ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, TIPS > タイの伝統行事ローイクラトンとイーペン祭り

CULTURETIPS

タイの伝統行事ローイクラトンとイーペン祭り

CULTURETIPS 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_301658807

ローイクラトンは、陰暦の12月にあたる11月の満月の夜、タイで毎年開かれるお祭りです。このお祭りは、農業の収穫に感謝をし、水神に祈りをささげるというもので、灯篭流しを行います。灯篭は紙やバナナの葉で作ったものを流しますが、チェンマイでは灯篭ではなくコムローイと呼ばれる熱気球を浮かべます。タイ全土で行われる伝統行事のため、この時期になると国内はローイクラトン一色に染まります。タイ旅行に行くのなら、ぜひ参加してみてくださいね。


川の女神に祈りをささげるお祭り、ローイクラトンの起源

タイで行われる灯篭流し、ローイクラトンの発祥の地はスコータイです。13世紀、王妃が川の女神コンカへの祈りをささげ、バナナの葉で蓮の花の形をしたクラトンという灯篭を川へ流したことが始まりです。現在でも、農業の収穫に感謝をし、自らを清めるためにろうそくや線香などで飾ったクラトンを川へ浮かべるお祭りが行われています。その中でも、パレードやコンテストなどのイベントやショーも行われるチェンマイのローイクラトンは、規模が大きく有名です。


夜空に舞う灯りが幻想的なイーペン祭り

タイでは、毎年陰暦の12月にローイクラトンと呼ばれるお祭りが開かれます。タイ全土で行われますが、チェンマイのサンサーイ地区ではイーペン祭りと呼び、コムローイという熱気球を夜空に浮かべます。このコムローイは、天の仏陀への感謝や厄払いの意味を込めて飛ばされます。この灯りが視界から消えると、苦難も一緒に消えると言われています。数千個のコムローイが夜空に舞う光景は、幻想的で素晴らしく、毎年多くの観光客がチェンマイを訪れる人気の行事です。


チェンマイで郷土料理カオソーイを味わおう

タイ料理の中で圧倒的な人気を誇るカオソーイは、タイ北部の郷土料理です。タイ語で「カオ」はお米、「ソーイ」は伸ばすという意味なので、直訳すると米の麺となります。ココナッツミルクの風味がある辛めのスープに、弾力ある麺が絡み、薬味が効いていて日本のラーメンのような食べ物です。日常的に食べられているため、チェンマイ市内の食堂などで提供されていて、どこのお店でも安く、本場の味を堪能できます。タイを訪れたらぜひカオソーイを食べてみてください。


タイの伝統行事ローイクラトンとイーペン祭り

タイのお祭り、ローイクラトンをご紹介しました。タイを旅行するなら、ローイクラトンに参加できる11月をおすすめします。この時期になるとスーパーなどいたるところで灯篭などのグッズが売られています。灯篭流しはタイ全土で行われ、川や池だけでなく、水がある海やプールなどでも行います。そして、同じく開催されるチェンマイのイーペン祭りで、コムローイが夜空に舞う光景は一生に一度は見てみたいですね。そしてカオソーイも味わってチェンマイを堪能してください。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. 1024x683 日本三大そばのひとつ 出雲そば
    FOODTIPS
  2. shutterstock_438532240 日本の風土に調和した工芸品を多く持つ香川県
    CULTURESHOPPING
  3. shutterstock_149603114 野生動物と触れ合える貴重な世界のスポット
    SPOTTIPS
  4. shutterstock_227709310 世界で活躍する著名人たちを輩出!名門オックスフォード大学
    CULTURESPOT
  5. shutterstock_210669598 日本の誇る俳諧師、松尾芭蕉をご紹介!
    CULTURESPOT
  6. shutterstock_164933483 気軽に旅ができる台湾南部の観光スポット
    SPOTTIPS
  7. shutterstock_275902178 中世の香り漂うアウグスブルク観光を楽しもう
    CULTURETOWN
  8. shutterstock_409943347 バイエルン王国の遺産が数多く遺る街 ミュンヘン
    CULTURESPOT
ココマチギフト

新着記事