ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, SPOT > 日本にも熱烈なファンが多い「三国志」の史跡を巡ろう!

CULTURESPOT

日本にも熱烈なファンが多い「三国志」の史跡を巡ろう!

CULTURESPOT 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_181632059

時は2世紀末、日本が弥生時代と呼ばれていた頃、お隣中国で起きていた戦乱の様子を描いたのが歴史書「」です。正史である「」にフィクションや物語性を加えた小説「三国志演義」は、日本でも数々の漫画や小説となり、一気にファンが増えました。今や本場中国よりも日本の方が、熱狂的ファンが多いと言われるほど。中国旅行ではわざわざ三国志ゆかりの地を巡る人も多くいるのです。今回はそんな三国志にまつわる史跡について、ご紹介していきます。


三国志随一の見せ場、赤壁の古戦場跡

曹操軍と、劉備・孫権の連合軍がぶつかった「赤壁の戦い」は、三国志でも屈指の盛り上がりを見せる一場面です。孫権軍の周瑜の作戦が功を奏して見事曹操の大群を打ち破る様子は映画にもなりました。三国志演義では諸葛亮が東南の風を吹かせて火計を成功させるなどフィクションの要素も多く、おもしろさを深めています。中国では赤壁の古戦場跡と呼ばれる場所が複数伝わっていて、湖北省赤壁市の長江南岸もそのひとつですが、そこには周瑜の石像が建てられています。


三国志随一の悲壮な場面が展開した地、白帝城

中国の重慶にある白帝城は険しい山の上に建つ、古来軍事の要衝とされてきた城です。蜀の劉備が義兄弟である関羽の仇をとるべく呉に戦を仕掛け、東陵の戦いで敗退し命からがら戻ってきたのがこの白帝城でした。この後劉備は病気で伏せってしまうようになり、諸葛亮に息子と国を託してこの世を去ります。城の中にある白帝廟には、劉備や関羽、張飛、諸葛亮の塑像が飾られていて、三国志ファンならぜひ見ておきたいスポットとなっています。


三国志随一にして最大のライバル対決の場!五丈原の戦い

三国志もいよいよクライマックス。劉備の息子劉禅、曹操の息子曹丕、それぞれの軍師でありライバル同士でもある諸葛亮と司馬懿がぶつかるのが五丈原の戦いです。この戦いの途中で諸葛亮は命を落としますが、司馬懿にそれを気付かせないための作戦がまた見事。三国志最後の見せ場です。五丈原は西安への旅行でオプショナルツアーなどを利用すると行きやすいでしょう。五丈原の北端には元の時代に建てられた諸葛廟があり、諸葛亮の塑像が安置されています。


たくさんの三国志史跡を訪ねて、英雄たちを偲ぼう

日本人に三国志ファンが多い理由は、諸葛亮の劉備への揺るぎない忠誠心が日本人の心にとても響くからだとする説があるそうです。たしかに日本には諸葛亮ファンが多いですね。他の人物が「姓+名」で表記される中、諸葛亮だけは「諸葛孔明」と字(あざな)で親しまれているのも、彼の人生に共感するものが日本人にあるからなのかもしれません。三国時代は中国の長い歴史の中でほんの一時ですが、ぜひ史跡を訪ねながら、遠い昔の英傑たちに思いを馳せてみてください。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_424249798 休日が1日あれば行ける、東京からの日帰り旅行おすすめスポット
    SPOTTIPS
  2. shutterstock_438070552 日本国内の、一人旅にオススメ観光地
    SPOTTIPS
  3. shutterstock_391904392 アメリカで1番住みたい街!ポートランドを訪れよう
    SPOTTOWN
  4. munner1 お水がタダ!? 訪日外国人が驚く日本の「食事にまつわる文化」
    CULTUREFOOD
  5. shutterstock_170760092 こんなにあった!本を読むだけが目的でない、お洒落な図書館
    SPOTTREND
  6. image パーティーアイランドとして名高い、スペインイビザ島
    SPOTTREND
  7. shutterstock_425741380 日本では食べられない?!アメリカで人気のファーストフード店3店を…
    FOODSPOT
  8. shutterstock_360747029 地元の人に愛され続ける福岡の郷土料理3選
    CULTUREFOOD
ココマチギフト

新着記事