ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, TIPS > モナコの象徴ともいえるカジノ カジノ・ド・モンテカルロ

CULTURETIPS

モナコの象徴ともいえるカジノ カジノ・ド・モンテカルロ

CULTURETIPS 投稿者: ココマチ編集部
モナコの象徴ともいえるカジノ カジノ・ド・モンテカルロ

地中海に面したモナコ公国は、穏やかな気候と治安のよさに定評のあるリゾート地。世界中からセレブが集まる国としても有名です。そんなモナコを代表するレジャーのひとつがカジノ。なかでも1978年に開館したカジノ・ド・モンテカルロは、モナコの象徴ともいえるカジノなのです。宮殿をモチーフにしたという豪華な外装と優雅な内装のこのカジノは、パリのオペラ座を設計したシャルル・ガルニエの作品。観光スポットとしても有名で、日中は、観光客が約150年の歴史をもつ豪華な建物を一目見ようと押し寄せます。夜ともなればカジノ・ド・モンテカルロの周辺は、カジノに出入りするセレブたちの高級車が並び、格式の高い雰囲気が。外観はライトアップされ、よりその美しさが際立ちます。


カジノ・ド・モンテカルロに入場するには?

カジノ・ド・モンテカルロは、午前9時から12時半まで内部見学をすることが可能です。入場料は10ユーロ。入場すると中世ヨーロッパの宮殿を思わせる豪華なインテリアや調度品が並び、その傍らにはスロットマシーンが。まるで映画のワンシーンのようなラグジュアリーな雰囲気を感じることができます。残念ながら写真撮影は禁止とのことなのでその美しい光景は目に焼き付けておきましょう。見学時間が過ぎ、午後2時を過ぎるといよいよカジノの営業がスタート。カジノテーブルなどが次々と配置され、カジノらしい雰囲気がぐっと高まります。こちらも見学同様に入場料は10ユーロですが、年齢が18歳以上であることを示すパスポートなどのIDカードの提示が必要となります。


意外とラフでも大丈夫!カジノ・ド・モンテカルロのドレスコード

観光地でもあるモナコのカジノは、ドレスコードが緩いところが多く、ジーンズや短パンでもOKなところが多いようです。とはいえ、モナコで一番高級なカジノといわれているカジノ・ド・モンテカルロ。適切な服装はどのようなものなのでしょうか?カジノからの提示情報によると「適切な服装でご入場下さい。短パンやサンダルでの入場はお断りしています。」との案内があります。実際に訪れた方の口コミを見ても短パンやサンダルなどの入場はNGとなっているよう。しかしそれ以外には他のカジノ同様に、カジュアルスタイルでも入場可能のようです。とはいえせっかくの高級カジノですから、スーツやワンピースでドレスアップしてカジノの雰囲気を楽しむのもいいですね。


初心者から上級者まで楽しめるカジノ・ド・モンテカルロのゲーム

カジノ・ド・モンテカルロはいくつかのゲームルームに分かれており、部屋ごとに様々なゲームが用意されています。アトリウムやラウンジバーでもあるサル・ブランシュではドリンクを片手にスロットマシーンが楽しめ、これだけでもカジノ・ド・モンテカルロの雰囲気を満喫できます。またサロン・ヨーロッパ、サロン・プリヴェ、サル・デ・ザメリックと名付けられたゲームルームでは、ルーレットやカードゲームで本格的なギャンブルを楽しむことができます。さらにカジノ・ド・モンテカルロにはフレンチレストランであるレ・プリヴェが併設。モナコの街並みと海を臨むレストランでは、予約をすればルーレットが回る間に、ゆったりと食事を楽しむことができます。


カジノ・ド・モンテカルロでラグジュアリーなカジノ体験を

世界中からセレブが集まるモナコ公国。そのモナコで一番高級といわれるカジノ、カジノ・ド・モンテカルロについてまとめてみました。ヴェルサイユ宮殿を思わせるような芸術的な建物とラグジュアリーかつ上品なインテリアは、観光スポットとしても一見の価値あり。さらにギャンブラーの憧れともいわれるこのカジノ。ゴージャスな空間でのスロットや一流ディーラーとの真剣勝負は、モナコ旅行のよい思い出になるはずです。夜にはドレスアップしてレ・プリヴェでのディナーも素敵。クラシカルな内装のレストランの窓から美しいモナコの夜景を堪能できますよ。みなさんもモナコに旅行の際は、カジノ・ド・モンテカルロでカジノに興じてみてはいかがでしょうか?


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. piedmontfood_img1 日本でなじみのあの料理も イタリア・ピエモンテ州の料理
    CULTUREFOOD
  2. 世界三大料理に数えられる、トルコ料理 世界三大料理に数えられる、トルコ料理
    CULTUREFOOD
  3. shutterstock_368208002 シベリア鉄道を使って行けるシベリアの観光スポット
    SPOTTIPS
  4. shutterstock_445996777 旅行とあわせて行きたい日本の秋祭り4選
    CULTURETREND
  5. どこまでも続く赤岩の水平線に吸い込まれる、グランドキャニオン どこまでも続く赤岩の水平線に吸い込まれる、グランドキャニオン
    SPOTTIPS
  6. shutterstock_351015890 海外旅行に持って行きたい便利アイテム
    TIPSTREND
  7. 82-1[1] 日本三大パワースポットのひとつ、能登半島珠洲岬
    SPOTTIPS
  8. shutterstock_406502590 ビートルズを生んだ街リヴァプールのおすすめスポット
    CULTURETIPS
ココマチギフト

新着記事