ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, TIPS > 絶景といわれる日本庭園4選

CULTURETIPS

絶景といわれる日本庭園4選

CULTURETIPS 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_428722222

アメリカの日本庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」で、13年連続日本一に選ばれた日本庭園は、島根県安来市にある「足立美術館」です。日本庭園だけではなく、横山大観などの近代から現代にかけての日本画を約1500点も展示していることで有名な美術館。日本の季節によって生み出される庭園の移り変わりは、誰もが心を奪われるほど美しいです。この日本の美景で癒されるために、日本だけでなく世界中から人が集まってきます。


皇族が愛した日本庭園、桂離宮

京都府京都市西京区にある「桂離宮」。江戸時代に皇族・八条宮の別邸として建てられた建築と庭園で、現在は宮内庁が管轄しています。約7万平方メートルという面積を誇り、美しさは日本庭園の中でも最高峰と呼ばれているそう。入場には申し込みが必要で、18歳未満の入場は禁止とされていますのでご注意を。参観の際には、ガイドが同行・案内をしてくれますので、景色だけではなくさまざまな知識や歴史とともに楽しい時間を過ごせますよ。


優雅な気持ちを与えてくれる、湯村常磐ホテル

「湯村­常磐ホテル」は、山梨県甲府市で1,200年続く湯村温泉街にあり、四季折々な風情ある日本庭園の美しさで知名度を上げました。緑を囲むように造られている池や100年以上の歴史を持つ大木など、素晴らしい自然が溢れています。夏は青々とした新緑、冬は白銀の世界となる雪景色など、いつ訪れても表情を変えて見せてくれる庭園です。館内で豪華なお食事とともに、座りながら日本庭園の美しさをゆっくりと眺められるというのも嬉しいところですね。


いつまでも眺めていられる美しさ、京都平安ホテル

京都の地下鉄今出川駅から徒歩7分ほどで到着する「御所西 京都平安ホテル」。こちらの日本庭園は、江戸時代後期に造られたもので、面積は500坪ほどの広さを占めています。池泉回遊式日本庭園であるために石橋や滝など水辺のスペースが広く、常に動きがある水の流れは眺め続けていても飽きがこない美しさです。有名な鞍馬石や加茂石も所有していて、京都特有の日本庭園であることを表しています。散策マップもあり、訪れる際にはぜひ手に入れておくべきでしょう。


日本庭園から感じる日本の心

日本庭園の中でも絶景といわれる4か所をご紹介しました。アメリカの庭園雑誌で高い評価を獲得した「足立美術館」、宮内庁が今も残すべき美景として管轄している「桂離宮」、温泉と食事と美景で最高の癒しを感じられる「湯村常磐ホテル」、京都ならではの日本庭園を見せてくれる「御所西 京都平安ホテル」。どの庭園に足を運んでも、全く同じ景色はふたつとありません。日本の心を忘れずにいるためにも、改めて日本庭園を訪れる機会を作ってみてはいかがでしょうか。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_176646242 本場のフランス菓子を味わうならこちら パリのおすすめパティスリー…
    FOODTIPS
  2. shutterstock_374454463 大自然がそのまま残っている聖地 アラスカ
    SPOTTIPS
  3. shutterstock_311834738 バックパッカーにおすすめ!海外の登山スポット3選
    SPOTTIPS
  4. shutterstock_206738170 妙なる五十鈴の宮|神のやしろを想う 神社紀行
    CULTURESPOT
  5. sa-english_img1 英語の語学留学をするなら、英語圏の国へ行くのがおすすめ
    TIPSTOWN
  6. shutterstock_131211083 日本人の口に合う、台湾料理をめぐる旅はいかが
    CULTUREFOOD
  7. image 世界の星空スポットに星を見に行こう
    SPOTTIPS
  8. image 宍道湖名産 宍道湖七珍の謎に迫る
    FOODTIPS
ココマチギフト

新着記事