ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, FOOD > 知られざるロシアの魅力。ロシア伝統料理の特徴は?

CULTUREFOOD

知られざるロシアの魅力。ロシア伝統料理の特徴は?

CULTUREFOOD 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_202031725

日本ではまだまだ閉鎖的なイメージがある「近くて遠い国ロシア」。なじみが薄い国であるため、その魅力は未知数。料理もまた然りで、実は日本人好みの伝統料理が多いことはあまり知られていません。ロシアの伝統料理の特徴は、寒冷地であるがゆえ、体が温まる煮込み料理やスープの種類も豊富であること。また、味付けは塩・胡椒が主流で、あっさり味を好む日本人の口にもよく合います。今回はそんなロシアの代表的な伝統料理をご紹介します。


日本でも人気!ロシアの調理パン「ピロシキ」

ピロシキはロシアの調理パンで、もっとも日本人に親しまれているロシアの家庭料理でしょう。パン生地やパイ生地で、調理したひき肉・きのこ・野菜などの具を包み、揚げる、もしくは焼くパンで、各家庭によって中身の具は異なります。ロシアでは通常、朝食の前菜、スープへの付け合わせ、ティータイムに食べます。ロシアの街中には屋台が出るほど一般的で、リンゴの甘煮を詰めたデザート風の甘いピロシキも含め、いろいろな種類のピロシキが楽しめます。


真っ赤な色が食欲をそそる、ロシア料理の代表格、「ボルシチ」

ロシアを代表する伝統料理、「ボルシチ」は赤い色が鮮やかなビーツのスープ。赤色の元となっているビーツは食物繊維、ビタミン、ミネラルが豊富で栄養価が高い根菜です。ボルシチは、そのビーツをはじめ、タマネギ、ニンジン、キャベツ、肉類など、たくさんの具材を煮込んで作るので栄養満点。スープといえど満腹になります。コクを加えたい時はロシアのサワークリーム、スメタナを乗せるのがおすすめ。寒い時期は温めて、夏は冷やして、年中美味しくいただけます。


食べ方いろいろ、ロシアのクレープ「ブリヌイ」

「ブリヌイ」は朝食、昼食、軽食として一般的なロシア風のクレープ。クレープよりも少し厚めのモチモチした生地で、チーズ、ハム、イクラ、サーモンなどを包んで食事として、または、ジャム、チョコレート、アイスクリームなどを添えてパンケーキのようにデザートとしていただきます。具材を振りかけたり、のせたり、挟んで焼いたりとその食べ方もさまざま。ブリヌイ専門のファストフード店もあるので、ロシアに行ったら口にしてみてはいかがでしょう。


極寒の地で生まれた栄養価の高いロシアの伝統料理で芯から温まろう

いかがでしたか。今回ご紹介した「ピロシキ」、「ボルシチ」、「ブリヌイ」のほかにも、小麦と卵を練った生地でひき肉を包んだロシア風水餃子「ペリメニ」、細切りの牛肉を煮込んだシチューの一種「ビーフストロガノフ」などもロシアの伝統料理として有名です。どれもシンプルな味付けで、日本人の口にもよく合います。また、厳しい寒さをしのぐために栄養価が高いのもロシア料理の特徴。身体を芯から温めてくれるロシア料理は、寒い季節には特におすすめです。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_131211083 日本人の口に合う、台湾料理をめぐる旅はいかが
    CULTUREFOOD
  2. shutterstock_275902178 中世の香り漂うアウグスブルク観光を楽しもう
    CULTURETOWN
  3. shutterstock_341049068 雄大な自然が育む、新潟の日本酒
    FOODSHOPPING
  4. 284_1_shutterstock_251453653 アートの宝庫パリの超定番美術館3選
    CULTURESPOT
  5. fukuoka_b-gourmet_img1 これぞ地元の味!福岡のB級グルメ
    FOODTIPS
  6. shutterstock_252534052 世界遺産「古都奈良の文化財」vol.2
    CULTURESPOT
  7. ポルトガル料理 日本人の口に合うと評判!人気のポルトガルグルメ3選
    CULTUREFOOD
  8. shutterstock_322862648 コペンハーゲンにある世界最古の遊園地、チボリ公園
    CULTURESPOT
ココマチギフト

新着記事