ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, FOOD > 日本人の口に合うおいしさ、伝統的なフィリピン料理

CULTUREFOOD

日本人の口に合うおいしさ、伝統的なフィリピン料理

CULTUREFOOD 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_291804143

中国やスペインの影響を強く受けて発展してきたフィリピン料理。温暖な地域によくみられる、香辛料を多用した辛い料理は一部の地域だけで、たいていは穏やかな味付けが特徴です。そのため、日本人の口によく合うといわれています。主食は米で、豚肉や鶏肉がメインになります。
フィリピンのローカルフードとして有名なものにシシグがありますが、今回は「クリスピーパタ」「タホ」「クウェック・クウェック」について紹介していきます。


ビールによく合う、クリスピーパタ

フィリピン料理では、食材として豚肉が多く使われます。フィエスタやお祝いごとには欠かせない豚の丸焼き「レチョン」がハレの料理だとすると、「クリスピーパタ」はケの料理。日常的に食べられ、フィリピンでも人気の高いグルメです。 豚足をカリカリに揚げて作られるクリスピーパタは、独特の食感や濃い目の味付けがクセになります。特にビールとの相性は抜群です。日本のものよりも味の濃い醤油と、酢をつけて食べるのが一般的です。


豆腐のスイーツ、タホ

タホは豆腐を使ったスイーツで、屋台で売っているのをよく見かけます。タホで使われる豆腐は甘くなく、日本の豆腐によく似ています。のど越しのよいスイーツなので冷やして食べたくなりますが、タホは温かくして食べるグルメです。 黒蜜のシロップをかけて甘くしますが、全体的に味わいはあっさりとしています。しっかりとした味付けが多いフィリピン料理の中では、やさしい味わいといえるでしょう。疲れた胃を休ませるにはちょうどいいかもしれませんね。


気軽に食べられる、クウェック・クウェック

個性的な名前のクウェック・クウェック。ウズラの卵に衣をつけて揚げたもので、見た目はオレンジ色をしています。甘酸っぱいソースをかけて食べるのが定番で、トッピングにきゅうりか玉ねぎのみじん切りを合わせます。油と卵を使っているので腹持ちがよく、小腹がすいた時にもぴったりです。 フィリピンのストリートグルメともいえる料理で、屋台などで売られています。値段は10ペソほどと安いので、気軽に買えるのも人気の秘密です。


まだまだある、フィリピンのローカルフード

フィリピンのローカルフード3品について紹介しました。もちろんフィリピン料理には、ほかにも現地で味わいたいグルメがたくさんあります。 例えば魚介類や肉を使ったスープにシニガンがあります。タマリンドというマメ科の植物を使っており、酸味が特徴です。アドボは鶏肉や豚肉を醤油と酢で煮込む家庭料理で、スペイン料理がベースになっています。とっても奥が深いフィリピンの料理。旅行に行った際はぜひ味わってみてくださいね。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_380803081 色とりどりの風景が楽しめる!春のヨーロッパ
    CULTURETREND
  2. shutterstock_221838046 歴史情緒あふれる雅な街、金沢
    CULTURETOWN
  3. 東京の夏を楽しむ、夏祭り 東京の夏を楽しむ、夏祭り
    CULTURETIPS
  4. shutterstock_408590128 世界遺産「古都奈良の文化財」vol.1
    CULTURESPOT
  5. torinochocolate_img1 チョコレート発祥の地 イタリア・トリノでチョコを食べつくそう
    CULTUREFOOD
  6. image 古代ギリシャの神々の名を持つ神殿群 アグリジェントの神殿の谷
    CULTURESPOT
  7. shutterstock_144503180 シチリアを代表するデザートワイン、ベンリエ
    FOODTIPS
  8. shutterstock_371567041 さまざまな趣向をこらした海外の音楽フェス
    CULTURETREND

新着記事