ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > TIPS, TOWN > まさに楽園!モルディブを観光する

TIPSTOWN

まさに楽園!モルディブを観光する

TIPSTOWN 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_324053882

「パラダイス」という響きがそっくりそのまま当てはまるリゾート大国、モルディブ共和国。日本でも大人気の観光地となっています。どこまでも続く透き通った海と、抜けるような青い空を独り占めしているような気分になれる水上コテージで、日々の忙しさを忘れてのんびりくつろぐのももちろん良いですが、ぜひ街や海にアクティブに繰り出してモルディブを楽しみませんか?ここでは楽園モルディブの観光スポットについてご紹介していきます。


モルディブ行くならぜひ潜ろう!スキューバダイビング

モルディブは年間を通して温暖な海に恵まれ、その透明度も世界有数です。ダイビングスポットの規模と美しさは世界的にも有名で、モルディブに行くならスキューバダイビング、といわれるほど代表的な屋外アクティビティとなっています。初心者向けからスリリングなスポットまでバラエティ豊かにそろっているので、経験年数に応じたダイビングプランに気軽に参加することが可能です。せっかくモルディブに行くなら、ぜひ1度は潜っておきたいですね。


モルディブの歴史を学べる、ナショナル・ミュージアム

マレにあるナショナル・ミュージアムは、モルディブの歴史が学べる博物館です。展示物に華々しい派手さはあまりありませんが、そのほとんどを手に取って観賞できるというメリットがあります。仏教国からイスラム教国に変わっていったモルディブの歴史などに興味があれば、非常に有意義な観光スポットとなるでしょう。2階建てでそんなに展示物の数も多くないため、涼むためにぶらりと立ち寄って休憩する場所としてもおすすめです。


アクセスの良い北マーレ環礁でレストラン巡り

北マーレ環礁は、モルディブの他の環礁に比べてアクセスが良く、現地に到着したらすぐにリゾートを楽しみたい人にはぴったりのスポットです。この地域にはもちろんレストランも数多く建ち並び、楽しめる料理はバラエティ豊か。現地料理はもちろん、本格的なインド料理のような変わり種のメニューがある店、深夜まで営業している店などさまざまです。中には日本人のシェフが腕をふるい、きちんとした日本料理を食べられるレストランまであります。


島を出て、モルディブを遊び尽くそう!

モルディブ共和国は、1000以上の小さな島が集まっている国。基本的には「1島1リゾート」といって、ひとつの島にひとつのホテルしかありません。そのためモルディブでリゾート満喫の旅行をする場合は、到着した島から外には出ないということも起こり得ます。でもせっかく行くのだから、外に出て今回ご紹介したような観光スポットもまわってみてはいかがでしょう?より素敵なモルディブ旅行の思い出が増えるのではないでしょうか。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_183056606 中世の街並みを今なお残す美しい街 プラハ
    SPOTTOWN
  2. 根強い人気!北欧雑貨のブランドについてもっと知りたい 根強い人気!北欧雑貨のブランドについてもっと知りたい
    SHOPPINGTIPS
  3. shutterstock_526632244 インドで本場のヨガを体験してみよう
    CULTURETIPS
  4. 漫画「キングダム」でおなじみ 秦の始皇帝ゆかりのスポット 漫画「キングダム」でおなじみ 秦の始皇帝ゆかりのスポット
    SPOTTIPS
  5. shutterstock_403209976 オリジナルな京都旅行を楽しもう
    CULTURETIPS
  6. shutterstock_524399494 気軽に行けていつでも楽しめるスケートリンクを大特集!
    SPOTTIPS
  7. shutterstock_145598842 砂漠の国モーリタニアの魅力を知ろう
    TIPSTOWN
  8. shutterstock_52260106 トリニダード島とトバゴ島からなる共和国、トリニダード・トバゴの魅…
    SPOTTOWN
ココマチギフト

新着記事