ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > FOOD, SHOPPING > 京都の街歩きにぴったりな食べ歩き名物

FOODSHOPPING

京都の街歩きにぴったりな食べ歩き名物

FOODSHOPPING 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_292338992

日本国内だけでなく世界各国からも多くの観光客が訪れる観光地・京都。平安遷都以来の都として長い歴史を持つこの街には、魅力的な観光スポットがいっぱいですよね。長く皇族の住まいであった京都御所や有名な寺社仏閣、京町屋が立ち並ぶ市街地や多くの水鳥が訪れる鴨川など、時間が許すかぎりゆっくりと見てまわりたいスポットが多いのも京都の魅力です。
歴史がはぐくんだ文化や伝統が息づく街だからこそ、できればゆっくりと自分の足で歩きながら街や人にふれたい場所。あわただしく観光地をめぐるのではなく、歩きでしか見つけられない自分だけのスポットを探したい場所。そんな散策が楽しめる京都には食べ歩きに適した名物もたくさんあります。そこで今回は京都の食べ歩き名物の中から上賀茂の「やきもち」と出町柳の「名代豆餅」、下鴨の「みたらし団子」についてご紹介します。


甘さ控えめの餡が美味しい上賀茂の「やきもち」

京都市北区にある賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)、通称・上賀茂神社は京都三大祭りのひとつである葵祭が開催されることでも知られる神社です。こちらの神社の門前菓子として人気があるのが「やきもち」です。この菓子はもともと名前の通り普通の餅を焼いて売られていたのですが、江戸時代中期頃からあんこの入った餅を焼いた「茶葉二葉餅」という菓子が登場し、今の「やきもち」になりました。 この菓子は上賀茂神社近くのいくつかのお店で販売されていますが、中でも神馬堂のものは質が高いと評判です。餅は江州米を杵でついたものを使い、中につぶし餡をくるんで鉄板で焼いた「やきもち」は外がこんがりとしていて食欲を誘う香りです。また中の餡は少し粒を残してつぶしていて、甘みも控えめなので豆の風味も楽しめます。また片手で持って歩ける大きさは食べ歩きにピッタリです。


甘みと塩気のバランスが絶妙な出町ふたばの「名代豆餅」

鴨川三角州の近くにある出町柳駅周辺には、食べ歩きやお土産に最適な甘味処がたくさんあることで知られています。中でも明治創業の生菓子店・出町ふたばは、休日にはほぼ毎回行列ができるというほどの有名店です。行列ができるとわかっていても訪れる人の中には、評判を聞きつけて遠くから訪れる人もいるというほど。餅を使った商品を中心にたくさんの種類の菓子が並ぶ店ですが、中でも人気なのが豆大福です。 出町ふたばでは「名代豆餅」という名前で販売されているこの豆大福は、塩味がきいた赤えんどう豆がゴロゴロと入った柔らかい餅の中に、甘いあんこが入っているという一品。甘みと塩気のバランスが絶妙だと好評です。余計なものを使っていない餅は、時間がたつと固くなってしまうためお土産には向きません。ぜひ鴨川沿いを歩きながら食べてみてくださいね。


発祥地で食べたい下鴨の「みたらし団子」

京都市左京区にある賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)、通称・下鴨神社は先に紹介した上賀茂神社とあわせて賀茂社と呼ばれます。葵祭も両方の神社でともに行われ、全国ニュースでも毎年のように紹介される流鏑馬神事はこちらの下鴨神社で行われます。 こちらの門前菓子として有名なのが「みたらし団子」です。今では全国各地で食べることのできるこの団子の由来は、下鴨神社の御手洗(みたらし)祭りにあります。団子の形は境内にある御手洗池から湧き出る水の泡をモチーフにしたと言われ、もとは氏子が神前に供えるためにつくった団子を焼いて食べたものと伝えられます。 境内の中にある加茂みたらし茶屋では、注文を受けてからつくるできたての「みたらし団子」を楽しむことができます。黒砂糖を使った甘さ控えめのしょうゆだれは、あぶった団子の香ばしさとあいまって上品な美味しさとなっています。


京都の街にゆっくりとふれられる食べ歩きの旅

上賀茂の「やきもち」、出町柳の「名代豆餅」、下鴨の「みたらし団子」の三つをご紹介しました。どの名物菓子も手ごろな価格で買えて、片手に持って歩くことができるという食べ歩きにピッタリのものばかりです。しかもできたてが一番おいしいという点でも、買ってすぐに食べる食べ歩きに適したものばかりですよね。 美味しい名物を片手に菓子がうまれた土地を歩くという旅は、ゆっくりと街にふれることができそうです。また餅を焼く香りや団子のたれがこげる香り、杵で餅をつく音や店員の掛け声など、店からただよい出るサインを頼りに名物を見つけるというのも楽しそう。今回ご紹介した以外にも、京都には長い歴史の中から生まれた美味しい菓子がたくさんあります。できたての自分好みの菓子を片手に食べ歩きをする旅。京都の地図と観光情報をもとにプランを立ててみませんか。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. 301_1_image 地域によって千差万別 日本のお雑煮
    CULTUREFOOD
  2. shutterstock_224757475 大阪を代表する商店街3選
    CULTUREFOOD
  3. cancun_img1 世界中から観光客の訪れるリゾート地 カンクン
    SHOPPINGTOWN
  4. shutterstock_451052563 旅行やワーホリで人気!オーストラリアシドニーの人気カフェ3選
    FOODSPOT
  5. ab77bdd1 高知の気候風土が育んだ特産品の数々
    SHOPPINGTOWN
  6. shutterstock_116997196 キューバの歴史とともに受け継がれてきたカクテル
    CULTUREFOOD
  7. shutterstock_331675709 長野の気候風土が育んだ「蕎麦」文化
    CULTUREFOOD
  8. shutterstock_153950534 2016年の解禁日は11月17日!知っておきたいボジョレーヌーボ…
    FOODTREND
ココマチギフト

新着記事