ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, SPOT > ロシア最大の連邦市モスクワの定番観光スポット

CULTURESPOT

ロシア最大の連邦市モスクワの定番観光スポット

CULTURESPOT 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_300119723

ロシアという国は欧州からアジアにかけて存在する、広い領地を持つ国です。遙か彼方にまで続く大地には壮大な自然や、長きにわたる民族間の歴史が点在しています。首都であるモスクワにも観光客の興味を引く魅力ある観光名所が多数あります。バレエやオペラといった文化を担うボリショイ劇場や、まるで美術館のように麗しいモスクワの地下鉄、世界遺産となったクレムリンと赤の広場などです。今回は人気の高い観光地である世界遺産の周辺をご紹介したいと思います。


大国ロシアの偉大なる宮殿 クレムリン

クレムリンとはロシア語で「城塞」を意味しており、実はロシア各地に存在します。そのクレムリンの中で最も有名であり世界遺産にも登録されているのがモスクワのクレムリンです。基礎となる城塞は12世紀より建造され始め、15世紀後半にほぼ現在の姿になりました。中世から帝政ロシアを思わせるような豪華絢爛な建築物が立ち並び、大クレムリン宮殿、ウスペンスキー大聖堂、「クレムリンの赤い星」を頂く5つの塔など多くの見どころがあり、観光客の目を集めています。


おとぎの世界から抜け出したかのような「美しい広場」

モスクワの都心部にある「赤の広場」は多くの観光客が訪れるロシアの観光名所ですが、広場そのものの色は赤くはありません。周囲に立ち並ぶ、豪華で華麗な建築物の中に赤いレンガでできた美しい建物がありますけれども、それも「赤」の由来ではないのです。ロシア語で赤の広場は「クラースナヤ・プローシシャチ」といいますが、クラースナヤはロシア語では赤の意味を、古代スラヴ語では美しいを意味します。本来であれば「美しい広場」と呼ばれる場であったようです。


赤の広場に佇むファンタジックなカテドラル 聖ワシリイ大聖堂

カラフルな色彩とメルヘンチックな造形が美しい聖ワシリイ大聖堂は、正式には「堀の生神女庇護大聖堂」という名を持っているロシア正教会の聖堂です。苛烈な気質から「雷帝」と称されたイヴァン4世が、1437年から1552年にかけてカザン・ハン国との間に起きた一連の戦争に終止符を打ったことを記念して建立されました。聖堂の内部には多くの壁画があり美しい装飾がほどこされています。世界でも屈指の美しい建築物としても名高い寺院です。


歴史上の宮殿から現指導者の執務室まで

ロシアの中でも有数の観光地である、モスクワのクレムリンと赤の広場、聖ワシリイ大聖堂をご紹介しました。他にもクレムリンの武器庫にはロマノフ朝の皇帝であるアレクサンドル3世・ニコライ2世のために造られたインペリアル・イースター・エッグが所蔵されています。また現政府の大統領府や官邸がクレムリン内にあるなど、ロシアの文化や現在にも触れられる素晴らしい観光名所です。ロシアを旅先に選ぶならばモスクワは、ぜひとも訪れたい観光地のひとつです。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. 画家セザンヌの故郷 泉の街エクス・アン・プロヴァンス 画家セザンヌの故郷 泉の街エクス・アン・プロヴァンス
    SPOTTOWN
  2. 299_1_image 改めて知っておきたい、お正月の意味とは
    CULTURE
  3. dubai_img1 アクセスは抜群!世界と結ばれた観光都市 ドバイ
    SPOTTOWN
  4. shutterstock_275902178 中世の香り漂うアウグスブルク観光を楽しもう
    CULTURETOWN
  5. torinochocolate_img1 チョコレート発祥の地 イタリア・トリノでチョコを食べつくそう
    CULTUREFOOD
  6. アンデス山脈に広がるボリビアの観光スポット アンデス山脈に広がるボリビアの観光スポット
    SPOTTOWN
  7. shutterstock_372744268 歴史的建造物を訪れて歴史を追体験する旅へ
    CULTURESPOT
  8. shutterstock_185089853 ポーランド最大の都市ワルシャワの見どころご紹介
    SPOTTOWN
ココマチギフト

新着記事