ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > SPOT, TIPS > 東洋のガラパゴス、小笠原諸島へ行こう

SPOTTIPS

東洋のガラパゴス、小笠原諸島へ行こう

SPOTTIPS 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_394460134

小笠原諸島は、東京都から南南東に約1,000キロの海に浮かぶ30ほどの島々から成り、東京都に属していながらも生物区はオセアニア区に入っており、気候も熱帯に属するという南国色豊かな地です。固有種の動植物が多く、「東洋のガラパゴス」と呼ばれるほどの生態系の豊かさが評価されて、2011年には世界遺産にも登録されています。今回は、そんな小笠原諸島の観光で楽しめる屋外アクティビティや、個性あふれる郷土料理についてご紹介していきます。


イルカと一緒に泳ぐ体験!ドルフィンスイム

小笠原諸島のアクティビティの中でも最高峰のワクワクを味わえるのは、やはり父島付近で体験できるドルフィンスイムでしょう。野生のイルカと一緒に泳げるなんて、とても素敵な経験になりそうです。他の屋外アクティビティに比べると、体力とイルカに会うまでの根気が必要になりますが、その分うまく一緒に泳げたら本当に嬉しいですね。ミナミハンドウイルカやハシナガイルカなどさまざまなイルカに出会えるかもしれません。ツアーによっては半日コースと一日コースがあります。


自然ツアーで東洋のガラパゴスを肌で感じよう!

小笠原諸島は、その大自然に生息するさまざまな動植物が織り成す豊かな生態系が評価され、2011年に世界遺産となっています。その多様さは「東洋のガラパゴス」と呼ばれるほど。小笠原諸島のアクティビティの中で、そのような魅力を1番に感じられるかもしれない屋外アクティビティが、自然ツアーです。島内散策ツアーや森のトレッキングツアー、夕陽観賞ができるサンセットツアー、ウミガメの産卵を観察するウミガメツアーなど、盛りだくさんの内容で体験できますよ。


小笠原のいっぷう変わった郷土料理、島寿司とカメ寿司

小笠原諸島の郷土料理といえば、代表的なものに「島寿司」が挙げられます。甘めに仕上げた酢飯に、醤油やみりんでヅケにした白身魚、わさびではなくカラシをつけて食べるという、いっぷう変わった寿司。アカハタを味噌汁にした「アカバの味噌汁」と一緒にどうぞ。また、さらなる驚きの郷土料理が「カメ寿司」。なんと、ウミガメを寿司で食べるというのだから仰天です。日本広しといえど、ウミガメを食べるのは小笠原諸島だけなのだそうですよ。


絶海の諸島、小笠原へ旅に出よう

小笠原諸島の観光で楽しめる屋外アクティビティと郷土料理についてご紹介しました。小笠原諸島は30あまりの島がありますが、一般人は父島、母島の2島にしか住んでおらず、空港がないので東京から25時間半かけてフェリーでたどりつくしかないという、まさに絶海の地です。その分観光スポットとしては見どころ、遊びどころがいっぱい。日常を忘れ、ゆっくりとした時の流れに身を浸したい…そんな旅にはぜひ小笠原諸島を行先にすることをおすすめします。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_365278835 ショッピング天国ハワイでお土産選び
    SHOPPINGTIPS
  2. main_R-940x500 流行の最先端!都内近郊の最新スポットについて
    SPOTTREND
  3. shutterstock_451821697 運動不足のあなたにおすすめ!人気のサイクリングコース
    SPOTTIPS
  4. 311_1_kyoto_ohara_img1 天台宗総本山のお膝元、洛北・大原で心を癒す旅
    CULTURESPOT
  5. image 古代ギリシャの神々の名を持つ神殿群 アグリジェントの神殿の谷
    CULTURESPOT
  6. 306_1_powerspot_img1 台湾・台北で必ず行きたいパワースポット3選
    SPOT
  7. shutterstock_424249798 休日が1日あれば行ける、東京からの日帰り旅行おすすめスポット
    SPOTTIPS
  8. londonstandard_img1 ロンドンに行くなら必ず訪れたい超定番観光スポット
    SPOTTIPS
ココマチギフト

新着記事