ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, SPOT > 南の海に浮かぶサンゴ礁の島 沖永良部島

CULTURESPOT

南の海に浮かぶサンゴ礁の島 沖永良部島

CULTURESPOT 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_336180758

沖永良部島はサンゴ礁が隆起して生まれた島で、奄美大島と沖縄の中間に位置しています。かつては琉球王国の一部でしたが1609年に薩摩藩の直轄領となり、現在は鹿児島県に属しています。沖永良部島の観光の魅力は、なんといっても美しい自然。例えば多くのソテツが自生する「ソテツジャングル」を訪れれば、南国を訪れた醍醐味を味わえることでしょう。今回は数ある観光スポットの中でも特におすすめの、「洞窟探検」「田皆岬」「日本一のガジュマル」をご紹介します。


洞窟探検で神秘の地下世界を楽しもう

鍾乳洞は、沖永良部島で外せない観光スポット。沖永良部島の地下には数百もの鍾乳洞が広がっており、鍾乳石や地下河川がつくりだす光景はとても神秘的。沖永良部島ケイビングガイド連盟による洞窟探検はヘルメットやライトなどの装備が揃っており、難易度に合わせたコースをガイドと共に歩けるので初心者にもおすすめです。洞窟内で写真撮影も行ってくれるので思い出作りにはぴったり。苦労を乗り越えた先に見る絶景をぜひ楽しんで下さい。


沖永良部島きっての景勝地 田皆岬

沖永良部島の景勝地として名高い田皆岬。石灰岩が雨風などの侵食により独特の形を形成した奇岩群や高さ約50mの断崖絶壁と、東シナ海の青く輝く水面が織りなす絶景は圧巻の一言。また、沖永良部島では唯一「奄美十景」に選ばれた地でもあります。1973年に公開された日本映画「青幻記」のロケ地、そして近年ではバラエティ番組「いきなり!黄金伝説」の無人島0円生活(沖永良部島は有人島)の撮影が行なわれた場所としても知られる人気の観光スポットです。


子供たちの成長を見守り続けたガジュマルの木

「幸せを呼ぶ樹」とも言われ、精霊が宿る・魔除けの力を持つなど国内外にさまざまな伝説を持つガジュマルの木。沖永良部島には、樹齢100年を越す日本一のガジュマルがあります。場所は何と和泊町立国頭小学校の校庭。第一期卒業生が明治31年に植樹したガジュマルが、今日まで多くの人の手により守り育てられたものだそう。人気の観光スポットになっているとはいえ小学校ですので、見学を希望する場合は職員の方に許可をもらってからにしてくださいね。


沖永良部島で自分らしい時間を過ごしてみませんか

温かな気候と青い海に空、咲き誇る花々…。沖永良部島の観光の最大の魅力は、この美しくも恵まれた自然です。島全体が観光スポットと言っても過言ではないかもしれません。ウミガメが生息すると言われる海でサーフィンやダイビングなどのマリンスポーツを楽しんだり、南国ならではの海産物やフルーツを堪能したり、旧跡に足を運んで歴史に思いを巡らせたりなど、楽しみ方はそれぞれ。穏やかなこの島で、ゆったりとした特別な時間を過ごしてみてはいかがでしょう。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. 日本人には未知の島 スコットランドの秘境「スカイ島」 日本人には未知の島 スコットランドの秘境「スカイ島」
    SPOTTOWN
  2. dubai_img1 アクセスは抜群!世界と結ばれた観光都市 ドバイ
    SPOTTOWN
  3. shutterstock_198258818 心も体もリフレッシュ!関東で乗馬体験ができるおすすめスポット
    CULTURESPOTTREND
  4. shutterstock_288869696 イギリスの港町サウサンプトンの観光スポットは?
    SPOTTOWN
  5. shutterstock_425040877 クメール王朝の息吹を感じるカンボジアを観光しよう
    SPOTTIPS
  6. 260_1_image ドイツ各地で行われるクリスマスマーケット
    CULTURETOWN
  7. 292_1_image アメリカでは「メリークリスマス」が禁句ってホント!?
    CULTURETREND
  8. shutterstock_513704470 秋はレジャーの季節!関東のおすすめドライブスポット
    SPOTTIPS

新着記事