ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, SPOT > 坐禅によって自己を見つめる禅宗の寺 鎌倉の禅寺をまわる

CULTURESPOT

坐禅によって自己を見つめる禅宗の寺 鎌倉の禅寺をまわる

CULTURESPOT 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_247810309

一口に仏教といっても、わが国においてだけを見てもさまざまな宗派に分かれています。その中のひとつ禅宗とは、大まかにいうと坐禅を重んじる宗派です。自分の中の仏性を見つめ、坐禅をすることで悟りを開こうとする教えで、おもに臨済宗、曹洞宗、黄檗宗を中心とした47流があると言われています。
この禅宗が初めて日本の歴史に現れるのは平安時代初期、ただし公式では鎌倉時代とされています。武士や庶民に広く受け入れられ、当時の鎌倉幕府などの保護もあって盛んになっていきました。そのため鎌倉の地には禅寺が数多くあり、とりわけ臨済宗の鎌倉五山と呼ばれる5つの寺は、格式の高いものばかりです。この鎌倉五山とは中国の五山制度を取り入れ、寺に等級を設けるという制度によって選ばれた5つの寺を指します。
ここではその鎌倉五山である建長寺、円覚寺、寿福寺を中心に、鎌倉の禅寺についてご紹介します。


鎌倉五山の筆頭 建長寺

巨福山建長興国禅寺(こふくさんけんちょうこうこくぜんじ)、通称建長寺は、鎌倉五山第一位の寺、かつ鎌倉四大寺のひとつです。創建は鎌倉幕府第五代執権北条時頼、彼によって招かれた宋の禅僧である蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)が開山しました。臨済宗建長寺派の大本山で、日本で初めての禅寺とされており、今でも当時の宋の厳しい禅風が受け継がれています。当時は禅宗様式の伽藍配置に加え、塔頭(小さな寺院)を49ほど持っていましたが、その後数度の火災に見舞われ焼失、現在見られる建物の多くは江戸時代に再建されたものです。法堂(はっとう)は鎌倉で最大、梵鐘は鎌倉三大名鐘のひとつとなっています。 蘭渓道隆は死後、後宇多天皇から日本最初の禅師号である大覚禅師という称号を受け、寺も北条氏や足利氏に保護されて全国に禅宗を広める役目を担いました。


敵味方区別なく戦没者が祀られる寺 円覚寺

鎌倉五山第二位は、瑞鹿山円覚興聖禅寺(ずいろくさんえんがくこうしょうぜんじ)、通称円覚寺です。臨済宗円覚寺派の総本山で、創建は鎌倉幕府第八代執権北条時宗、開山は宋の禅師無学祖元(むがくそげん)です。蒙古軍の襲来、いわゆる元寇での両軍の戦死者を弔うため、および全国に禅宗を広めるために建立されました。北条氏に厚く保護されて発展しましたが、建長寺同様いくたびもの火災に遭い、江戸時代に再建された建物が多くあります。釈迦の遺骨が奉納されている舎利殿は国宝に指定されていて、特に見どころとなっています。 夏目漱石の作品「門」にも登場する三門のあたりは桜の名所としても名高く、すぐそばにある選仏場という建物の風情と相まって、春には美しい景観で見る人の目を楽しませてくれます。また、秋には境内全体が紅や黄色で彩られ、鎌倉でも随一の紅葉スポットとなっています。


鎌倉五山最古の寺 寿福寺

鎌倉五山第三位である寿福金剛禅寺(じゅふくこんごうぜんじ)、通称寿福寺は、鎌倉幕府初代将軍源頼朝の妻北条政子によって創建された、臨済宗建長寺派の寺です。開山は宋から日本に臨済宗を伝えた栄西で、頼朝の供養のために建立されました。頼朝の祖先である源頼義が勝利祈願した源氏山がそびえ、頼朝の父である源義朝の居所があったという、源氏ゆかりの地に置かれています。鎌倉五山の中では最も古い歴史を持ち、建長寺や円覚寺同様に何度も火災に見舞われ、南北朝時代に再興されています。境内は国の史跡に指定されていて、鎌倉でもっとも美しいと言われる石畳の参道、寺宝である開山の栄西による著作「喫茶養生記」など貴重な遺産が多く見られます。 墓地には北条政子とその息子源実朝の眠る五輪塔の他、大正時代の外務大臣陸奥宗光、俳人の高浜虚子、作家の大佛次郎の墓もあります。


鎌倉の禅寺で 禅宗の歴史に思いを馳せる

鎌倉五山には、これまでご紹介してきた建長寺、円覚寺、寿福寺に加えて第四位、五位のふたつの禅寺があります。第四位は金峰山浄智寺(きんぽうさんじょうちじ)。臨済宗円覚寺派に属し、創建は鎌倉幕府第十代執権北条師時(もろとき)、開山は南洲宏海(なんしゅうこうかい)、大休正念(だいきゅうしょうねん)、兀庵普寧(ごったんふねい)の3名です。第五位は稲荷山浄妙廣利禅寺(とうかさんじょうみょうこうりぜんじ)、通称浄妙寺です。臨済宗建長寺派に属し、創建は源頼朝の従兄弟にあたる足利義兼、開山は退耕行勇(たいこうぎょうゆう)です。 宋から伝わった当時の禅風を脈々と受け継ぎ、今も僧たちが厳格な修業を行っていることも珍しくないこれらの禅寺には、文化的価値の高い建物や遺物も数多く残されています。坐禅をしながらその歴史に思いを馳せる。そんな旅も良いのではないでしょうか。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_520549921 独自のカラーを持つ、国内のユニークな映画館について
    SPOTTIPS
  2. shutterstock_180787010 ミシガン湖畔の見どころあふれる街、シカゴ
    CULTURETOWN
  3. 308_1_image 実は名所がたくさん!東京都内の古刹
    CULTURESPOT
  4. shutterstock_491415763 都内で味わえるレトロ!昔ながらの銭湯3選
    CULTURESPOT
  5. shutterstock_395162041 工期が100年以上!スペインのサグラダ・ファミリア
    SPOTTIPS
  6. shutterstock_275902178 中世の香り漂うアウグスブルク観光を楽しもう
    CULTURETOWN
  7. image インドの魅力を肌で感じる大都市 コルカタのオススメ観光スポット
    SPOTTOWN
  8. shutterstock_334956908 フランスのおすすめ観光スポット モンサンミシェル
    CULTURESPOT

新着記事