ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, FOOD > 感謝と願いが込められた日本のおせち料理

CULTUREFOOD

感謝と願いが込められた日本のおせち料理

CULTUREFOOD 投稿者: ココマチ編集部
302_1_osechi_img1

日本のお正月といえばおせち料理ですよね。毎年何気なく見ているおせちの由来をご存知でしょうか?
「おせち」は漢字で「御節」と書きます。かつて奈良時代の宮中において、暦の節目となる「節日」に宴を行う「節会」という行事が行なわれました。そこで振る舞われた料理を「節供(せちく)」といいます。時が経ち江戸時代に入ると一般庶民にも節句を祝う風習が広まってゆき、中でも特に重要とされる正月に食べる料理をおせちと呼ぶようになっていったのです。
おせちは日々の感謝や願いを込めて神様にお供えするためのものなので、作られるそれぞれの料理に由来があります。重箱に詰められるのも、保存しやすく持ち運びにも便利というメリットももちろんありますが、「幸福を重ねる」という意味があるのです。新年をより良いものにするために、少しだけおせち料理に詳しくなってみてはいかがでしょうか。


お屠蘇といただく一の重

おせち料理に使用するのは四段重、もしくは五段重が正式なものとされています。しかし近年では簡素化された三段重も多く見られるようになりました。 一の重には祝い肴と口取りが詰められます。祝い肴はお屠蘇のための肴として用意されるもの。地方によって内容は異なりますが、黒豆、数の子、田作り、たたきごぼうが代表的なものとなっています。黒豆は、真っ黒に日焼けするほど達者(まめ)に働けるように。数の子は卵の数が多く「にしん」が「二親」に繋がることから子孫繁栄。田作りは別名「ごまめ(五万米)」とも呼ばれるイワシの佃煮で、かつてイワシを田植えの肥料に使用したことから五穀豊穣。たたきごぼうは家がしっかり根をはるようにという願いが込められています。 口取りは、紅白のかまぼこや、巻物に見立て学問を象徴する伊達巻、金運向上を表す栗きんとんなど、甘いものを中心に揃えられます。


見た目も中身も華やかに 二の重

二の重には酢の物と焼き物を詰めます。正月の三が日の間は煮炊きを控える風習があることから、火を通したり酢に漬けたりすることで料理の日持ちを良くするという意味合いもあるのです。 酢の物の代表的なものといえば、お祝いの水引を表した「紅白なます」や、菊の花を模した「菊花蕪」、「長老木」「千代老木」などの漢字をあてて長寿を願う「ちょろぎ」、極楽浄土に咲く蓮の根っこであるレンコンの酢漬け「酢蓮」などがあります。 焼き物はおせち料理のメインにあたり、豪華な食材が用いられます。海老はその鮮やかな赤い色がおめでたく、また長い触覚と曲がった体が髭をたくわえた老人を思わせることから長寿祈願の縁起物として人気があります。また、出世魚であるブリ、「めでたい」の語呂合わせから鯛、最近では「うなぎのぼり」という言葉から鰻もおせち料理に登場するようになりました。


具材それぞれに意味がある三の重

三の重には煮物が詰められます。おせち料理といえば煮しめを思い出す方も多いでしょう。たくさんの野菜を一緒に煮る煮しめは、選ばれる具材ひとつひとつにきちんとした理由があります。例えばくわいは、最初に大きな芽が出ることから「めでたい」「出世祈願(芽が出る)」という意味がありますし、たくさんの小芋ができる里芋は子宝に恵まれるとされています。レンコンは極楽に咲く蓮の根ということで縁起がいいだけでなく、穴が開いているので将来をよく見通せるように、たけのこは成長が早いことから出世や家の繁栄への願いが込められています。 煮しめのほかによく作られる煮物に昆布巻きがあります。昆布は「喜ぶ」とかけて縁起物として用いられるほか、「喜ぶ」に「養老昆布」という漢字をあてて長寿祈願、「子生」の字をあてて子孫繁栄、また巻物に見立てて学問の成就など、様々な意味を含んでいます。


自分のスタイルで選ぶ 現代の様々なおせち料理

今回紹介したのは三段重の詰め方です。正式な四段重、五段重になると、一の重は祝い肴のみで二の重に口取りを詰めるなどという若干の違いは出てきますが、中に詰める料理はほぼ同じです。四段重は日本の四季を表しており、また五段重は五の重をあえて空にして更なる富が入ってくる余地を残しておくなど、それぞれの形や様式に意味が込められています。 そうはいっても、現代のおせちは形も中身も様々です。和洋中の色々な料理が詰められているものや、少人数でもお正月気分を味わえる小さなサイズのものもありますし、海老をグラタンにしたり栗きんとんの代わりにさつま芋のマッシュを入れてみたりと、子供でも楽しめるようにアレンジをして手作りする家庭も増えているようです。 新年の願いを込めて用意するのなら、それはどれも正しいおせち料理です。自分なりに楽しんで、素敵なお正月を過ごして下さいね。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_235369582 世界2位のコーヒー豆生産国!ベトナムのカフェ事情とは?
    CULTUREFOOD
  2. shutterstock_358570064 見どころがいっぱいの神秘の国、ペルーの観光スポット
    CULTURESPOT
  3. shutterstock_199165148 強いパワーで良縁を引き寄せたい!京都の縁結びスポット
    CULTURESPOT
  4. shutterstock_200625863 雪国に天国が点在!北海道の温泉
    CULTURETIPS
  5. 305_1_kitakushrine_img1 ここがオススメ!京都市北区の神社3選
    CULTURESPOT
  6. 235_1_southnewyearseve_img1 新しいライフスタイル?南半球で真夏の年越しを
    CULTURETOWN
  7. 303_1_image 関東の超定番! 初詣人気スポット3選
    CULTURESPOT
  8. piedmontwine_img1 イタリアを代表する高級ワインの産地、ピエモンテ州
    FOODTOWN

新着記事