ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, SPOT > 瀬戸内海に浮かぶ現代アートの島「直島」へ行ってみよう

CULTURESPOT

瀬戸内海に浮かぶ現代アートの島「直島」へ行ってみよう

CULTURESPOT 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_491260615

瀬戸内海に浮かぶ小さな島「」を知っていますか?香川県に属するこの島は「なおしま」と読み、小豆島の近くにあります。島全体に現代アート作品が展示されていて、年間35万ほどの観光客が世界中から訪れます。1990年代に同じ四国の岡山に本社を持つ大企業「ベネッセ」が町づくりに取り組み、美術館やホテルが建設されてきました。世界的に有名なアーティストの作品と自然の景色の融合は見る人を魅了します。3年に一度、国際芸術祭も開かれます。


現代アートの島「直島」にある美術館をめぐる

直島に着いたら美術館めぐりを。「地中美術館」は建築家安藤忠雄による設計で、地下の建物なのに自然光が降り注ぎ、クロード・モネ、ジェームズ・タレル、ウォルター・デ・マリアの3人のアーティストの作品が建物と融合しています。また、美術館とホテルが一体となった「ベネッセハウスミュージアム」は瀬戸内海を一望する高台に建ち、著名な現代アート作品が展示されています。作家が自ら場所を選び、作品を制作するサイトスペシフィック・ワークスペースは必見です。


美術館以外でも現代アートが楽しめる

直島は島全体が現代アートであふれていて、美術館以外でもアート作品を楽しめます。宮浦港におかれた草間彌生作のかぼちゃが有名ですが、それ以外にも町中に作品が置かれ、美しい景色とのコラボレーションを楽しめます。古い家屋を改築し、アーティストが家の空間そのものを作品化した「家プロジェクト」も必見。現在7軒の空き家が改修され、作品が展示されたり、空間そのものをアーティストが作品化していたりと見ごたえのある空間となっています。


直島へのアクセスを確認しておこう

直島へのアクセスは岡山県の宇野港か香川県の高松港からフェリーで瀬戸内海を渡ります。島内には宮浦港と本村港の2つの港があります。宮浦港は宇野港から約20分、高松港から約1時間です。本村港は宇野港から約20分、高松港から約35分です。宇野港~宮浦港の便は早朝から深夜まで運行されていて便利です。宇野港はJR岡山駅から電車で約1時間、岡山空港からはバスとの乗り継ぎで約1時間半。高松港はJR高松駅より徒歩5分、高松空港から約45分で到着します。


直島で現代アートに浸ろう

島全体が現代アートという稀有な空間を体験できる直島。3年に1度開催される瀬戸内国際芸術祭の時に訪れてもよいですし、海水浴が楽しめる7月中旬から8月下旬に訪れるのもおすすめです。島内ではほかに釣りや陶芸なども楽しめます。直島は約平方キロメートルほどの小さな島なので自転車をレンタルしてサイクリングで観光してみましょう。また、周辺の犬島や豊島にもベネッセが美術館を展開していますので、フェリーで足を伸ばしてみてもよいですね。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_425040877 クメール王朝の息吹を感じるカンボジアを観光しよう
    SPOTTIPS
  2. shutterstock_243795643 幸福度が高い国で知られるブータンの観光スポット
    CULTURESPOT
  3. shutterstock_346127033 ベトナムにおける政治と文化の中心地ハノイの観光スポット
    CULTURESPOT
  4. shutterstock_184843232 それぞれに異なった個性を持った世界の三大瀑布
    SPOT
  5. スペインを代表する三大祭り スペインを代表する三大祭り
    CULTURETIPS
  6. 同里古鎮 1,000年の歴史を持つ水郷の街「蘇州・同里古鎮」
    SPOTTOWN
  7. shutterstock_420078775 暑い夏を乗り切るための韓国の文化「以熱治熱」
    CULTUREFOOD
  8. image 雄大な自然に抱かれる熊本県の郷土料理
    CULTUREFOOD
ココマチギフト

新着記事