ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, TIPS > 始まりは遊びの一種だったマンチェスターのサッカー

CULTURETIPS

始まりは遊びの一種だったマンチェスターのサッカー

CULTURETIPS 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_400534681

イングランドの北西部に位置し、「サッカーの街」として世界的に有名な都市であるマンチェスター。18世紀に綿工業が発達し始め、その当時に物資を運送していた鉄道員たちが「ボール蹴り」を休憩中にしていたのだそう。その鉄道員たちが中心となって設立したクラブチームが、今では世界的に有名となったマンチェスター・ユナイテッドの始まりです。今回は、マンチェスターでサッカーにゆかりのあるスタジアム、街のサッカークラブ2チームについてご紹介いたしましょう。


世界中の人々から愛されているマンチェスター・ユナイテッド

イングランドをホームタウンとし、1878年創立のプロサッカークラブチームである「・ユナイテッド」。クラブカラーは赤で、愛称は「赤い悪魔」。世界でもトップレベルの技術力を持つといわれるビッグクラブチームで、主要大会での優勝経験も数知れず。世界で一番ファンの数が多いチームともいわれています。日本代表である香川真司選手も小さい頃からこのチームに憧れており、2012年から約2年間在籍し、夢を叶えました。


地元民から愛されている、マンチェスター・シティ

マンチェスター・ユナイテッドとは別に、マンチェスターをホームタウンとするサッカークラブチームがあります。名前は「マンチェスター・シティ」といい、ホームカラーはライトブルー。マンチェスター・ユナイテッドが世界中にファンを持つ一方、市民たちと近い存在だとされているのはマンチェスター・シティなのだそう。ユナイテッド対シティの「マンチェスター・ダービー」は、地元民だけでなく世界中のサッカーファンも注目するひと試合だそうです。


サッカーファンなら1度は訪れてみたい、国立サッカー博物館

マンチェスターのヴィクトリア駅から徒歩4分ほどの場所にある「国立サッカー博物館」。スタジアム内の見学やFIFAのコレクション展示、お土産品が売っているショップなど、サッカーファンにはたまらない施設といえるでしょう。一部施設への入場は有料ですが、基本的には入場無料。子どもが遊べる体験型コーナーもありますので、サッカーに詳しい知識がないご家族連れの方でも、気軽に足を運べるスポットとなっています。


マンチェスターに行くなら、まずはサッカー関連の観光を

マンチェスターにある2つのサッカークラブチームと、観光スポットとしてもぴったりな国立フットボールスタジアムをご紹介しました。今やマンチェスターといえば、すぐにサッカーが連想されるほど世界的に有名になった街ですね。もちろんサッカーゆかりの地というだけではなく、古き良きヨーロッパの街並みやグルメ、観光スポットなどさまざまなジャンルでも楽しめます。イギリス旅行の際にはぜひ、マンチェスターにも行ってみてくださいね。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. 南仏ニースの見どころのひとつ 教会をめぐってみよう 南仏ニースの見どころのひとつ 教会をめぐってみよう
    CULTURESPOT
  2. shutterstock_1732862 スコットランド最大規模の祭典、ミリタリー・タトゥー
    CULTURETIPS
  3. 307_1_winter2_img1 冬のヨーロッパ旅行がおすすめな理由
    SPOTTIPS
  4. shutterstock_244178155 人跡未踏の大秘境!ギアナ高地の魅力に迫る
    SPOTTIPS
  5. 293_1_newyearcuisine_img1 おめでたいお年始には何を食べる?世界のお正月料理
    CULTUREFOOD
  6. shutterstock_425040877 クメール王朝の息吹を感じるカンボジアを観光しよう
    SPOTTIPS
  7. shutterstock_359334686 世界の航空会社の、さまざまなサービスについて
    TIPSTREND
  8. shutterstock_223290397 ウィーンを代表する豪華絢爛な宮殿を巡ろう
    CULTURETIPS
ココマチギフト

新着記事