ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, FOOD > おめでたいお年始には何を食べる?世界のお正月料理

CULTUREFOOD

おめでたいお年始には何を食べる?世界のお正月料理

CULTUREFOOD 投稿者: ココマチ編集部
293_1_newyearcuisine_img1

日本のお正月料理と言えば、何を思い浮かべるでしょうか。大みそかの夜半には年越しそば、そして年が明けるとお屠蘇を飲みながらおせち料理を家族みんなで食べる、というのが一般的です。お正月の間の火は聖なるものなので、この期間はなるべく煮炊きをしないようにと保存がきく食材が中心に使われているという特色があります。地域によってはお雑煮、七草粥を食べる所もあります。
これら日本のお正月料理は、新年も幸せに過ごせるようにと縁起をかつぐ食材が多く使われています。海外の場合はどうなのでしょうか。また、海外でのお正月に食べる料理は、いわゆる「食事」というものだけではなく「お菓子」の要素を含むものも多々ありますが、どのような食べ方をしているのでしょうか。 ここではフランス、イタリア、ギリシャの伝統的なお正月料理についてご紹介していきます。


当たりが入ったケーキを引き当てる!フランスのお正月料理

最近日本でも名が知られてきているフランスのお菓子、ガレット・デ・ロワ。パイ生地にクリームが詰められているという伝統的な焼き菓子で、フランスでは毎年1月6日の公現祭(エピファニー)にこれを食べるという慣わしがあります。公現祭とは、東方の三博士がキリストの生誕を祝って訪れた日を記念するものです。ガレットはケーキを、ロワは王様を意味していて、この場合の王様は東方の三博士のことを指しているのです。 ケーキの中にはフェーヴと呼ばれる陶器やプラスチック製の人形が入っています。フェーヴとはソラマメを意味する言葉で、かつては本物のソラマメが使われていたため、今でもその単語が受け継がれています。切り分けられた一切れにフェーヴが入っていた人がその場の王様になり、紙でできた王冠をかぶって皆に祝福されます。その幸せは新年の1年間続くと言われています。


豆とソーセージで金運アップ!イタリアのお正月料理

日本で年越しにそばを食べるのは、そばの実の三角形が昔の貨幣の形に似ているので金運に結びつくとされているから、という説があります。同じようにイタリアのお正月の伝統料理もやはり金運を呼び寄せると信じられているもので、まず挙げられるのがレティッキエと呼ばれるレンティル豆の煮込みです。レンティル豆とは日本で言うところのレンズ豆や平豆のことで、その丸くて平たい形がお金に似ているために、新年早々に食べるとその年に金運を呼び込むという縁起をかつぐ意味があるそうです。 レティッキエといっしょに食べるのが、コテキーノという豚肉のソーセージや、ザンポーネと呼ばれる豚足にひき肉を詰めるという変わり種のソーセージです。これらはジューシーな肉がぎゅうぎゅうに詰められているので、そのリッチ感がやはり金運に結びつくとされています。


サンタにちなんでケーキを食べる!ギリシャのお正月料理

ギリシャのお正月は、クリスマスから引き続いての祝日になっていて、クリスマスツリーも1月7日まで飾られています。お正月の伝統料理であるヴァシロピタは、大きなパウンドケーキにチョコレートなどでシンプルなデコレーションがされたもので、別名「ギリシャのサンタ」と呼ばれるアギオス・ヴァシリスという聖人の名前が由来になっています。 ヴァシリスの伝説には諸説ありますが、ひとつにはお金を隠したケーキを貧しい子供たちに配っていたというものがあり、それにちなんでアルミホイルに包んだコイン一枚を入れて焼き上げるケーキがヴァシロピタなのです。キリストの分、マリアの分、ヴァシロスの分、その次は家族の分を年長者から順に切り分けていき、コインが入っている一切れを手にした人は、新年の1年間が幸福に恵まれる、と言われています。


所変われば品変わる!世界のお正月料理はバラエティ豊か

日本の代表的なお正月料理であるおせち料理には、金運、豊作、子孫繁栄、無病息災、学問や仕事の成就、健康や長寿などを願って、縁起の良いとされる食材がたくさん詰め込まれています。海外でもやはり人気があるのは食材をお金に見立てて金運を呼び込むとされるお正月料理。イタリアの豆料理やソーセージの他にも、アメリカ南部のブラック・アイド・ピーという豆料理、中国の餃子、ロシアの水餃子などがこれにあたります。 また、フランスのガレット・デ・ロワやギリシャのヴァシロピタのように、宗教や民話などが元になっているお正月料理も多々あります。こちらのタイプは「食事」というより「お菓子」という色合いの強いものが多く、日本人にとっては不思議な感覚になるものも。所変われば品変わる、という言葉もあるように、文化的背景が変わればお正月に食べるものも違ってくるのですね。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. image りんごの王国、青森
    FOODTIPS
  2. shutterstock_117085012 アートや歴史にどっぷり浸れるワシントンD.C.
    CULTURESPOT
  3. shutterstock_359862698 日本と西洋の食の融合・上野の洋食店
    FOODSPOT
  4. image リトアニアの観光名所、トラカイ城
    CULTURESPOT
  5. shutterstock_395221177 大人の夜のお楽しみ。東京都内のホテルで、ハイティーをリッチに過ご…
    FOODTIPS
  6. image 北海道随一の観光都市・函館のグルメを楽しむ
    FOODTOWN
  7. 297_1_shutterstock_252351346 キリストの飲んだワイン、イスラエルのワイナリーが再現に挑戦
    CULTURE
  8. 1024x683 日本三大そばのひとつ 出雲そば
    FOODTIPS
ココマチギフト

新着記事