ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, TIPS > ペルー観光で絶対訪れたい!ナスカの地上絵

CULTURETIPS

ペルー観光で絶対訪れたい!ナスカの地上絵

CULTURETIPS 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_356558543

空中都市のマチュピチュやインカ帝国の都だったクスコなど神秘的な観光スポットでしられる南米の国、。数々の遺跡や世界遺産がありますが、その中でも人々を惹きつけてやまないのが、ナスカの地上絵です。ペルー南西部の砂漠地帯であるナスカ平原に描かれた地上絵は100〜800年頃描かれたとされ、20世紀前半に米国の大学教授が飛行中に発見しました。今回はいまでも謎に満ちた地上絵とナスカでのリゾートについてご紹介します。


ぐるぐる巻きの尻尾が面白い!ナスカの地上絵「さる」

地上から眺めてもよく分からないのが地上絵。ミラドールと呼ばれる観測塔に登るか、セスナ機に乗って眺めます。空から見ていくと、さまざまな模様や約30の絵柄が。どんな絵柄があるか見ていきましょう。まずは、「さる」。尻尾がぐるぐる巻きになっていて面白い形をしています。全長は約110m。尻尾の形からクモザルがモデルと言われていますが、クモザルは熱帯雨林に生息するさるで砂漠地帯であるナスカにはいないはずなのです。この辺りも謎ですね。


象徴的で有名な図柄は必見!ナスカの地上絵「はちどり」

ナスカの地上絵を象徴する最も有名な絵柄が「はちどり」です。細くて長いくちばしの描画が特徴的で大きさは約90cm。地上絵の中には風雨で一部が消えかかっているものもありますが、こちらは保存状態が良いのでしっかりとその形を確認できます。モデルとなったはちどりは英語名をハミングバードと言い、全長10cm前後の小鳥です。細くて長いくちばしは花の蜜を吸いやすいように進化したものだとか。現在でもペルーをはじめ南米に生息しています。


砂漠のリゾート地イカでエキゾチックなバカンスを

ナスカの地上絵を見るなら宿泊はイカにするのがおすすめです。イカは見学ツアーのセスナ機が発着する拠点となり、砂漠のリゾート地として人気のエリア。ブドウやヤシなどの農作物が栽培され、ワインが特産物です。イカを訪れたなら5kmほど先にあるワカチナ湖周辺まで足を伸ばしましょう。湖の周りに街があるという砂漠の中にぽつんと現れるオアシスはまるで絵本の中にいるような景色。ワカチナではサンドバギーやサンドボードなど砂漠の上でのスポーツも楽しめます。


ペルー観光で絶景に出会う!ナスカの休日

数々の世界遺産を有する国ペルー。数々の観光スポットの中でもナスカの地上絵は一見の価値ありです。宇宙からも見えると言われるくらいの巨大な絵を描いた理由はいまだに解明されていません。古代ナスカに想いをはせ、絶景を楽しむ。忙しい現実から離れ、ロマンチックでエキゾチックな休日を楽しんでください。そして、ナスカ観光をするなら宿泊はぜひイカへ。オアシスにふさわしくスパやグルメが楽しめるラグジュアリーなホテルが多数あります。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_296695889 2016年に世界文化遺産に登録された国立西洋美術館
    CULTURESPOT
  2. winter_img1 その時期だからこその楽しみがある冬のヨーロッパ旅行
    TIPSTOWN
  3. shutterstock_50338783 疲れたらマッサージしてもらいに行こう!世界の人気マッサージをご紹…
    CULTURETIPS
  4. kyotoshrine_img1-01 日本を代表する観光地、京都の神社3選
    CULTURESPOTTOWN
  5. shutterstock_335914709 豊かな緑の中に伊勢神宮(外宮)|神のやしろを想う 神社紀行
    CULTURESPOT
  6. shutterstock_528817060 カレーだけじゃない!インドのグルメ
    FOODTIPS
  7. shutterstock_526298260 え?と思う肉料理はいかが
    FOODTIPS
  8. shutterstock_431721697 数100円で買えるしあわせ。あえて食べに行きたい、東京都内の絶品…
    SPOTTIPS
ココマチギフト

新着記事