バス約30分で「出雲市」駅へ、そこから列車約40分で「大田市」駅に移動します。その後は「列車の場合」と同様に。車の場合は3ヶ所の駐車場が用意されているので、そちらを利用しましょう。


石見銀山上級者向け!大久保間歩

世界遺産石見銀山には主な坑が2つあり、そのうちの1つが大久保間歩です。「間歩」とは坑のことで、石見銀山では江戸時代にまでに掘られた坑のことをこう呼ぶのだそう。大久保間歩はいわゆる「本格的な」坑で、許可の取り方や入坑料の金額、準備や心構えに至るまですべてが上級者向けとなっています。ただその分、石見銀山の本質に触れ、当時の状況を肌で感じることもできるため、ぜひ挑戦しておきたいコースともいえるでしょう。


石見銀山初心者向け!龍源寺間歩

大久保間歩が石見銀山の上級者向けコースだとしたら、龍源寺間歩は初級者向けと言えるでしょう。道はある程度舗装されていて照明も準備されており、服装や靴にも特別な準備はいらず、ガイドの必要もなく、自分でガイドマップを見ながら見学していけるというコースになっています。それでも世界遺産としての雰囲気を味わうには十分なコースだといえるので、無理をしない見学を望むなら、最初は龍源寺間歩コースを選ぶことをおすすめします。


実はすごい歴史的価値があった!世界遺産・石見銀山

石見銀山の世界遺産としての正式名称は「石見銀山遺跡とその文化的景観」。だから銀山自体だけではなく、まわりの街並みや自然景観なども併せての世界遺産です。その全てを味わい尽くすには、登録されている場所全部をまわっておきたいところですが、そのためにはそれなりの準備が必要です。山歩きに適した装備の用意ももちろんのこと、石見銀山の歴史背景なども勉強しておいてから出かけたいところですね。日本の貴重な世界遺産の旅を、ぜひお楽しみください。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. 意外と早くラクに着く!香港エクスプレスでシェムリアップのアンコール観光 意外と早くラクに着く!香港エクスプレスでシェムリアップのアンコー…
    PRTIPS
  2. 根強い人気!北欧雑貨のブランドについてもっと知りたい 根強い人気!北欧雑貨のブランドについてもっと知りたい
    SHOPPINGTIPS
  3. shutterstock_331780052 「魔女の宅急便」のモデルになったエストニア・タリンの街
    CULTURESPOT
  4. 303_1_image 関東の超定番! 初詣人気スポット3選
    CULTURESPOT
  5. shutterstock_248314765 バナナだけではないフィリピンのフルーツ
    FOODTIPS
  6. shutterstock_449312032 桁違いの大自然に圧倒される!北海道の自然を感じる観光スポット
    SPOTTIPS
  7. winter_img1 その時期だからこその楽しみがある冬のヨーロッパ旅行
    TIPSTOWN
  8. shutterstock_175128359 ホーチミンの定番買物スポットを知ってお土産を賢くゲット!
    SHOPPINGTIPS
ココマチギフト

新着記事