ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > SPOT, TOWN > ドイツの歴史ある大都市、ケルンの観光スポット

SPOTTOWN

ドイツの歴史ある大都市、ケルンの観光スポット

SPOTTOWN 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_434933830

ドイツのケルンは、ベルリン、ハンブルク、ミュンヘンに次いで国内で4番目の規模を誇る街であり、ノルトライン=ヴェストファーレン州でもっとも大きい都市でもあります。歴史も古く、貴重な文化遺産を数多く持っています。特に世界最大のゴシック建築物であるケルン大聖堂は、世界遺産にも登録されている有名な観光スポットで、世界中から観光客が訪れます。今回はこの大聖堂をはじめ、ケルンでぜひ行っておきたいスポットを3ヶ所ご紹介します。


とにかく大きくて荘厳!ケルン大聖堂

ケルンだけでなくドイツ、いやヨーロッパを代表する聖堂であるケルン大聖堂は、高さ約157メートルという巨大なゴシック様式建築物です。1248年に建造が始まりましたが、宗教改革などで何度も中断され、19世紀になってからようやく本腰を入れて建築が再開されました。完成したのは1880年、建築開始から実に632年後のことでした。精緻な彫刻に彩られた外観、荘厳なステンドグラス、東方三博士の聖遺物など、豪壮な建物本体だけでない見どころにあふれています。


最高の眺望を誇る、ホーエンツォレルン橋

ケルン大聖堂のすぐそば、ライン川にかかる全長409メートルの巨大な橋がホーエンツォレルン橋です。毎日1200本以上の列車がわたるという、ケルンにおいて大変重要な輸送橋である一方で、ケルンの街並みやライン川が一望できる大変人気な場所ともなっています。また、2008年ごろから線路沿いのフェンスに名前やメッセージを刻んだ南京錠をかけて、そのカギをライン川に投げ込むという風習が流行っているそうで、ヨーロッパ各国から訪れるカップルにも人気のスポットです。


ヨーロッパでも随一のピカソ収蔵数!ルートヴィヒ美術館

ケルンにはルートヴィヒ美術館という、近代美術に関して大規模な収蔵を誇る美術館があります。1976年にヴァルラフ・リヒャルツ美術館から独立して成立し、現在は抽象絵画、シュールレアリスム、ポップアート、メディアアートなど多岐にわたるジャンルの絵画を有しています。特にピカソの絵画については、バロセロナとパリにあるピカソ美術館に次いで第3位の収蔵数だといわれていて、近代美術を語る上では欠かせない美術館となっています。


文化都市ケルンを大いに楽しむ!

ドイツの都市ケルンの観光スポットを3ヶ所、厳選してご紹介しました。どうしても観光スポットとしては大聖堂の存在感が大きいケルンですが、実は博物館を30以上、美術館に至っては100以上持つという大変な文化都市。展示の内容も古代ローマの遺跡があるかと思えば現代絵画も見られるなど、幅広く楽しめるバラエティ豊かさ!建築物やスポットを巡るだけではない楽しさもある街なのです。ドイツを訪れるなら、ぜひこのケルンも観光ルートに組み込んでみてはいかがでしょうか?


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_214223128 ヨーロッパの香り漂う北米の街 モントリオール
    CULTURESPOT
  2. landmark_img1 2つの王国によってつくられたラオスの歴史的建造物
    CULTURESPOT
  3. shutterstock_349878638 島全体がレジャースポット、シンガポールのセントーサ島
    SPOTTIPS
  4. shutterstock_178303442 シチリア島で独特な文化と生きる街 パレルモ
    SPOTTOWN
  5. 知られざる絶景スポットが目白押し!グルメだけではない台湾の魅力 知られざる絶景スポットが目白押し!グルメだけではない台湾の魅力
    SPOTTIPS
  6. shutterstock_431721697 数100円で買えるしあわせ。あえて食べに行きたい、東京都内の絶品…
    SPOTTIPS
  7. shutterstock_367497866 生涯に一度は訪れておきたい、ヨーロッパの隠れ里
    TOWN
  8. shutterstock_149914934 前に進む勇気とパワーを得られる世界のパワースポット
    SPOT
ココマチギフト

新着記事