ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, FOOD > ピザを生んだイタリア南部の町ナポリ

CULTUREFOOD

ピザを生んだイタリア南部の町ナポリ

CULTUREFOOD 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_314261882

イタリア南部最大の港湾都市ナポリ。古い町並みに中世の宮殿や城が残る光景は絵画のようで、これらはナポリ歴史地区として世界文化遺産に登録されています。また、食の町でもあり、ピザ発祥の地として有名です。厚めでモチモチとした食感が特徴のナポリピザは、18世紀半ばに船乗りがパン屋に特別に作ってもらったことが始まりなのだそう。その後、1780年に最初のピザ店がオープンし、現在は数々のピザ店が競うように看板を上げています。


本場ナポリピザの基本はマルゲリータとマリナーラ

ナポリピザの基本はマルゲリータとマリナーラの2種類。日本でも馴染み深いマルゲリータは、トマトソース、モッツァレラチーズ、バジリコを乗せて焼いたピザで、それぞれの色はイタリア国旗を表しています。1889年、ナポリを訪問した王妃マルゲリータがこのピザを大変気に入ったことからこの名がつけられました。 イタリア語で「船乗りの」を意味するマリナーラはトマトソースにニンニクとオレガノを乗せたシンプルなもので、ナポリで1番長く食べられているピザです。


世界中にファンを持つナポリピザの名店ダ・ミケーレ

1870年創業のダ・ミケーレは、ナポリ一といわれるピザの人気店です。伝統的な製法を守り素材にこだわったメニューは、マルゲリータとマリナーラの2種類のみ。薪釜で焼き上げられた生地は香ばしく塩気があり、ソースのかかっていない耳まで美味しくいただけます。この味を求めて店前には長蛇の列ができますが、回転が速いので少人数のグループなら比較的早く席につけることも。席は番号札で呼ばれるので、イタリア語の数字の読み方を覚えておくと安心です。


マルゲリータ発祥の老舗有名店ブランディ

1780年、ナポリに初のピザ店ができましたが跡継ぎがなく、1830年にエンリコ・ブランディが店を引き継いだのが現在の老舗ピザ店ブランディの始まりです。その後、王妃マルゲリータに献上したピザが評価されたことから、マルゲリータ発祥の店としてその名を広く知られるようになりました。厚めの生地で焼かれたマルゲリータは濃厚で、炭酸の入った白ワインに良く合います。他にも約40種類のピザがあり、天気の良い日はテラス席がおすすめです。


ナポリへ行ったらぜひ食べたい本場のピザ

イタリア南部の町ナポリから、伝統のピザであるマルゲリータとマリアーナ、そしておすすめのピザ店2軒をご紹介しました。ダ・ミケーレもブランディもナポリを代表するピザ店なので並ぶことのほうが多いでしょうが、どちらも待って良かったと思えるお店です。しかし、ナポリには他にも活気のあるピザ店が多く、有名店以外でも充分美味しいピザを食べることができるでしょう。ナポリを訪れた際は、ぜひ本場のピザを味わってみてくださいね。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_341049068 雄大な自然が育む、新潟の日本酒
    FOODSHOPPING
  2. shutterstock_195320012 さまざまなブランド 進化し続けるイチゴたち
    FOODTIPS
  3. shutterstock_244203049 やっぱり京都には日本茶が似合う!京都でお茶を味わう
    FOODTIPS
  4. shutterstock_308650868 ニューヨークの朝食の女王「サラベス」が台湾上陸!
    FOODTREND
  5. shutterstock_291969578-830x460 洋菓子の文化が花開いた神戸スイーツ
    FOODTIPS
  6. shutterstock_210669598 日本の誇る俳諧師、松尾芭蕉をご紹介!
    CULTURESPOT
  7. shutterstock_249004402 仏教とヒンドゥー教の聖地、カトマンズ
    CULTURETOWN
  8. shutterstock_339193550 グルメの街久留米で 食を楽しもう
    FOODTOWN
ココマチギフト

新着記事