ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > SPOT, TOWN > 青い海とレゲエの国!ジャマイカを観光しよう

SPOTTOWN

青い海とレゲエの国!ジャマイカを観光しよう

SPOTTOWN 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_521961013

中央アメリカ、カリブ海に浮かぶ島国ジャマイカ。真っ先に思いつくものは、白い砂浜と真っ青に澄みわたる海のリゾートですよね。しかしジャマイカといえばもうひとつ、レゲエミュージックの発祥の地という顔も持ちます。日本でもファンが多いレゲエの、歴史や由来をご存知でしょうか?ジャマイカでレゲエの魅力に触れる旅はいかがでしょうか。今回はジャマイカの観光で行っておきたいスポットを3ヶ所、厳選してご紹介していきます。


キングオブ・レゲエ、ボブ・マーリーの足跡を訪ねよう

キングストンを訪れたらまず必ず立ち寄りたいのが、ジャマイカが生んだキングオブ・レゲエ、ボブ・マーリーゆかりの場所です。彼の生家が現在そのままボブ・マーリー博物館として残されているのです。ボブの写真や愛用の楽器、ステージ衣装などさまざまな物品が展示されているほか、ご健在の家族の姿もたまに見受けられるのだとか。レゲエというものの歴史や意義に詳しくない人でも、ボブの偉業を肌で感じられるスポットとなっています。


どこまでものびる白い砂浜、セブン・マイル・ビーチ

ジャマイカの西端に位置するネグリルという地域には、セブン・マイル・ビーチという美しい砂浜が広がっています。名前の通り7マイル、つまり約11キロにわたって真っ白な砂浜がのびていて、透明度抜群の海がとても気持ちの良いスポットです。リゾート客の姿はほとんど見られず、地元の人が日常生活で砂浜を行き来しているようなのどかなところで、観光客が大勢いる観光地の喧騒を離れてちょっと一息つくには、絶好の場所といえるでしょう。


ジャマイカ最大の土産物市、ハーバーストリート・クラフトマーケット

モンテゴベイにあるハーバーストリート・クラフトマーケットは、ジャマイカ最大の土産物売り場です。屋外にさまざまな土産物屋がずらりと、ジャマイカらしい自由で大らかな陳列のしかたで並べられていて、「土産物村」という呼び方がぴったりの熱気あふれるマーケットです。観光客慣れしている店員は皆気さくで、値引き交渉などのコミュニケーションも楽しくとることができるでしょう。旅行の最後に立ち寄って、買い忘れのお土産もまとめてゲットしたいですね。


レゲエと海の国、ジャマイカを遊び尽くそう!

ジャマイカの観光スポットについて、キングストンのボブ・マーリー博物館、ネグリルのセブン・マイル・ビーチ、モンテゴベイのハーバーストリート・クラフトマーケットの3ヶ所をご紹介しました。レゲエ、海というジャマイカの欠かせないポイントを網羅し、お土産選びにも最適な場所というラインナップでしたが、ジャマイカには他にもたくさんの観光スポットがあります。日本から行くにはちょっとだけ時間がかかる場所ですが、ぜひ1度訪れてみてください。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. ab77bdd1 高知の気候風土が育んだ特産品の数々
    SHOPPINGTOWN
  2. shutterstock_218539402 さまざまな側面を持つライプツィヒの観光スポット
    SPOTTOWN
  3. shutterstock_289260248 ウェールズの首都カーディフを観光しよう
    SPOTTOWN
  4. shutterstock_299482721 悠久の歴史を今に伝える南仏プロヴァンスの小さな街3選
    TOWN
  5. buddha_img1 ブッダの威光を肌で感じられる国 ミャンマー
    CULTURETOWN
  6. shutterstock_425040877 クメール王朝の息吹を感じるカンボジアを観光しよう
    SPOTTIPS
  7. shutterstock_451052563 旅行やワーホリで人気!オーストラリアシドニーの人気カフェ3選
    FOODSPOT
  8. dubai_img1 アクセスは抜群!世界と結ばれた観光都市 ドバイ
    SPOTTOWN
ココマチギフト

新着記事