ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > SPOT, TOWN > 世界遺産と音楽の街、ザルツブルク

SPOTTOWN

世界遺産と音楽の街、ザルツブルク

SPOTTOWN 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_411842389

オーストリアのほぼ中央部に位置する都市ザルツブルクは、その旧市街が世界遺産にも登録されている風光明媚な街です。また、偉大な音楽家モーツァルトの生誕の地でもあり、音楽の町としてもよく知られています。そのため、世界中から訪れる人々がこの街の観光を楽しみ、美しさを称えるほど。今回はそんなザルツブルクの観光スポットの中から特に、ミラベル庭園、ヘルブルン宮殿、ホーエンザルツブルク城の3ヶ所に絞ってご紹介していきます。


ギリシャの神々が住まう、ミラベル庭園

市内を流れるザルツァッハ川の右岸地域には、17世紀初頭に当時の大司教によって建てられたミラベル宮殿があります。現在宮殿は役所として使われているため入ることはできませんが、17世紀末に著名な建築家によって築かれたミラベル庭園は、映画『サウンド・オブ・ミュージック』の舞台となったことでもよく知られています。シンメトリーな造りの庭に噴水や石造りの野外ステージ、ギリシャ神話の神々の彫刻などが配されている美しい庭園です。


仕掛け噴水に驚く!ヘルブルン宮殿

マニエリスム建築様式で建てられたヘルブルン宮殿は、17世紀初頭にザルツブルク大司教によって建てられました。宮殿自体は現在博物館となっていて、そのいっぷう変わった展示物が人気を博しています。しかしヘルブルン宮殿の1番の見どころは、なんといってもバロック様式の庭園に備えられている仕掛け噴水。これはガイドツアーに参加しなければ見ることができないので、ぜひ申込しましょう。容赦なく水をかけられるので、濡れてもいいように準備をお忘れなく。


完全保存されている城塞、ホーエンザルツブルク城

ホーエンザルツブルク城の歴史は古く、その起源は11世紀にまでさかぼることができます。1077年に大司教が創建し、16世紀に大幅に改築・拡張されて現在の形となりました。当時の姿を完全に残している城塞として、世界遺産「ザルツブルク市街の歴史地区」の一部としても登録されています。これまで城塞、大司教の住まい、兵舎、牢屋などさまざまな用途で使われてきましたが、現在は一般公開されており、そのテラスから眺めるザルツブルクの街並みは格別だといわれます。


カリスマ性のあふれる街、ザルツブルクを歩こう

ザルツブルクの観光スポットについて、ミラベル庭園、ヘルブルン宮殿、ホーエンザルツブルク城の3ヶ所をご紹介しました。ザルツブルクは宮殿やそれに付随する庭園が多く残り、また大司教の住居や大聖堂などの宗教施設、博物館や美術館などの文化施設もたくさん建ち並んでいて、見るべき観光スポットには困ることがありません。自然と文化遺産の調和や歴史を感じながら、このカリスマ性あふれる街を存分に観光してみてはいかがでしょうか。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. IMG_20161123112606_289286849_medium インドでのボランティアの拠点、マザーハウス・インド
    SPOTTIPS
  2. 286_1_shutterstock_144800368 散策ついでに立ち寄ろう 井の頭公園内にあるカフェ
    FOODSPOT
  3. shutterstock_337230158 ロシア帝国の首都だった街、サンクトペテルブルクの観光スポット
    SPOTTOWN
  4. shutterstock_261270473 人類の叡知の結集 世界三大美術館の旅
    CULTURESPOTTIPS
  5. shutterstock_452278573 お茶の産地、中国福建省は観光スポットもいっぱい!
    SPOTTOWN
  6. shutterstock_167952836 神々が宿る聖地「アンコールワット」
    CULTURESPOT
  7. shutterstock_491415763 都内で味わえるレトロ!昔ながらの銭湯3選
    CULTURESPOT
  8. europe_citycoupon1 ヨーロッパの都市の割引カードを上手に使っておトクに旅しよう
    TIPSTOWN

新着記事