ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > FOOD, TOWN > 個性豊かな沖縄の名産品

FOODTOWN

個性豊かな沖縄の名産品

FOODTOWN 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_202584400

日本の南西部に位置する沖縄は、大小様々な363の島々から成っています。これらの島は日本とアジア大陸を繋ぐように広がっており、沖縄は古くから外国との交流が盛んな海洋国家として栄えてきました。中国や朝鮮、東南アジアなど様々な国の文化と交じり合うことで、沖縄独特の言語や音楽、工芸や芸能がかたちづくられてきたのです。また、年間を通じて温暖な亜熱帯の気候は、多彩な生態系を育んできました。周囲を海に囲まれ陸地と分断されていることから、文化においても自然においても沖縄は独自の発展を遂げてきたのです。

そんな沖縄には、他の地方ではお目にかかることが出来ない個性的な名産品がたくさんあります。今回はその中でも、沖縄の名酒「泡盛」、温暖な海にしか自生しない海藻「海ぶどう」、夏野菜の王様である「ゴーヤー」の3つについてご紹介します。


沖縄だからこそ生まれた酒 泡盛

泡盛は日本最古の蒸留酒とも言われており、600年以上にも及ぶ歴史を持っています。また、熟成すると独特の香りとまろやかな旨味が出るのが特徴で、3年以上寝かせた泡盛を古酒(くーす)と呼びます。戦争によりその多くが失われてしまいましたが、琉球王国時代には200~300年物もあったそうです。製造法や熟成期間により味わいは様々で、お好みの銘柄を探すのも泡盛の楽しみと言えるでしょう。

泡盛最大の特徴は発酵に黒麹菌を使うこと。黒麹菌は腐敗に強く、雑菌の繁殖を防いでくれるため、沖縄のような高温多湿の気候下で酒造りをするのに最適なのです。そして原料には、粘りが少なく黒麹が菌糸を伸ばしやすいタイ米を使います。沖縄は古くから中国や東南アジアとの交流が盛んだったため、外国産米が入手しやすかったことも背景のひとつとなっています。


栄養満点の天然健康食品!海ぶどう

鮮やかな緑色と、茎にプチプチとした丸い葉がぶどうの房のように付いている形が印象的な海藻、「海ぶどう」。沖縄本島や宮古島などの温かな海に自生しており、沖縄では酢の物やサラダ、おつまみ、刺し身の付け合せ、丼や蕎麦の具など、様々な料理に使われてきました。その特徴的な見た目から「グリーンキャビア」と呼ばれることもありますが、正式名称は「クビレズタ」と言います。

海ぶどうは低カロリーなうえ、ビタミンや食物繊維、カリウムやマグネシウム、鉄分などの栄養が豊富なことで知られており、美容や健康にいい自然食品として注目を集めています。近年では養殖技術も向上し、県外のスーパーや飲食店でも海ぶどうの姿を見かけることが増えてきました。しかし、海ぶどうはもともと南国の海に生きる海藻ですので冷蔵保存には不向きです。購入したら常温で保存し、3~4日のうちにいただきましょう。


暑さを乗り切る体をつくる!ゴーヤー

ゴツゴツした見た目と、別名「ニガウリ」と呼ばれるほどの苦味が特徴的な野菜「ゴーヤー」は、正式名称を「ツルレイシ」と言います。栄養価が非常に高いことで知られており、カルシウムや食物繊維、鉄分などが豊富に含まれているのですが、中でもビタミンCはレモンの4倍、トマトの5倍以上と言われています。また、あの独特の苦味は胃腸を刺激し消化不良や胃もたれを軽減します。水分が多く体を冷やす効果もあるので、暑さが厳しい沖縄にはうってつけの夏野菜なのです。

さらにゴーヤーのビタミンCは加熱に強く、油との相性も抜群。ゴーヤーと豆腐、卵や野菜などを炒めたゴーヤーチャンプルーは、ゴーヤーの長所を最大限に活かした沖縄料理と言えるでしょう。沖縄は昔からご長寿の県としても有名ですが、体にいいものを上手に食生活に取り入れているところにその秘密があるのかもしれません。


沖縄の魅力がギュッと詰まった名産品の数々

今回ご紹介した「泡盛」「海ぶどう」「ゴーヤー」の3つのほかにも、沖縄には様々な名産品があります。

ミミガーやラフテー、ソーキにポークランチョンミート、豚足など、様々なバリエーションを持つ豚肉料理。「そば」といってもそば粉ではなく小麦粉を使った麺を使い、独自のスタイルを確立した沖縄そば。琉球王朝の時代から食べられていると言われるちんすこうや、沖縄版揚げドーナツとも言えるサーターアンダギーなどのスイーツ。また、シークワーサーやマンゴー、パパイヤやグァバといった南国ならではのフルーツも豊富です。中でも「ノニ」の実は栄養価が高く、本土ではなかなか見られないこともあり観光客に人気があります。

これらの名産品は、沖縄の豊かな気候風土と文化の結晶のようなものです。ひとつひとつに独自の個性と魅力がありますので、沖縄を訪れた際はぜひ実際に味わってみてください。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_287039243 憧れの海外移住 日本人が住みやすい国はどこ?
    TIPSTOWN
  2. ポルトガル料理 日本人の口に合うと評判!人気のポルトガルグルメ3選
    CULTUREFOOD
  3. IMG_20161126175949_353035715_medium パリを離れてショートトリップ!世界遺産の街と副都心
    SPOTTOWN
  4. shutterstock_335863223 ノルウェーの伝統的家庭料理3選
    CULTUREFOOD
  5. shutterstock_390165589 話題沸騰!健康にも優しい韓国スイーツを楽しむ
    FOODTREND
  6. 怪物タラスクの伝説がある町「タラスコン」 怪物タラスクの伝説がある町「タラスコン」
    SPOTTOWN
  7. worldheritage_img1 アンデス文明が遺した地球の至宝 ペルーの世界遺産
    CULTURETOWN
  8. elegantcafe_img1-01 女子旅にオススメ!台北のエレガントカフェ3選!
    FOODSPOT
ココマチギフト

新着記事