ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, TOWN > 新しいライフスタイル?南半球で真夏の年越しを

CULTURETOWN

新しいライフスタイル?南半球で真夏の年越しを

CULTURETOWN 投稿者: ココマチ編集部
235_1_southnewyearseve_img1

日本で年越しというと、寒い冬に除夜の鐘を聞きながら厳かに新年を迎えるというのが伝統的なスタイルですが、最近ではリゾート地やイベント会場などでカウントダウンイベントを楽しみながらの年越しも、若い世代を中心に一般的になってきました。外国でも様々な年越しスタイルがあり、旅行先で新年を迎えるというのも魅力的です。
中でも南半球は夏の暑い時期に年越しを迎えるため、日本とは全く違う雰囲気の中での年越しを味わうことができます。南半球のカウントダウンは、多くが派手な演出と賑やかな雰囲気の中行われるのが特徴です。そんな南半球の中でも、特にカウントダウンイベントが世界的に有名なオーストラリアのシドニー、チリのバルパライソ、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロにスポットを当てて、各地のカウントダウンイベントをご紹介します。


迫力の花火が世界的に有名な、シドニーのカウントダウン

オーストラリアのカウントダウンイベントの中で、世界的に有名なのはなんといってもシドニーです。大晦日の夜は、シドニー湾やハーバーブリッジのライトアップや、船が湾内を行きかうライトパレードを楽しむことが出来ます。そして、最大の見所がカウントダウンにハーバーブリッジやオペラハウスで打ち上げられる迫力の花火です。年が明けると同時に、10分間にわたって7か所から同時に打ち上げ続けられる花火は圧巻です。 ビュースポットはいろいろな場所がありますが、一番人気はオペラハウスの会場です。オペラハウスの頭上に上がる迫力満点の花火を楽しめます。 イベントは楽しいのですが帰りの渋滞がすごいので、注意が必要です。徒歩圏のホテルにするのがベストですが、公共交通を使う場合は早めに会場を出るか、しばらく残って周りの人々と新年を祝うのもいいでしょう。


南米最大規模の花火大会、バルパライソ

チリのバルパライソは、街の風景に特徴があります。パステルカラーの家が並び、特に「青空美術館」の地区には建物の壁面や階段に様々なアートが描かれています。坂が多く、登り切った高台からは海を見渡すことができます。街並みは全体が世界遺産に登録されています。 大晦日には、カウントダウンイベントとして南米一といわれる花火大会が開催されます。バルパライソ、ビニャ・デル・マル、コンコンの3つの地域が協力し、2014年は18か所から4万5先発もの花火が上がりました。このイベントに地元の人々はもちろん世界中から観光客が集まり200万人規模になります。バルパライソはビーチ沿いに7か所以上で花火が上がるため、大混雑することがなく観客は思い思いの場所でカウントダウンを楽しみます。日中は世界遺産の街を観光し、夜は南米の雰囲気の中、新年を迎えることができます。


リオ・デ・ジャネイロの年越しイベント、レヴェヨン

ブラジルのリオ・デ・ジャネイロはサンパウロに次ぐブラジル第2の都市です。 リオというと2月に行われるリオのカーニバルが有名ですが、年末はレヴェヨンと呼ばれる有名な年越しイベントがあり、特にコパカバーナの花火大会が人気です。特設ステージでは、無料の年越しライブが行われ、陽気なブラジル人達は踊りながら大晦日イベントを楽しみます。このライブはカウントダウンを挟んで新年まで続きます。夜遅くなるにつれ長く広いビーチは人で溢れかえり、200万人もの観客が押し寄せます。ブラジルの習慣で新年を迎える時に白い服を着るというものがあり、全身白い服の人々も多くいます。 カウントダウンでは、2~3kmもあるビーチ一面に大量の花火が打ちあがります。10分以上も続く花火は圧倒的なスケールを誇ります。花火が終わっても、さらに新年を祝いながら賑やかなイベントが続きます。


盛大な花火を見ながらのカウントダウン

オーストラリアのシドニー、チリのバルパライソ、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロのカウントダウンをご紹介しました。同じ南半球でも、国によってイベントの雰囲気や伝統的習慣は様々です。ですが、暖かい国は陽気な人が多いといわれるように、どのイベントも大盛りあがりの中カウントダウンが行われます。 また、花火大会が盛大に行われるのも共通の特徴です。花火といっても日本の夏祭りで見られるような、少しずつ楽しむものではなく数分間ずっと花火が上がり続ける様子は、また違った魅力があり一見の価値があります。また、イベント会場では地元の人も観光客も一体となってお祝いをするので、普段の旅行にはない触れ合いを体験することができます。日本の伝統的な年越しも素敵ですが、一度は派手なパフォーマンスと盛り上がりの中で迎える新年を体験してみてはいかがでしょうか。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. IMG_20161122154127_456018187_medium パリに魅了された芸術家たちの故郷 モンマルトル
    SPOTTOWN
  2. railroad_img1 長距離移動が多いイタリア 正しい鉄道の乗り方
    TIPSTOWN
  3. shutterstock_299482721 悠久の歴史を今に伝える南仏プロヴァンスの小さな街3選
    TOWN
  4. nystandard_img1 まずはどこへ行く?ニューヨークの超定番スポット
    SPOTTOWN
  5. shutterstock_294527597 どこへ行こう?ケルンで人気の観光スポット
    SPOTTOWN
  6. 世界で一番暑い国 ジブチ共和国の生活とは? 世界で一番暑い国 ジブチ共和国の生活とは?
    TIPSTOWN
  7. shutterstock_438532240 日本の風土に調和した工芸品を多く持つ香川県
    CULTURESHOPPING
  8. shutterstock_380574628 童話で動物たちが目指した憧れの街!ブレーメン
    SPOTTOWN

新着記事