ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, SPOT > 「中世の宝石箱」ローテンブルクの観光スポット

CULTURESPOT

「中世の宝石箱」ローテンブルクの観光スポット

CULTURESPOT 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_342423356

ドイツ観光の花型ともいえるロマンチック街道と古城街道。その2つの道が交差する場所にある小さな街ローテンブルクは、オレンジ色の三角屋根を持つ家々や入り組んだ石畳の路地など街並みに中世の趣を色濃く残しており、その美しさが「中世の宝石箱」と称されるほど世界的に人気の観光地となっています。今回は数ある観光スポットの中でも特におすすめの「ローテンブルク市庁舎」、「プルンライン」、「中世犯罪博物館」をご紹介します。


中世の街が眼下に広がる ローテンブルク市庁舎

マイスタートゥルンクの仕掛け時計で有名な市議宴会館や聖ゲオルグ噴水など、ローテンブルクの名所が立ち並ぶマルクト広場。ここには、観光スポットとしても名高いローテンブルク市庁舎があります。ルネサンス建築の美しい外観ももちろん素晴らしいのですが、なんといっても見逃せないのは展望台がある鐘塔です。塔内に入ると段差の急な螺旋階段が続き、頂上からは「おとぎの国」と世界から称されるローテンブルクの街並みを堪能することができます。


ローテンブルクならではの街並みが広がるプルンライン

ドイツ語で「小さな場所」という意味を持つプルンライン。プルンラインはその名の通りの小さな広場ですが、ローテンブルクで最も人気のある観光スポットと言っても過言ではないでしょう。昔ながらの木組みの家や塔が連なり、中世の趣が感じられる鉄製の看板がそこかしこに掲げられた街並みは、まさしく童話や絵本の中に入り込んでしまったかのよう。ガイドブックやポストカードなどでも、よくこのプルンラインの風景が使用されています。


拷問道具の展示が迫力満点 中世犯罪博物館

可愛らしい街並みが魅力のローテンブルクには、歴史が持つもうひとつの顔を私たちにつきつけるような観光スポットがあります。マルクト広場ほど近くにある中世犯罪博物館はドイツ唯一の法・犯罪を扱う博物館で、中には実際に使用されていた拷問の道具がずらりと並んでいます。人形の内部に無数の棘を隠し持つ「鋼鉄の処女(アイアンメイデン)」は特に有名。目を背けたくなるようなこれらの道具も、中世の人々の暮らしを今に伝え未来に教訓を残す重要な資料なのです。


探索の楽しみには事欠かないローテンブルク

ローテンブルクには、今回紹介した3つのほかにも中世の趣あふれる観光スポットがたくさんあります。700年以上もの歴史を持つ見事なステンドグラスや、荘厳な「十二使徒の祭壇」を見ることができる聖ヤコブ教会、議員宴会館にあるマイスタートゥルンクの仕掛け時計、クリスマスグッズ専門店の老舗「ケーテ・ウォルファルト」は特に有名です。雑貨屋やお土産屋、お菓子屋など可愛らしい店もあちこちにあるので、ゆっくりと探索を楽しんでください。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. 237_1_christmasmarket_img1 聖夜へ向けて心躍る、ドイツのクリスマスマーケット
    CULTURETREND
  2. 東京の夏を楽しむ、夏祭り 東京の夏を楽しむ、夏祭り
    CULTURETIPS
  3. 20150809-00000004-wordleafv-124acc23e9cf0958ef6328bb3c4363d3b-1 宮城の気候風土の恩恵を受け育まれた伝統工芸品
    CULTURESHOPPING
  4. shutterstock_244856098 おとぎ話の世界が広がる東欧で是非行きたい観光地3選
    SPOTTIPS
  5. shutterstock_459857785 海の中はパラダイス!一度は潜ってみたい世界の人気ダイビングスポッ…
    SPOTTIPS
  6. rinpa1 琳派400年 「琳派 京(みやこ)を彩る」
    CULTURETREND
  7. shutterstock_168983108 古典派の巨匠ハイドンの街 アイゼンシュタット
    SPOTTOWN
  8. andalucia2_img1-01 西欧とイスラムの文化がベストミックスされたアンダルシア
    CULTURETOWN
ココマチギフト

新着記事