ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > SPOT, TOWN > 美しいフィヨルド沿いにあるノルウェーの首都、オスロの観光スポット

SPOTTOWN

美しいフィヨルド沿いにあるノルウェーの首都、オスロの観光スポット

SPOTTOWN 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_317335589

ノルウェーの首都オスロ。美しいフィヨルド沿いにある人口約60万人の小ぢんまりとした街です。中心部のカールヨハン通りや、ヴィグドイ地区に観光スポットが集中しているので、街歩きがしやすく便利です。

街には美術館や博物館など、じっくり見学できる観光スポットが多くあります。またカールヨハン通りは歩行者天国になっていて、多くのショップやカフェが立ち並んでいるので歩くだけで楽しい通りです。今回は、オスロで絶対外せない主要観光スポットをご紹介します。


ノルウェー最大、国立美術館

ノルウェー最大の美術館であるオスロにある国立美術館は、国内外の美術品を多数所有しています。1836年に、一般の人々に美術への関心を高めてもらう目的で創設されました。彫刻約1900点、絵画約40000点の所蔵を誇り、フランス印象派をはじめ、ヨーロッパ作品が充実しているのが特徴です。

特に、ノルウェーが生んだ天才画家エドヴァルド・ムンクの作品が展示された「ムンクの部屋」は必見で、「叫び」や「思春期」、「マドンナ」などの代表作を見ることができます。


ノルウェー国王の住居、オスロの王宮

1848年にカール・ヨハン14世が完成させたオスロの王宮は、現在もノルウェー国王ハラール5世の住居になっています。

可愛らしい黄色い建物が印象的で、周囲に広がる庭園は一般にも開放されています。平日の昼過ぎには、王宮前での衛兵交代式を見ることもできます。夏季限定で王宮内のガイドツアーも開催されるなど、見どころいっぱいの人気観光スポットです。5月のナショナルデーに行われる、ストールトリエから王宮までの華やかなパレードもおすすめです。


まるで美術館のようなオスロ市庁舎

オスロ市創立900年を記念して、1950年に建立されたオスロ市庁舎。ノルウェーの建築家によるデザインで、高さ66mと63mの2つの塔が特徴的です。

セントラルホールをはじめとする各部屋には、ノルウェーの芸術家による作品が展示されていて、まるで美術館のよう。他にも建物内部の壁に大きく描かれた壁画や装飾、テーブルやカーテンの装飾に至るまでこだわり抜かれた豪華な造りとなっています。

毎年12月には、ノーベル平和賞の授賞式がセントラルホールで行われます。


フィヨルドだけじゃない、オスロの観光スポット

オスロの街は北欧らしい雰囲気に溢れていて、建物も重厚で見応えがあり散歩するだけでも楽しい観光地です。街全体がのんびりとしている印象で、ゆったりと観光を楽しめます。ノルウェーというとフィヨルドなどの大自然ばかりにスポットが当てられますが、オスロ市内には美術館や王宮、市庁舎など見どころがいっぱい。

特に、ノルウェー出身の天才画家ムンクの作品をこんなに数多く見られるのはオスロならでは。ぜひ、オスロでノルウェーの芸術や文化に触れてみてください。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_404820004 不朽の名作「ローマの休日」のロケ地を訪ねてイタリアへ行こう
    SPOTTIPS
  2. shutterstock_257639746 国内に13軒しかないスターバックス・コンセプトストア
    FOODSPOT
  3. shutterstock_310899221 天国のモデルとなった奇跡の景観!?モーリシャス
    SPOTTOWN
  4. shutterstock_221838046 歴史情緒あふれる雅な街、金沢
    CULTURETOWN
  5. image 瀬戸内国際芸術祭も開催 小さな島犬島の魅力
    SPOTTIPS
  6. 294_1_shutterstock_295233833 世界遺産のパワースポット!熊野古道の3つの神社
    SPOT
  7. mezquita_img1-01 モスクと呼ばれる大聖堂、メスキータ
    CULTURESPOT
  8. shutterstock_216993466 子連れ国内旅行で泊まるならここ!子供が喜ぶホテル3選
    SPOTTIPS

新着記事