ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > FOOD, SPOT > アツアツプリプリのもつ鍋を、本場博多で食べよう

FOODSPOT

アツアツプリプリのもつ鍋を、本場博多で食べよう

FOODSPOT 投稿者: ココマチ編集部
285_1_hakatamotunabe_img1

アツアツプリプリのもつ鍋を、本場博多で食べよう
福岡県の博多といえば、もつ鍋が美味しく食べられる街としてよく知られています。「もつ」は豚や牛の腸などの内臓肉のことで、もつ鍋とはこれらを主な材料としてたっぷりの野菜とともに煮込む、元々は福岡市を中心とした郷土料理です。第二次大戦後に徐々に広まり、1960年代には鉄鍋を用いるすきやき風の食べ方が一般的となりました。近年では取っ手のついた浅いステンレス鍋に、昆布と鰹節などでとったダシを入れてみそ味や醤油味で整え、そこにキャベツやニラなどの野菜とともにもつを入れて煮込み、鍋料理として食べるスタイルとなって、全国的にも広く知られて流行しました。寒い季節に家族や仲間と食卓を囲んでワイワイ楽しむにはもってこいの鍋料理です。
ここでは博多もつ鍋の名店として名高い、やま中、おおいし、幸の3店についてご紹介します。


みそもつ鍋の美味い名店 やま中

福岡に数あるもつ鍋店の中でも名店と名高いのが、やま中です。博多区のお隣南区に本店が、中央区に赤坂店という支店があり、どちらも伝統の味の本格もつ鍋を味わうことができます。特に人気があるのはみそもつ鍋で、濃厚なみそベースのスープに、新鮮でジューシーなもつのプリプリ感がたまらない一品です。料理はリーズナブルであるにもかかわらず、一流の料亭のような店構えで、その雰囲気も食事もゆっくりと楽しめます。締めにはちゃんぽん麺が用意されていて、スープの最後の一口まで美味しく堪能することができます。 どちらの店もそれぞれの良さがありますが、赤坂店は高校生未満の入店ができないため、家族連れであれば本店を選ぶと良いでしょう。また、人気店のためかなりの待ち時間になることが予想されるので、訪れる際は予約を忘れないようにしましょう。


3種類の食べ方で牛もつを楽しめる おおいし

博多に本店と、近年オープンした2号店をかまえるもつ料理の老舗おおいしでは、特に牛もつ鍋がおすすめです。もつは熊本産の赤牛と褐色牛のみを使用し、野菜は全て九州産で、厳選された食材を売りにしています。4種類のみそをブレンドして作られるみそ味のスープ、あっさりとした醤油ベースのスープ、ポン酢で食べるしゃぶしゃぶ風と、3種類の味が用意されていて、どれも美味しいため多くのリピーターを呼んでいます。たくさんの野菜と、締めの極太の麺で最後の一口まで満足間違いなしです。 店の空間作りにもこだわりが見られ、落ち着いた店がまえに美しい生け花など、入りやすくゆったりと食事を楽しめる雰囲気を醸し出しています。最大80名が入れるお座敷があり、宴会も良し、ひとりでゆっくり訪れるのも良し、仲間と鍋を囲むも良し、さまざまな方法で歴史ある味を楽しむことができます。


酒の取り揃えも一流 幸

あっさり醤油味のモツ鍋が食べたいのであれば、モツ料理 幸がおすすめです。中央区大名にあり、立地の良さから芸能人にも人気のあるお店です。1度湯通ししてアクを取り除いたモツと醤油ベースのスープは、あまりモツ鍋が得意でない人にも食べやすく、また食べ慣れた人にも飽きのこないさっぱりとした味わいで、モツも野菜もつい追加注文をしてしまうほどの美味しさです。締めのちゃんぽん麺は凝縮されたスープが十分に染み込んでからが食べごろです。鍋だけではなく新鮮な食材を活かした一品料理も多彩で、サガリ刺しなど肉の刺身から珍しい料理までそろっています。かなりの焼酎通である大将が力を入れているお酒のラインナップにも注目したいところで、特に芋焼酎については100種類以上の取り揃えがあります。メニューに書かれていないものも多いため、訪れるたびにチェックしてみると良いでしょう。


栄養満点で医者いらず!博多で本場のもつ鍋を食べよう

プリプリとした食感がやみつきになるもつ鍋の良さは、その味わいだけではありません。もつ自体は高タンパク、低カロリーな食材で、必須アミノ酸や女性には特に嬉しいコラーゲンが豊富に含まれています。またもつと一緒にキャベツやニラなどたくさんの野菜を煮込むため、ビタミン類やカロチンなども手軽にたっぷりと摂ることができ、ニンニクや唐辛子でスタミナ不足を補うことも期待できます。地元福岡では「もつ鍋は医者いらず」と言われるほど栄養価の高い料理として知られています。入れる野菜のバリエーションやダシの味を変化させれば、飽きることなく毎日でも楽しむことができる、大変優秀な料理です。 博多もつ鍋の名店は、これまで紹介したもの以外にもまだまだ数多くあります。博多に行った際には、ぜひ本場のもつ鍋を楽しんでみてはいかがでしょうか。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. 268_1_illuminations_img1 冬は外へ出かけよう!お薦めのイルミネーションスポット
    SPOTTREND
  2. shutterstock_305510270 楽園リゾートのパラオへ
    SPOTTIPS
  3. エジプトの観光地 長い歴史と深い文化を持つ国、エジプトを観光する
    SPOTTOWN
  4. shutterstock_421455643 東京駅で食べられる!全国の人気駅弁
    FOODTIPS
  5. shutterstock_314406635 金運? 良縁? 日本が誇る「招き猫」で、自分好みに運気をあげよう…
    CULTURESPOT
  6. 240_1_tohokuonsen_img1 個性豊かな趣が満載 東北地方の温泉
    SPOTTOWN
  7. shutterstock_431721697 数100円で買えるしあわせ。あえて食べに行きたい、東京都内の絶品…
    SPOTTIPS
  8. shutterstock_360718787 温泉だけではない、大分の特産品
    CULTUREFOOD
ココマチギフト

新着記事