ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > SPOT, TOWN > 政治・経済・文化の中心地、リーズの観光スポット

SPOTTOWN

政治・経済・文化の中心地、リーズの観光スポット

SPOTTOWN 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_378094912

リーズはヨークシャー最大の都市で、19世紀に織物業の中心地として発展した街です。商業の伝統は今でも受け継がれ、現在はイングランド北部で最大級のショッピング街となっています。なので、リーズには個性的なショッピングセンターが多数ありますが、ショッピング以外にも、博物館や美術館なども楽しむことができます。また、当時を彷彿とさせる美しい建造物がそのまま残されており、それらの見物ができる観光スポットもあります。


ヴィクトリア朝建築の傑作、タウンホール

リーズには市のシンボル的な建物が2つあり、そのうちの1つがリーズ市中心部のヴィクトリア広場に位置するタウンホールです。この威厳のある建物はヴィクトリア朝建築で建てられており、歴史を感じさせてくれます。高さが68メートルもある巨大な塔のてっぺんには時計があります。正面玄関には、石で造られた2頭のライオンの像が建っています。建物の中には立派なパイプオルガンがあり、主にコンサートやコメディーショーなどが行われています。


優雅な雰囲気が漂うシヴィック ホール

タウンホールと並び市のシンボルとなっているシヴィック ホールは、タウンホールより北側、ミレニアムスクエアに建っています。シヴィック ホールは1929~1933年の大恐慌時代に建てられたもので、ヴィンセント・ハリスが設計しました。建物には、ポーランド・ストーンという白い石を使っているため輝いており、明るい印象です。新古典主義的な雰囲気でタウンホールとは対照的な建物です。ここは、リーズ市の本庁舎になっていて、市議会や市長室などがあります。


ロマンチックな廃墟、カークストール修道院

イギリスには、中世に建てられたお城や修道院の廃墟がたくさんあります。カークストール修道院は、廃墟と言っても寂れた場所ではなく、絵画に出てきそうなロマンチック な雰囲気が漂います。ヘンリー8世によって修道院は解散させられ、その後火刑となったため、全体が真っ黒に煤けています。この大修道院は、今現在、市によって保存されており、ビジターセンターでは修道士の様子などについて知ることができます。また、周りに緑の多い公園で見学は無料です。


歴史を感じることができるのり近代的な都市、

今回ご紹介した観光スポットの「タウンホール」の近くには、パークスクエアという公園があり、のんびりとした時間を過ごすことができます。また、「カークストール修道院」の敷地内では、毎月1回40店舗以上の店が並ぶマーケットが開かれ、地元の食品や工芸品などを購入することができます。ほかにも、世界最大級の毛織物工場の跡地にある「産業博物館」やパイプオルガンの演奏が聴ける「セントジョージ教会」など、色々な場所でリーズを楽しんでください。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. image 特産品で魅力再発見、米沢市
    SHOPPINGSPOT
  2. image シラクサの古代ギリシャ遺跡スポット
    CULTURESPOT
  3. 新潟観光で訪れたい重要文化財のある観光スポット 新潟観光で訪れたい重要文化財のある観光スポット
    SPOTTOWN
  4. shutterstock_451052563 旅行やワーホリで人気!オーストラリアシドニーの人気カフェ3選
    FOODSPOT
  5. shutterstock_157328561 北アルプスを望む最高のロケーション 八方尾根
    SPOTTIPS
  6. shutterstock_170760092 こんなにあった!本を読むだけが目的でない、お洒落な図書館
    SPOTTREND
  7. アンコールワットのある国、カンボジアを観光しよう アンコールワットのある国、カンボジアを観光しよう
    CULTURESPOT
  8. shutterstock_257233549 多彩な魅力あふれるスリランカの観光スポット
    SPOTTIPS
ココマチギフト

新着記事