ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, SPOT > 上海観光のハイライト!異国情緒漂う外灘の歴史的建築物めぐり

CULTURESPOT

上海観光のハイライト!異国情緒漂う外灘の歴史的建築物めぐり

CULTURESPOT 投稿者: 吉川由美
上海外灘

中国有数の大都市、。アヘン戦争の敗北で締結された1842年の南京条約で開港され、以来、歴史に翻弄されながらも日々、目覚ましい発展を続けています。中央を流れる黄浦江の東側の浦東地区には、中国の繁栄をそのまま投影したような近代的な超高層ビル群が林立し、かつて上海の中心だった西側の外灘地区には1920年代から30年代に各国商人や金融機関によって建てられた西洋式高層建築が建ち並んでいます。黃浦江西岸の中山東一路沿い、全長1.1kmほどの外灘地区は当時『バンド』と呼ばれ、イギリス、フランス、日本やアメリカなどの列強各国が外国人居留地を造り、行政自治権や治外法権をもつ租界が形成された場所です。上海にありながら欧州のような雰囲気が漂う外灘は、豫園と並ぶ上海観光のハイライトとなっています。


スエズ以東最高の建築「旧匯豊銀行上海分行」

外灘の建築物は、1940年代以降に中国が開放された後も壊されることなく利用され、独特の存在感を醸し出しています。その代表格は、現在、上海浦東発展銀行となっている「匯豊銀行上海支店(香港上海銀行上海分行)」で、銀行としての権威を示すため、建築資材のほとんどは海外から調達され、壁面も床も大理石で覆われるなど費用に糸目をつけず建てられました。白亜のドームを持つ美しい建物は1923年の竣工当時、スエズ以東最高の建築と称賛されるほどで、その後、上海市政府に譲渡され、市政府移転後に現在の姿に改修されました。その際、八角形のホール天井部分から50年代に塗り隠された彩色モザイク壁画が発見されました。1923年当時支店があった香港、上海、バンコク、カルカッタ、ロンドン、パリ、ニューヨーク、東京の8都市の風景が蘇り、それから当時の様子を知ることができます。


今も時を告げる大きな時計塔が目印「旧江海関大楼」

「旧匯豊銀行上海分行」の隣に建ち、姉妹楼と呼ばれる「旧江海関大楼」は、黄浦江を通過する船舶からの徴税を行う税関だったところです。1857年現在地に建設され3代目となる現在の建物は1927年の竣工で、正門玄関にはギリシャのドーリア式円柱が建ち、古典主義の様式を取り入れた近代建築として高い評価を受けています。外灘のシンボル的存在となっている屋頂の鐘楼はイギリスのビッグベン、ロシアのクレムリンに次ぐ大きさで、1928年1月1日1時にイギリスから運ばれた直径5.3メートルの大時計が第一声を告げました。時報の曲は建立時はロンドンのウェストミンスターの鐘の音でしたが、後に中国人なら誰もが知っている東方紅の音楽に変更され、現在も毎日音色を奏でています。


上海最初の鉄筋コンクリート建築「旧露清銀行上海支店」

露清銀行は1895年創立の帝政ロシアの銀行で、翌年上海支店が設立されて営業を始め、1901年に外灘15号の現在地に移りました。ドイツ人建築士の設計で上海で初めて鉄筋コンクリート製を採用。イオニア式の円柱で装飾され、外壁は下部にレンガ、その上に御影石を使った優雅な新古典主義建築となっています。大理石でできた階段や回廊、巨大なステンドグラスなど内部装飾などからも当時の繁栄ぶりがうかがえます。1917年のロシア革命以降は本店をパリに移して業務を続けていましたが、1926年に倒産し上海支店も閉鎖されました。その後、国民党政府の国家銀行として1928年創設された中央銀行が引き継ぎ、1994年から中国外匯交易中心となって外国為替業務を行っています。


上海の中にある異国

租界の玄関口だった外灘を彩るこれらの壮麗な建物群は、1996年に「外灘風景区」として全国重点文物保護単位の指定を受け、中国の重要文化財になっています。黄浦江沿いの遊歩道やその下の歩道からは一直線に並ぶ建物が見渡せ、「東洋のパリ」「東方のウォール街」と称された在りし日の面影を見ることができます。対岸に目をやると、浦東新地区の摩天楼が黃浦江に浮かんで見え、上海の今昔、新旧を象徴する光景が同じ視界に入ります。時間とともに異なったシルエットが臨めるのも楽しみのひとつで、早朝は朝日に輝き、昼は人と車であふれ、夜はきらびやかな照明を浴びてきらめきます。上海で最も幻想的で、最も異国情緒を感じる場所、それが外灘です。


この記事の著者
こんにちは!台北在住の専業主婦の吉川です♪ 在住者だからこそ知っている台湾の生情報やお薦めのレストラン、旅行会社に勤務しながら、趣味と実益を兼ねて旅した世界50カ国の都市の見どころや観光ポイントをた~くさんご紹介させていただきます♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. uzushio_img1-01 名勝鳴門のうず潮!うずうずしちゃう魅力満載♪
    SPOT
  2. shutterstock_317831516 2つの民族に分断された島、キプロス
    CULTURESPOT
  3. onsen_img1 温泉大国台湾で、湯めぐりも景観も堪能しよう
    CULTURETIPS
  4. shutterstock_420078775 暑い夏を乗り切るための韓国の文化「以熱治熱」
    CULTUREFOOD
  5. shutterstock_409943347 バイエルン王国の遺産が数多く遺る街 ミュンヘン
    CULTURESPOT
  6. shutterstock_371567041 さまざまな趣向をこらした海外の音楽フェス
    CULTURETREND
  7. shutterstock_404820004 不朽の名作「ローマの休日」のロケ地を訪ねてイタリアへ行こう
    SPOTTIPS
  8. shutterstock_382968685 厳しい暑さをのり切ろう!関西のおすすめひんやり観光スポット
    SPOTTIPS
ココマチギフト

新着記事