ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > SPOT, TIPS > 南国を楽しむフィリピンのビーチリゾート3選

SPOTTIPS

南国を楽しむフィリピンのビーチリゾート3選

SPOTTIPS 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_239449009

7,100以上もの島々からなるフィリピンは、フィリピン海や南シナ海などの豊かな海に囲まれた国で、美しい風景と美味しい料理やフルーツ、温暖な気候から南国の楽園とも呼ばれています。
リゾート地としての開発も進んでおり、とくにビーチリゾートとなると日本はもとより世界中から人々が集まる一大観光地です。それぞれの島に特色があるフィリピンのビーチリゾートですが、おすすめの3ヶ所をピックアップして紹介していきます。


フィリピン最後の楽園、エルニド諸島

エルニド諸島のエルニドとは、「海燕の巣」を意味する言葉です。フィリピンの数あるビーチリゾートの中でもその美しさは群を抜いており、自然あふれる光景は最後の楽園と絶賛されています。 果てしなく続く青い空、澄んだ海、白い砂浜、神々の彫刻のように海辺にそそり立つ切り立った岩肌、何もかもが理想像として描かれる南国のリゾート地を具現化したようです。忙しい日常とはかけ離れた休日を過ごすには、うってつけの場所といえるでしょう。


日本でも有名なビーチリゾート、セブ島

フィリピンの中央部に位置しているセブ島は南北にのびる細長い島で、広さは4,422平方キロメートルです。中心となる都市はセブ市で、島はメトロ・マニラに次ぐ大都市圏を形成しています。 日本にも名前が知られたフィリピンを代表するビーチリゾートですが、リゾートとしてのメインはセブ島周辺にあるマクタン島になります。マクタン島には国際空港があり、また両島の間には橋が架かっているので、車で行き来することができます。


欧米各国に絶賛されるリゾート、ボラカイ島

4キロメートルもの砂浜が続くボラカイ島は、フィリピン中部にあるパナイ島の北西から海上に2キロメートル行った先にある小さな島です。国際空港がないため、上陸するにはボートで移動しなくてはなりません。最寄りの空港へ行くにも、フィリピン国内での乗り換えが必要になります。 アクセスが不便な島ですが、それを押してでも行きたい魅力がボラカイ島にはあります。欧米各国が口をそろえて称えるビーチリゾート、それがボラカイ島なのです。


気軽に行けるビーチリゾート、フィリピン

フィリピンのビーチリゾート「エルニド諸島」「セブ島」「ボラカイ島」について紹介しました。どのビーチリゾートも、目が覚めるようなターコイズブルーの空とエメラルドグリーンの海、ホワイトパウダーの砂浜に恵まれた、暖かい南の島の楽園です。 フィリピンと日本の時差は1時間程度で、成田からマニラまでは直行便で4時間半から5時間程度の距離しかありません。物価も安く、気軽に楽しめるリゾート地としてフィリピンを選んでみてはいかがでしょうか。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_197523275 生涯忘れられない光景に出会う旅へ
    SPOT
  2. shutterstock_337230158 ロシア帝国の首都だった街、サンクトペテルブルクの観光スポット
    SPOTTOWN
  3. shutterstock_240149893 鎌倉に鎮座する源氏ゆかりの鶴岡八幡宮
    CULTURESPOT
  4. shutterstock_287039243 憧れの海外移住 日本人が住みやすい国はどこ?
    TIPSTOWN
  5. shutterstock_451821697 運動不足のあなたにおすすめ!人気のサイクリングコース
    SPOTTIPS
  6. shutterstock_425741380 日本では食べられない?!アメリカで人気のファーストフード店3店を…
    FOODSPOT
  7. IMG_20161126121608_385106146_medium 水の中にもこんな絶景が!世界の水中写真おすすめスポット
    SPOTTIPS
  8. shutterstock_184856327 サンフランシスコのおすすめ観光スポット
    SPOTTOWN

新着記事