ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, TIPS > 世界各地に残る特に可愛いと評判の民族衣装

CULTURETIPS

世界各地に残る特に可愛いと評判の民族衣装

CULTURETIPS 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_315302501

日本には着物があるように、世界には各民族に伝わる民族衣装があります。民族衣装はその民族の歴史を反映して形作られており、独特のデザインやスタイルが表現されています。美しさを重視したものや動きやすさを重視したものなど、さまざまです。現代においてクラシカルなイメージの民族衣装ですが、ほかの民族からすると新鮮さを感じるものも。今回はそんな民族衣装の中から、可愛いと評判の民族衣装を取り上げてみたいと思います。


ロシアの民族衣装、サラファン

ロシアの民族衣装として知られているのが、サラファンです。サラファンとは肩ひものついたロングドレスのような衣装で、ルバシカと呼ばれるブラウスの上に着ます。シルクやサテンなど高級素材で作られ、金銀の糸で刺繍をした豪華な衣装が現代まで残っていますが、これは富裕層が着ていたサラファンで、庶民は麻やウールで作られた地味な色合いのサラファンをまとっていました。しかし花嫁衣装は別で、華やかな赤いサラファンを着ていたそうです。


可愛くよみがえった、ドイツのディアンドル

ディアンドルは、ドイツ南部のバイエルンやその周辺地域に伝わる民族衣装で、農村出身の女性が身に着けていました。ディアンドルという呼び名も、彼女たちへ呼びかける方言がそのまま衣装を指す名称となったものです。素朴なデザインで一度は廃れてしまいますが、胸元の襟が開いて袖が短く、締まったコルセットとエプロンを着用する短いスカートの、オクトーバーフェストなどで見られるロマンティックな衣装として生まれ変わりました。


インドで最も有名な民族衣装、サリー

広い国土と民族を持つインドにはさまざまな民族衣装がありますが、サリーはその中でも最も有名な民族衣装といえるでしょう。身体にピタリとフィットするチョリというブラウスとペティコートを身に着け、その上から長い布を腰に巻き付けます。余った部分は肩に掛けて垂らします。布の長さは5メートル以上になることもあります。サリーがこのようなスタイルなのは、宗教上の理由で布を裁断しなくても着用できるように編み出されたため、といわれています。


まだまだある、世界の可愛い民族衣装

数ある世界中の民族衣装の中でも、特に可愛いと評判の民族衣装を取り上げて紹介しました。もちろん、これら以外にも可愛い民族衣装はまだまだあります。例えば身体に密着したスレンダーなシルエットが美しいベトナムのアオザイ、シャルワールというズボンを一緒に着用するゆったりとしたトルコのカフタンなどがあげられます。華やかで連綿と受け継がれてきた民族の歴史が垣間見られる民族衣装、その国を訪れた際にはぜひ探してみてくださいね。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. 291_1_image 本場ドイツの盛大なクリスマスについて
    CULTURETOWN
  2. shutterstock_394460134 東洋のガラパゴス、小笠原諸島へ行こう
    SPOTTIPS
  3. shutterstock_216993466 子連れ国内旅行で泊まるならここ!子供が喜ぶホテル3選
    SPOTTIPS
  4. shutterstock_216893269 韓国きってのリゾート地 済州島
    SPOTTIPS
  5. 世界で一番暑い国 ジブチ共和国の生活とは? 世界で一番暑い国 ジブチ共和国の生活とは?
    TIPSTOWN
  6. shutterstock_223290397 ウィーンを代表する豪華絢爛な宮殿を巡ろう
    CULTURETIPS
  7. 289_1_christmas_img1 アメリカではどんなクリスマスを過ごしているの?
    CULTURETREND
  8. shutterstock_526632244 インドで本場のヨガを体験してみよう
    CULTURETIPS
ココマチギフト

新着記事