ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > FOOD, TIPS > 旅先でもきっと役立つ!台北での台湾茶の楽しみ方。

FOODTIPS

旅先でもきっと役立つ!台北での台湾茶の楽しみ方。

FOODTIPS 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_25201540

台湾は知る人ぞ知るお茶の宝庫です。

生産地や発酵度、製法が異なるさまざまな種類のお茶が揃い、栽培から製茶に至る品質管理のクオリティも高いため、本場ならではのおいしいお茶を飲むことができます。

台湾茶は日本茶とは味も製法も異なります。茶葉は摘み取られた後、どんどん酸化、発酵していき、その発酵を抑えるため、日本茶は蒸して味を出し旨味を味わいますが、台湾茶は炒ることによって香りを引き立たせ、香りを楽しむことを主としています。

それぞれに深い味わいがある台湾茶。まずは茶葉を知ることがその一歩です。

代表的な台湾茶をご紹介しましょう。

阿里山高山茶

標高の高い嘉義県の阿里山一帯で栽培され、産地も広く味も多様です。茶葉の採れる場所が高いほど香りもよく、清涼感も増します。深緑色で揉捻して固く巻かれた茶葉で、花のような香りと甘みがあります。

凍頂烏龍茶

南投県の鹿谷郷凍頂山が発祥の台湾を代表する烏龍茶です。揉捻された茶葉から出るまろやかでコクのある味には豊かな余韻が感じられます。ミルクのような香りがする金萱種や青みのある香りの四季春種、翠玉種などの改良品種も人気です。

文山包種茶

北部の文山産で、紙に包んで出荷されていたことからこう呼ばれています。発酵度が低く、最も緑茶に近い風味で、「清香」と表現される清々しく透明感ある味わいが特徴です。

木柵鉄観音

台北近郊の木柵産で、強めの焙煎により茶葉は黒くつやがあります。香ばしくキレのある味わいが特徴で、少し濃く入れるのがコツです。

白毫烏龍茶

東方美人、五色茶という別名を持ち、5色の茶葉が混じり合っています。夏のみの生産で、毎年6~7月にウンカという虫に樹液を吸われた茶葉を摘んで製茶されます。この栽培法は台湾独自のもので、それによって蜜のように甘くかぐわしい香りがもたらされます。紅茶に近い味わいで無農薬茶としても人気があります。

これらの台湾茶は「茶芸館」という専門店で、最もおいしい状態で供される『工夫茶』という作法でいただくことができます。


紫藤廬

台北市に保護されている庭の藤の木が店名の由来になっている「紫藤廬」は、日本統治時代に建てられた古い家屋を改装した茶芸館です。大通りに面していますが、一歩入ると静寂の世界が広がっています。趣あるインテリアが置かれたテーブル席と風情ある畳の座敷席がお好みで選べます。茶葉は季節ごとに厳選され、お茶に入れる水は台北近郊の烏来から汲んできた泉水を使用しています。それによって茶葉の持ち味が引き出され、芳しさも増しています。人気の銘柄は、店名と同じ凍頂烏龍茶「紫藤」、東方美人茶「醺」、高山包種茶「千山霊秀」、阿里山茶「曦晨泳露」の4種類で、日本情緒あふれる店内でゆったりした時間を過ごせます。


水月草堂

MRT木柵線「科技大楼」駅から徒歩5分、賑やかな大通りから一歩入ったところに、まさにお茶を楽しむための癒しの空間があります。店内には落ち着きのあるチャイナアンティーク家具が配され、ノスタルジックな雰囲気を醸しだしています。オーナー厳選のお茶は種類も豊富で、お茶1種類と茶菓子が2種類選べるセットメニューもあります。一人1種類のお茶を頼まなければならない茶芸館が多いなか、ここでは最低消費額250元を満たせば人数分の茶葉を頼む必要はありません。その分、いろいろな種類の茶菓子がオーダーできるのでお得感もあります。夕方5時からは食事もでき、時間が経つのも忘れてしまう居心地のいい茶芸館です。


吉祥草

隠れ家という言葉がぴったりな「吉祥草」は、台北松山空港から徒歩10分ほどの富錦街という静かな住宅街の中に佇む茶芸館です。空港が近くにあるにもかかわらず、緑に囲まれた都会のオアシスのようなところです。

自然光が入るテーブル席や窓越しに庭の竹が愛でられる畳席、襖で仕切れる掘りごたつ席などがあり、アットホームな雰囲気が漂っています。メニューには思わず笑ってしまう日本語が書かれていて、これにも心が和みます。うれしいことに営業時間は24時まで。松山空港利用の際は、ここで一服してから搭乗されてはいかがでしょうか。縁起が良い吉祥草という名の通り、ほっこり幸せな時間が過ごせる茶芸館です。


逸馨園書香茶坊

台北駅からМRT板南線に乗って6駅目の府中駅から徒歩約15分の「南雅夜市」の中ほどに位置する「逸馨園書香茶坊」は、台北市内の茶芸館とは異なる粋な雰囲気を持つ茶芸館です。

敷地は約600坪、江南庭園を模した中庭にある池の周りを木造の回廊がぐるりと囲み、1部屋ずつ戸で仕切られた60室あまりの個室はプライベート感たっぷり。まるで老舗の料亭のようです。

庭を泳ぐ鯉が窓越しに眺められ、夜になると部屋や廊下に掲げられた提灯に明かりが灯されて、幻想的な世界に様変わりします。最大滞在時間は4時間までで、食事もでき、子供用のプレイルームもあります。

府中駅至近には「林本源園邸」という江南式庭園もあり、南雅夜市とあわせての訪問がお勧めです。

湯がたぎる音も心地良く、おいしいお茶を飲めば心もリラックスし、五感も満たされます。

台湾茶に含有するポリフェノール成分は脂肪の吸収を抑え、分解促進する働きがあるため、健康にも良いとされています。

あなたも癒しの茶芸館で、ゆるりとしたくつろぎの時間を過ごしてみませんか。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_140465773 ベルリンの歴史を投影する現代建築「連邦議会議事堂」の楽しみ方
    SPOTTIPS
  2. shutterstock_435667702 引き締まった辛口が持ち味 文豪ゲーテが愛したドイツのフランケンワ…
    FOODTIPS
  3. shutterstock_283016600 国によって風習が違う!世界各国のハロウィンとは?
    CULTURETIPS
  4. shutterstock_193302353 歴史や文化を体感できるブダペストの老舗カフェ
    CULTUREFOOD
  5. shutterstock_188677433 桜が咲いたら出かけよう!東京のおすすめ桜スポット
    SPOTTIPS
  6. shutterstock_342093995 日本人にはなじみが薄いマイナーな国へ観光に行ってみよう
    SPOTTIPS
  7. shutterstock_211051675 下町情緒たっぷりの麻布十番で、絶品手土産を探す
    FOODSHOPPING
  8. shutterstock_281816816 まさに南国の楽園!オセアニアの穴場フィジー
    TIPSTOWN

新着記事