ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > SPOT, TIPS > 漫画「キングダム」でおなじみ 秦の始皇帝ゆかりのスポット

SPOTTIPS

漫画「キングダム」でおなじみ 秦の始皇帝ゆかりのスポット

SPOTTIPS 投稿者: 吉川由美
漫画「キングダム」でおなじみ 秦の始皇帝ゆかりのスポット

漫画のヒットからゲーム、テレビアニメと一大ブームを巻き起こし、多くのファンを獲得している「キングダム」。中国の春秋戦国時代を舞台に、後に始皇帝となる秦国の王・政と武功を挙げようと奮闘する少年を中心に、史実をベースに描かれた長編漫画です。そこに登場する始皇帝は、動乱の中国を統一し最初の皇帝となった実在の人物で、彼の軌跡を記す場所は観光スポットとなって一般公開されています。今回は秦の首都だった「咸陽」と難攻不落といわれた「函谷関(かんこくかん)」、巨大な地下軍団「兵馬俑坑」をご紹介します。歴史の教科書に必ず出てくる始皇帝の生涯にも迫ります。


王都・咸陽で偲ぶ栄華の跡

時は今から2,200年ほど前、戦国七雄と呼ばれる秦・楚・斉・燕・趙・魏・韓が群雄割拠する中国において、13歳で秦の王位を継いだ政は補佐役の呂不韋亡き後、国内の整備と周辺国の攻略を進め、強大な軍事力と知略で次々と敵対する6国を滅亡させ、紀元前221年に初の統一王朝を樹立しました。自ら「最初の皇帝」を意味する始皇帝と名乗り、現在の陝西省西安市に位置する首都の咸陽のそば、渭水南岸に「阿房宮」という大宮殿を建設しました。生前には完成せず、秦の滅亡で未完のまま放置され、現在はその跡地に記念碑を残すのみですが、発掘された出土品や秦代の遺物は咸陽博物館と秦咸陽宮遺跡博物館で見ることができます。


中国で最も古い関所「函谷関」

キングダム中盤の最大の見せ場、函谷関の戦いの舞台、函谷関は東方の異民族の侵入を防ぐために設けられた関所です。長安(現在の西安)を中心とする関中と洛陽を中心とする中原を結ぶ交通の要衝であったことから、南北から山脈が迫る東西8キロの深い谷に秦函谷関が築かれ、後の漢代にはその東100キロメートルの場所に漢函谷関という新旧二関が造られました。黄土層の絶壁が両岸に切り立ち、樹林は陽光を遮り昼でも暗く、函(はこ)の中を行進しているかのようであることから「函谷関」と命名され、秦末の反秦戦争で劉邦軍は守りの固い秦函谷関を避けて南から関中に侵入し、咸陽を陥落させました。秦函谷関はその後の楚漢戦争で項羽軍に破壊されましたが、1992年に復元され当時の姿が蘇りました。日本の唱歌「箱根八里」でもその名が知られています。


始皇帝の死生観がわかる「兵馬俑坑」

兵馬俑とは殉死者の代わりに埋葬された人形の兵士や馬のことで、1974年、自宅の庭で井戸掘をしていた農民によって偶然発見されました。始皇帝の墓といわれる始皇帝陵を取り巻くように三つの坑が発見され、総面積は2万平方メートルを超える大規模な副葬坑で、約2,200年もの間人目に触れることなく始皇帝の霊を守り続けてきました。表情や衣服など全て異なる7,000体以上の武士俑をはじめ、馬俑や馬車、武器などが実戦の軍陣で配置され、その精緻な製法や正確な造型は当時の技術水準の高さを示しています。20世紀最大の発見といわれ、1987年に「秦始皇帝陵及び兵馬俑坑」の名称で世界文化遺産に登録されました。


15年で終わった栄華

始皇帝は中国統一後、さまざまな制度改革を行いました。従来の世襲制から中央が選任・派遣する官僚が治める郡県制に改め、国家単位での貨幣や計量単位の統一、交通規則の制定など善政を敷くも、その一方で焚書坑儒を実行して思想を弾圧したり、万里の長城や阿房宮、始皇帝陵の建設などで人民に犠牲を強いるなど、厳しい法律と多くの負担によって民衆の不満が増大します。晩年は不老不死を求め、生に執着しましたが、紀元前210年に諸国の視察を兼ねて出かけた4回目の天下巡遊の最中に病により没します。その後、末子の胡亥が二世皇帝になるも4年後に楚の項羽によって滅ぼされ、秦の栄華はたった15年で幕を閉じました。残虐な一面もあり、その評価は分かれていますが、有史以来初めて中国を統一した人物として語り継がれています。


この記事の著者
こんにちは!台北在住の専業主婦の吉川です♪ 在住者だからこそ知っている台湾の生情報やお薦めのレストラン、旅行会社に勤務しながら、趣味と実益を兼ねて旅した世界50カ国の都市の見どころや観光ポイントをた~くさんご紹介させていただきます♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_243795643 幸福度が高い国で知られるブータンの観光スポット
    CULTURESPOT
  2. イタリアは世界遺産保有率世界一!あなたは何カ所訪れた? イタリアは世界遺産保有率世界一!あなたは何カ所訪れた?
    SPOTTOWN
  3. どこまでも続く赤岩の水平線に吸い込まれる、グランドキャニオン どこまでも続く赤岩の水平線に吸い込まれる、グランドキャニオン
    SPOTTIPS
  4. cathedral_img1-01 美しさと大きさで他を圧倒する世界三大大聖堂
    CULTURESPOT
  5. shutterstock_324365696 歴史を感じる町並みと豊かな自然が魅力のスロベニア
    SPOTTOWN
  6. ボヘミア王国、神聖ローマ帝国として栄えたチェコの観光スポット ボヘミア王国、神聖ローマ帝国として栄えたチェコの観光スポット
    SPOTTOWN
  7. shutterstock_390534181 (2) あなたはどこへ行きたい?国内のおすすめ水族館
    SPOTTIPS
  8. shutterstock_451052563 旅行やワーホリで人気!オーストラリアシドニーの人気カフェ3選
    FOODSPOT
ココマチギフト

新着記事