ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > SPOT, TOWN > フランス最大の港湾都市 マルセイユの絶景観光スポット

SPOTTOWN

フランス最大の港湾都市 マルセイユの絶景観光スポット

SPOTTOWN 投稿者: 吉川由美
フランス最大の港湾都市 マルセイユの絶景観光スポット

地中海に面する港湾都市、マルセイユ。プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏の首府で、天然の良港があることから海上貿易の中心地として発展し、現在も南フランスにおける貿易・商業・工業の一大中心地となっています。
紀元前600年に古代ギリシアのポカイア人が築いた植民都市「マッサリア」に起源を発し、ローマ帝国の支配や異民族の侵入など港をめぐる激しい覇権争いの舞台となり、1720年のペストの流行、フランス革命とナポレオン戦争などで一時後退した時期もありましたが、19世紀半ば以降、スエズ運河や鉄道の開通などによって港湾施設が充実し、かつての繁栄を取り戻しました。
第二次世界大戦でドイツ軍に占領されて大きな損害を受けましたが、大戦後は高層ビルの多い近代都市に再建され、現在はフランス第2の大都市となっています。


ヨットが並ぶ旧港とイフ島

マルセイユ観光のスタートは、小型船やヨットなどがたくさん停泊する旧港から。
青い空と海を背景に帆が連なる風景は、港町マルセイユのイメージそのもので、周辺にはカフェやレストランが並び、名物のブイヤベースを味わうことができます。
港ならではの活気を満喫するなら、旧港中央のベルジュ河岸にたつ魚市場へ。その日捕れた新鮮な魚介類が並び、売り買いする様子が見られます。
そのそばのベルジュ埠頭からは、アレクサンドル・デュマの小説『モンテ・クリスト伯(厳窟王)』の主人公ダンテスが囚われていたというイフ島へ行く遊覧船も出ています。
1524~1531年にかけて、フランソワ1世の命令により要塞として建設され、海に囲まれ脱獄が困難なことから政治犯などの監獄として使われていました。
役目を終えた現在も堅固な姿で静かに佇んでいます。
波が高い冬場は上陸できない日もありますが、隣のフリウル島からその威容とマルセイユの街並みが遠望できます。


黄金のマリア像が街を見守る 「ノートルダム・ド・ラ・ガルド・バジリカ聖堂」

マルセイユのシンボルとして海抜154メートルの丘に建つ「ノートルダム・ド・ラ・ガルド・バジリカ聖堂」は、鐘楼の上に黄金のマリア像をいただく聖堂です。
市内からも海上からも見ることができ、航海に出る船乗りたちを見守り、海難事故から守ってくれる守護聖母として、マルセイユ市民に親しまれています。
今見られるローマ・ビザンチン様式の教会は1864年に完成したもので、地上の聖堂は華やかにして荘厳な雰囲気に包まれています。
祭壇の銀色のマリア像の上を彩るモザイク画には船が描かれ、壁には海難事故の生存者が自分の名を記したプレートと船の絵がたくさん飾られており、古くから守護聖母として信仰されてきたことがわかります。
テラスからは360度の大パノラマが楽しめ、すばらしい眺望が望めます。


地殻変動によって生まれた景勝地 「カランク国立公園」

マルセイユから同じく地中海に面する港町カシを結ぶ20kmの海岸線は、カランクと呼ばれる入り江が連なる絶景地です。
これらは氷河期の地殻変動により、海底からもり上がった岩肌が海により侵食されできた入り江で、海の青さと切り立った白い石灰岩、岩に生える松の緑が美しいコントラストとなり、見事な風景を作り上げています。
海底には人間の手の型抜きや馬やシカ、ヤギ、ペンギンなど27,000年もの前に描かれた壁画がある洞窟があり、その神秘性も話題になっています。
カランクの楽しみ方は、カシの港からポール・ミウ、ポール・パン、アンヴォーというポイントをハイキングで巡ったり、クルーズ船に乗って海上から眺めたりといろいろ。
マティスなど多くの画家や詩人に愛されたカシの街では、名産の白ワイン「カシ」を飲みながら、捕れたてのウニや牡蠣、ムール貝など新鮮な海産物が味わえます。  


マルセイユ石鹸とナヴェットをお土産に

お土産として人気のあるマルセイユ石鹸は、100%植物由来の天然素材だけで作られたここプロヴァンス地方の名産品です。
17世紀にルイ14世が定めた製造基準をベースに、純粋な植物油脂成分を72%以上含み、伝統製法で作られたものだけが本物と見なされ、表面に「72%」の刻印が押されています。
美肌効果があるオレイン酸を多く含むオリーブオイルでできているので、赤ちゃんやアトピー症、肌の弱い人も安心して使うことができます。
1781年創業の「プール・デ・ナヴェット」のオリジナル菓子ナヴェットもマルセイユならでは。
聖マリアを運んだ小舟の形をしたオレンジの香りがするクッキーで、1年以上保存できるのでお土産に最適です。
港町マルセイユは、絶景と食と買い物も満足できる魅力ある街です。


この記事の著者
こんにちは!台北在住の専業主婦の吉川です♪ 在住者だからこそ知っている台湾の生情報やお薦めのレストラン、旅行会社に勤務しながら、趣味と実益を兼ねて旅した世界50カ国の都市の見どころや観光ポイントをた~くさんご紹介させていただきます♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_517502524 400年以上の歴史を誇る古典庭園 上海「豫園」
    CULTURESPOT
  2. 260_1_image ドイツ各地で行われるクリスマスマーケット
    CULTURETOWN
  3. shutterstock_257233549 多彩な魅力あふれるスリランカの観光スポット
    SPOTTIPS
  4. shutterstock_257639746 国内に13軒しかないスターバックス・コンセプトストア
    FOODSPOT
  5. shutterstock_372744268 歴史的建造物を訪れて歴史を追体験する旅へ
    CULTURESPOT
  6. shutterstock_147744197 山寺の国指定重要文化財「立正寺中道(根本中堂)」
    CULTURESPOT
  7. shutterstock_127599530 暑い夏をおいしく涼しくする!おすすめ京都の夏のスイーツ
    FOODSPOT
  8. shutterstock_356684882 異国情緒あふれる長崎のおすすめ観光スポット
    SPOTTOWN
ココマチギフト

新着記事