ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > SPOT, TIPS > 日本人にはなじみが薄いマイナーな国へ観光に行ってみよう

SPOTTIPS

日本人にはなじみが薄いマイナーな国へ観光に行ってみよう

SPOTTIPS 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_342093995

海外旅行というと、まずどんな国を思い浮かべるでしょうか。歌にも歌われたことのある定番のハワイや近所ともいえる韓国、1時間ほどの時差しかない南半球のオーストラリア、憧れの象徴ともいえる、フランス。どれもこれも日本人に人気の海外旅行先です。
ですが世界は広く、行ってみたら実は素晴らしかったなど思わぬ発見がある国もあります。今回は知名度が低く、マイナーともいえる海外旅行先3カ国についてお届けしていきましょう。


スポットもグルメもある、

ブダペストを首都に持つハンガリー。ヨーロッパに位置している国なのですが、隣接しているオーストリアに比べるとマイナーな印象がぬぐえない国です。ですがハンガリーは、夜のライトアップが美しいセーチェニーくさり橋や、堂々とした佇まいの国会議事堂、マーチャーシュ教会など観光名所に恵まれています。 またおいしいワインや日本とはちょっと違う温泉といったお楽しみも味わえるのが特徴です。ぜひハンガリーに行ってみてくださいね。


美味しいワインを探しにジョージアへ

かつてはグルジアと呼ばれていたジョージアは、南コーカサス地方にある国です。1991年に独立するまではソビエト連邦に属していました。ソビエト連邦というとロシアの印象が強いためか、メジャーになりきれない感じがするジョージアですが、実はワインの産地として有名なのです。 日本でもワインが当たり前のように飲まれるようになり、海外のワイナリーを巡るツアーも組まれるようになりました。日本ではまだ珍しいワインを探しに、ジョージアを訪れてみては。


琴欧州の故郷、

ヨーグルトという観光資源が強烈な印象のブルガリアは、ギリシアやトルコと隣り合っている東ヨーロッパの国です。角界を席巻した元大関・琴欧州の出身地として知っている人も多いと思われますが、観光旅行先となるとまだまだこれから認知度の上昇を期待したい国です。 ブルガリアにはボヤナ教会やイヴァノヴォの岩窟教会群といった世界遺産があり、見どころも満載です。まずは世界遺産を目指してブルガリア観光をしてみるのもいいのではないでしょうか。


マイナーな海外旅行のすすめ

日本人の海外旅行先としてはマイナーな部類に入ると思われる3カ国について紹介しました。もちろん知名度がいまいち低い国はこれらの国だけではありません。世界中には名前も聞いたことのないような国がたくさんあります。 それらの国を、時間とお金をかけて訪れるには勇気がいります。行ってがっかりしたなんてことにもなるかもしれません。それでも、そこで得た体験はそこだけでしか得られないもの。ぜひ貴重なマイナーな国への観光旅行をおすすめします。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. image ロマンチック街道のクライマックス ノイシュヴァンシュタイン城
    CULTURESPOT
  2. shutterstock_335456417 長い歴史を持つ伝統工芸、輪島塗
    CULTURETIPS
  3. mori1 焚火でウインナーを炙る調理法コッコマッカラ体験
    CULTURETIPS
  4. shutterstock_353074796 カナダ先住民の文化にふれられるグアイ・ハアナス国立公園
    CULTURETIPS
  5. shutterstock_461273725 お台場を中心とするりんかい線沿線の観光スポット
    SPOTTIPS
  6. shutterstock_265278998 シチリアの歴史とともに育ってきた街シラクサの観光スポット
    CULTURESPOT
  7. shutterstock_528817060 カレーだけじゃない!インドのグルメ
    FOODTIPS
  8. shutterstock_449312032 桁違いの大自然に圧倒される!北海道の自然を感じる観光スポット
    SPOTTIPS
ココマチギフト

新着記事