ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, SPOT > 大好きな映画の世界に浸ってみたい!海外のロケ地巡り

CULTURESPOT

大好きな映画の世界に浸ってみたい!海外のロケ地巡り

CULTURESPOT 投稿者: ココマチ編集部
263_1_movie_img1

恋愛映画やSF映画、アクション映画、子供の頃に見たアニメーション映画……人生で強い影響を受けた映画は、誰でも一つは持っているのではないでしょうか。それらの映画は、私たちの心にずっと住み続けていて、苦しい状況に陥った時、心が折れそうな時、いつも無意識のうちにそっと手を差し伸べてくれるのかもしれません。そんな映画作品の重要な要素の一つがロケ地です。ついストーリーを優先的に考えてしまいがちですが、映画は映像あってのもの。大好きなあの映画もこの映画も、風景とストーリーがセットで私たちの心に組み込まれているのではないでしょうか。
今回は、そんな映画作品が生まれたきっかけとなった場所、あるいは作品の中で重要な部分を担っている場所を三つ選んでご紹介します。旅行の際は、ぜひ海外のロケ地巡りも考慮に入れて計画を立ててみてください。


『女と銃と荒野の麺屋』の舞台、七彩山

2009年公開の中国映画『女と銃と荒野の麺屋』は、万里の長城最西部の荒野を舞台に繰り広げられる時代劇です。作中で麺屋の従業員たちが空中で生地を回しながら麺を作る様子は、カンフーアクション映画のような迫力。それに匹敵して印象的なのが、映画の背景に広がる赤い大地です。実はこの大地は、甘粛省の張掖丹霞国家地質公園に広がる七色の大地の一部なのです。 中国の内陸部に位置する張掖丹霞国家地質公園は、2002年に発見され、2008年に初めて一般公開された秘境です。白亜紀の赤色砂岩や礫岩によって形成された地層が長い時間をかけて赤やオレンジ、緑や黄色といった鮮やかなストライプ模様を形成し、その美しさから地上の楽園と評され、七彩山と呼ばれています。七彩山へのアクセスは、中国から飛行機を乗り換えて張掖空港へ行き、そこから更に車で3時間ほどかけて行くことになります。


『サヨナライツカ』の舞台・バンコクを代表する寺院ワット・ポー

辻仁成の恋愛小説の映像化で話題をさらった映画『サヨナライツカ』。2010年に公開されたこの映画の中でも特に印象的なのは、舞台となったバンコクの観光映画さながらの豊富なロケーションではないでしょうか。中でも、バンコク三大寺院として有名な「ワット・ポー」は、それを背景に佇む主人公・沓子の妖艶な美しさとともに印象に残ります。 仏教国タイを観光する上で、寺院巡りは欠かせません。バンコク最大の敷地面積と最古の歴史を有する寺院「ワット・ポー」の見所は、迫力満点の寝釈迦仏でしょう。全長49m、高さ12mの巨大な寝釈迦仏の足の裏には、バラモン教の宇宙観が108の絵で表現されています。寺院内には、タイ古式マッサージを受けられる場所もあります。お参りをするうえで注意しておきたいのが服装です。キャミソールなど露出の多い服装はなるべく避けた方が良いでしょう。


『紅の豚』の世界そのもの ドブロブニク

スタジオジブリ製作の『紅の豚』は1997年に公開されたアニメーション映画です。イタリア・アドリア海を舞台に空賊達のロマンを描き出した傑作で、今なお根強い人気を保っています。この作品の舞台となったのは、クロアチア南部の都市ドブロブニク。スカイブルーのアドリア海に浮かぶ街です。家々の屋根はオレンジ色で統一され、海の青さとのコントラストが印象的。その美しい姿から「アドリア海の真珠」と呼ばれています。 ドブロブニクはクロアチアの中でも特に人気の高い観光地で、世界で最も美しい滝があると言われるプリトヴィッチェ湖郡国立公園があります。公園内には大小16の湖と92の滝があり、世界遺産にも登録されています。またドブロブニクは、同じくスタジオジブリ製作の『魔女の宅急便』の舞台でもあり、白い壁とオレンジ色の屋根の家々が建ち並ぶ街並みは、作中の場面を彷彿とさせます。


旅行がもっと楽しくなる!映画の海外ロケ地巡り

中国映画『女と銃と荒野の麺屋』の美しく印象的な色使いの重要な鍵となった七彩山。『サヨナライツカ』の耽美的な世界観に見事マッチしていたバンコクのワット・ポー。『紅の豚』や『魔女の宅急便』の世界そのものといった光景のドブロブニク。映画の海外ロケ地を3つご紹介してきました。このほかにも、映画のモデルとなった街や自然風景が世界にはまだまだ存在しています。魅力的な街並みや風景は、映画を製作する人々にとって豊かなインスピレーションを与えてくれるものなのでしょうか。 私たちも、映画を楽しむのはもちろんのこと、その作品が作られたきっかけになった場所を訪れ、その土地の空気に触れることで、作品の世界をより深く味わうことができたら素敵なことですね。もしも、海外旅行の行き先をどこにするか決めあぐねているとしたら、好きな映画を思い浮かべてみるのも方法の一つかもしれません。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_305761847 秋田県は多彩な民俗文化が育まれた街
    CULTURETOWN
  2. 疲れた身体もスッキリ!台北の街角マッサージで極楽気分! 疲れた身体もスッキリ!台北の街角マッサージで極楽気分!
    SPOTTIPS
  3. shutterstock_305336771 まるでハリー・ポッターの世界・ケンブリッジのカレッジ巡り
    CULTURETOWN
  4. shutterstock_296695889 2016年に世界遺産登録を果たした国立西洋美術館
    CULTURETIPS
  5. shutterstock_302562731 自然のあらゆる恵みを堪能できる岡山県新見市
    SPOTTOWN
  6. 上海外灘 上海観光のハイライト!異国情緒漂う外灘の歴史的建築物めぐり
    CULTURESPOT
  7. naratemple_img1-01 時の栄華に思いを馳せて 古都奈良の寺々と仏像
    CULTURESPOT
  8. shutterstock_349878638 島全体がレジャースポット、シンガポールのセントーサ島
    SPOTTIPS
ココマチギフト

新着記事