ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, TREND > 瀬戸内海の自然と現代アートの融合 瀬戸内国際芸術祭

CULTURETREND

瀬戸内海の自然と現代アートの融合 瀬戸内国際芸術祭

CULTURETREND 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_474151468

瀬戸内国際芸術祭は、3年に1度開かれる大規模な現代アートの祭典です。瀬戸内海に浮かぶ12の島々、そして2つの港を舞台にさまざまな作品展示やイベントが行なわれる瀬戸内国際芸術祭は2010年から始まり、2016年は3回目の開催となります。会期は春・夏・秋の3シーズン合わせて108日間。開催地となる島々へは岡山県や香川県の各港からフェリーで向かい、島内では徒歩、またはバスやレンタサイクルなどの交通手段を利用します。


展示場所は、人々が暮らす島そのもの

瀬戸内国際芸術祭の特徴は、主な展示場所が実際に使われていた古い家屋であったり、風が吹き抜ける屋外であったりすることです。直島や豊島、小豆島など、瀬戸内海に浮かぶ島々の表情豊かな自然や、そこに生きる人々の暮らしや文化・歴史とアートが見事に調和しています。これは、高齢化や過疎化という問題を抱えた島々が新たな可能性を世界へ発信するというコンセプトによるもの。数々の作品を楽しむことで、この島が持つ魅力を再発見できるのです。


芸術祭を楽しむのなら絶対おすすめ 作品鑑賞パスポート

瀬戸内国際芸術祭を隅々まで楽しみたいのなら作品鑑賞パスポートを購入することをおすすめします。一般5000円、高校生は3500円で購入できるパスポートには総額28340円分の鑑賞料が含まれており、しかも春・夏・秋全てのシーズンで利用できるので断然お得です。パスポートはコンビニや旅行代理店などで購入できます。販売窓口の詳細、また追加料金が必要な作品などについての情報は、公式ホームページで事前に確認しておくとよいでしょう。


開催地へはフェリーを効率的に利用しよう

瀬戸内国際芸術祭は、瀬戸内海に浮かぶ島々という広大な地域が舞台となっています。そのため、アクセス方法も目的の島によって異なります。小豆島や直島、豊島などの東の島々へは香川県の高松港や岡山県の宇野港を拠点として巡り、佐柳島や高見島などの西の島々へは香川県西部に点在する幾つかの港を利用するのが一般的です。また、各島への移動は瀬戸内国際芸術祭期間限定で発売されるフェリー乗り放題3日間乗船券を利用するのがおすすめです。


瀬戸内海から世界へ 瀬戸内国際芸術祭

青く豊かな瀬戸内海が育んだ自然と、そこに生きる人々。積み重ねてきた歴史と、日々の暮らし。そんな風景の中に溶け込んだ光や映像、建築などのアートの数々は、私たちに新鮮な驚きをもたらしてくれます。過去と現在が交じり合い、未来の新たな姿を紡ぐ瀬戸内国際芸術祭は、日本のみならず世界の各地域に希望と新たな可能性を示唆する重要な役割を果たしています。ぜひ瀬戸内国際芸術祭に足を運んで、島々が持つ魅力を体感してくださいね。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. aquarium1 日本中が感動した”アートアクアリウム”が この秋も、京都の夜を艶…
    TREND
  2. shutterstock_254957338 夫婦岩が海に映える二見興玉神社|神のやしろを想う 神社紀行
    CULTURESPOT
  3. IMG_20161127112950_85047991_medium 新しいグルメをいち早く味わえる日本初出店の店
    FOODTREND
  4. モナコの象徴ともいえるカジノ カジノ・ド・モンテカルロ モナコの象徴ともいえるカジノ カジノ・ド・モンテカルロ
    CULTURETIPS
  5. shutterstock_212048806 映画大国アメリカのテーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・ハリウッ…
    TIPSTREND
  6. 308_1_image 実は名所がたくさん!東京都内の古刹
    CULTURESPOT
  7. ポルトガル料理 日本人の口に合うと評判!人気のポルトガルグルメ3選
    CULTUREFOOD
  8. shutterstock_114948508 バラエティ豊かな魅力にあふれる街、上海の観光
    SPOTTREND

新着記事