ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > SPOT, TIPS > 異文化が融合する地上の楽園タヒチの観光スポット

SPOTTIPS

異文化が融合する地上の楽園タヒチの観光スポット

SPOTTIPS 投稿者: ココマチ編集部
異文化が融合する地上の楽園タヒチの観光スポット

フランス領ポリネシア最大の島、。大タヒチと小タヒチのふたつの島がひょうたんのように連なるこの島は、世界有数のリゾート地のひとつです。年間平均気温27度、一年を通して貿易風が吹く穏やかな気候は、まさに地上の楽園。美しい海でマリンスポーツに挑戦したり、フランス文化の影響を強く受けた街を散策したりとバカンスを満喫できます。とはいえタヒチの魅力はそれだけではありません。今日はタヒチに行くならぜひ訪れたいタヒチの観光スポットをご紹介します。


先住民の残した貴重な神殿アラフラフのマラエ

マラエとは先住民のポリネシアンにより、かつて土着信仰の神殿として使用されていた神聖な場所です。タヒチ島内に無数にあるマラエの中でも「アラフラフのマラエ」は規模も大きく、現在も美しいままその姿を残しています。毎年7月には「ヘイヴァ・イ・タヒチ」というお祭りが催され、多くの観光客で賑わうようです。普段はひっそりとした神殿で、2体のティキ石像が出迎えてくれるアラフラフのマラエ。ティキ石像の穏やかなお顔を眺めていると心がほっと落ち着きます。


タヒチを愛した天才画家ポール・ゴーギャン博物館

画家のポール・ゴーギャンもタヒチの美しさに魅せられた人物の一人です。タヒチを愛し、晩年を過ごした彼は、タヒチの自然やそこに暮らす人々を描いた作品を数多く残しています。そのポール・ゴーギャンの作品を多く取りそろえている博物館が、「ポール・ゴーギャン博物館」。作品は残念ながら模造品が多いのですが、作品と共に彼の歴史を綴ったパネルや、タヒチのアトリエを再現したコーナーなどもあり、ゴーギャンの人生に思いを馳せることができます。


初心者も安心!パパラでサーフ天国

サーフィン発祥の地と言われているタヒチ。多くのサーファーにとってタヒチは憧れの地です。エキスパート向けの大きな波が魅力のタヒチですが、初心者にもおすすめのポイントがあります。それが、タヒチ島南側のサーフポイント「パパラ」。玉砂利と黒砂が混じり合った河口のビーチブレイクで、ビーチも広く駐車場やシャワーも完備。ベストシーズンの5月から10月には多くのサーファーが訪れるパパラ。ぜひ足を運んで本場の波に乗ってみてはいかがでしょう?


海以外にも見どころ満載!タヒチの観光スポット

タヒチを訪れたならぜひ訪れたい観光スポットをご紹介しました。ポリネシアンの伝統を知ることができるアラフラフのマラエ。フランス文化やアートを感じるポール・ゴーギャン博物館。そしてパパラでのサーフィンなど、いずれも歴史あふれるタヒチの観光スポットです。それ以外にも言語や料理など独特のタヒチ文化を知る機会はたくさんあります。また青い海と大自然に癒されるのもタヒチ旅行の醍醐味。みなさんも地上の楽園タヒチでバカンスを満喫してくださいね。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_349878638 島全体がレジャースポット、シンガポールのセントーサ島
    SPOTTIPS
  2. DSC00519[1] 宮﨑駿の「えどまる」が目じるし。江戸東京たてもの園は、三世代で楽…
    SPOTTIPS
  3. nystandard_img1 まずはどこへ行く?ニューヨークの超定番スポット
    SPOTTOWN
  4. shutterstock_466310186 全国各地に存在するとなりのトトロゆかりの地
    SPOTTIPS
  5. shutterstock_409078021 ドイツ西部の都市、デュッセルドルフ
    SPOTTOWN
  6. shutterstock_384485485 堪能しよう!長崎のおすすめグルメ
    FOODTIPS
  7. shutterstock_337230158 ロシア帝国の首都だった街、サンクトペテルブルクの観光スポット
    SPOTTOWN
  8. 82-1[1] 日本三大パワースポットのひとつ、能登半島珠洲岬
    SPOTTIPS
ココマチギフト

新着記事