ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, SPOT > バイエルン王国の遺産が数多く遺る街 ミュンヘン

CULTURESPOT

バイエルン王国の遺産が数多く遺る街 ミュンヘン

CULTURESPOT 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_409943347

神聖ローマ帝国の崩壊後、19~20世紀に渡りドイツ南部の地域を統治したバイエルン王国。現在バイエルン州の州都であるミュンヘンはかつてバイエルン王国の首都として機能した街で、いたるところにバイエルン王国、そして代々バイエルン王国の君主を務めたヴィッテルスバッハ家の威光を示す遺産が点在しています。今回はその中でも王家の宮殿「レジデンツ」、歴史的にも重要な意味を持つ「オデオン広場」、王家の離宮「ニンフェンベルク城」をご紹介します。


ヴィッテルスバッハ家が築いた宮殿 レジデンツ

ミュンヘン旧市街の中心に位置するレジデンツは、数百年の間バイエルンを統治したヴィッテルスバッハ家の歴代君主が住んでいた宮殿です。現在は博物館として一般公開されており、シンプルですっきりとした外観の建物の中へ一歩足を踏み入れるとまばゆいばかりの豪華絢爛な世界が広がっています。中でも、奥行き69mにも及ぶ大ホール「アンティクアリウム」は丸天井に描かれたフレスコ画や壮麗な装飾が見事で、レジデンツ最大の見どころとなっています。


ミュンヘンの歴史を感じるならオデオン広場がおすすめ

マリエン広場から徒歩で7~8分の距離にあり、旧市街北部に広がるオデオン広場。バイエルン王家の宮殿レジデンツをはじめ、黄色の外壁が目を引く美しい教会「テアティーナ教会」、フェルトヘルンハレ(将軍廊)など、観光スポットとしても人気の高い、価値ある建築物が集中しています。また、オデオン広場はヒトラー率いるナチス党員が右翼派の要人を襲撃したミュンヘン一揆の舞台となった場所。この街、そしてドイツの歴史においても重要な意味を持つ広場なのです。


バイエルン王家の離宮 ニンフェンベルク城

マリエン広場から車で30分ほど西へ走るとニンフェンベルク城が見えてきます。この城はバイエルン王家が夏に過ごした離宮で、その用途のためか「城」というよりは優雅で美しい宮殿のような佇まいとなっています。周囲を運河に囲まれ、またベルサイユ宮殿を手本につくられた広大な庭園が広がり、城の周辺は開放感にあふれています。城内には、ルートヴィヒ1世が描かせた36点の美人画が並ぶ美人画ギャラリーや馬車博物館、陶器コレクションなどがあり、見応えも十分です。


バイエルンの歴史と文化をたどる旅へ

第一次世界大戦後に起こったドイツ革命の余波をうけて滅亡するまで、バイエルン王国はミュンヘンを中心に繁栄を極めました。今回ご紹介したレジデンツひとつを見ても、その豪華絢爛さにバイエルン王国の威光をうかがい知ることができるでしょう。また、ミュンヘンから車で2時間ほどの場所にあるノイシュバンシュタイン城はバイエルン4代国王ルートヴィヒ2世が築いた城で、贅を極めた内装は必見。かつての首都ミュンヘンと併せて足を運ぶことをおすすめします。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. 行ったらきっとクセになる 茨城の魅力 行ったらきっとクセになる 茨城の魅力
    SPOTTOWN
  2. shutterstock_189602171 スコットランド北西に浮かぶ美しい島 スカイ島
    SPOTTOWN
  3. shutterstock_202031725 知られざるロシアの魅力。ロシア伝統料理の特徴は?
    CULTUREFOOD
  4. 279_1_shutterstock_221656276 吉祥寺でゆったりと過ごせる人気の老舗カフェ
    CULTURESPOT
  5. shutterstock_351476048 『ユニバーサル・スタジオ・シンガポール』は オリジナルアトラクシ…
    SPOT
  6. shutterstock_251324323 中国有数の観光都市 成都の定番観光スポット
    SPOTTOWN
  7. shutterstock_350896985 ぬいぐるみ好きにおすすめ!テディベア美術館に行こう
    CULTURESHOPPING
  8. germanfes4 青山でドイツ気分!ドイツフェスティバル2015
    CULTURETREND

新着記事