ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, SPOT > 世界遺産の街パリを彩る美しい歴史的建築物

CULTURESPOT

世界遺産の街パリを彩る美しい歴史的建築物

CULTURESPOT 投稿者: 吉川由美
shutterstock_487629088

『花の都』と称されるフランスの首都、。街全体がひとつの美術作品のようなこの街は、セーヌ川を中心にエスカルゴのような形で20の行政区が並んでいます。19世紀に行われたパリ改造計画によって整備され、近代的な高層建築と長い歴史の中で築かれた歴史的建築物が共存しています。今もなお圧倒的な存在感を放つこれらの歴史的建築物は、第二次世界大戦時に何度も破壊の危機にあいましたが、フランス政府による無防備都市宣言や降伏などによって戦火から逃れ、現在もその壮麗な姿を私たちに見せてくれます。今回は、こうして大切に守られてきた歴史的建築物にスポットを当ててみたいと思います。


ゴシックの名建築「ノートルダム大聖堂」

パリで最も観光客が訪れる場所、それはパリ発祥の地、シテ島に建つノートルダム大聖堂です。聖母マリアを称える目的で、1163年に着工し、以後200年の歳月をかけて完成したフランス初期ゴシック建築の最高傑作と称される教会です。ナポレオンやフランス皇帝の戴冠式が行われるなど重要な行事の場でしたが、1789年のフランス革命時に襲撃にあい、入り口中段の王の像が破壊されるなどの被害を被りました。廃墟となった時期もありましたが、1864年に大規模な修復が施され、往時の華麗な姿を取り戻しました。入り口のファサードの彫刻と復元された像、中世の森をイメージした荘厳な内部と直径13メートルのバラ窓と呼ばれるステンドグラスは必見です。


愛国心の象徴「パリ市庁舎」

セーヌ川を挟んでノートルダム大聖堂の向かいに建つパリ市庁舎も歴史に翻弄された建物のひとつです。1357年に現在の場所に移転し、17世紀に現在の姿になりましたが、フランス革命時にバスティーユ牢獄を襲撃した市民による占拠、1871年にパリ・コミューン(革命政府)支持者から焼き討ちにあうなど数々の災難に見舞われました。1882年に建設当初の姿に再建され、ルネッサンス様式とベル・エポック様式が混在する壮麗な姿が蘇りました。門にはパリの紋章が掲げられ、大時計の下にはフランス国旗が意味する「自由・平等・博愛」の文字が刻まれています。その上を飾るのはフランスの歴史人物136人の像で、この国を創り上げた彼らに対する敬愛の情が込められています。現在も現役なので、内部見学には事前予約が必要です。


音楽と舞踏の殿堂「オペラ・ガルニエ」

パリ改造計画の一環として、皇帝ナポレオン3世の命で造られたオペラ・ガルニエは、コンペで優勝した建築家シャルル・ガルニエの名を冠した世界で最も美しいといわれる劇場です。古典主義とバロック様式が取り入れられ、着工から15年後の1875年に完成しました。大理石とブロンズ、金箔を多用したファサードと同じように内部の装飾も豪華で、大理石の大階段、宮殿と見間違うほどの美しいホール、ガルニエデザインの重さ7トンのブロンズとクリスタルのシャンデリア、それを彩る画家シャガールが描いた「夢の花束」と題する天井画、赤いビロード張りの客席など全てが優雅で、そこにいるだけで夢のような時間が過ごせます。現在はバレエ、小規模オペラ公演、管弦楽コンサートが開催されており、内部見学だけも可能です。


人類が築いた財産

パリの面積は東京の山手線の内側とほぼ同じ。その中に実に数多くの歴史的建築物が佇んでいます。その多くが観光スポットとして名前を連ねる場所で、いかにその数が多いか、ガイドブックの枚数を見れば一目瞭然です。そのひとつひとつには積み重ねられた歴史があります。それにまつわるエピソードやドラマもあります。オペラ・ガルニエで起こったシャンデリア落下事故は小説「オペラ座の怪人」の一場面となり、美しい外観をいつでもすぐ眺めたいという皇帝の望みのまま、オペラ通りには現在も街路樹が1本もありません。長い歴史の中で創り上げられた財産には、人々の悲哀や歓喜、希望などがたくさん詰まっています。パリの街は世界遺産として保護され、これからも私たちに感動をもたらしてくれるでしょう。


この記事の著者
こんにちは!台北在住の専業主婦の吉川です♪ 在住者だからこそ知っている台湾の生情報やお薦めのレストラン、旅行会社に勤務しながら、趣味と実益を兼ねて旅した世界50カ国の都市の見どころや観光ポイントをた~くさんご紹介させていただきます♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_370001969 世界三大カーニバル、カリブ海の楽園・トリニダード・トバゴのカーニ…
    CULTURETREND
  2. 日本から最も近いヨーロッパ  森と湖の国「フィンランド」へ行こう! 日本から最も近いヨーロッパ  森と湖の国「フィンランド」へ行こう…
    SPOTTOWN
  3. shutterstock_189602171 スコットランド北西に浮かぶ美しい島 スカイ島
    SPOTTOWN
  4. ベネチア 「水の都」と名高い運河の街 ベネチア
    SPOTTOWN
  5. shutterstock_322562630 ケルトの自由な魂を感じられる街、ダブリンオススメスポット
    SPOTTOWN
  6. shutterstock_425741380 日本では食べられない?!アメリカで人気のファーストフード店3店を…
    FOODSPOT
  7. shutterstock_239449009 南国を楽しむフィリピンのビーチリゾート3選
    SPOTTIPS
  8. 266_1_train_img1 旅を楽しむための列車に乗ろう!
    CULTURE
ココマチギフト

新着記事