ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, TOWN > まるでおとぎの国!中世の香り漂うバルト三国

CULTURETOWN

まるでおとぎの国!中世の香り漂うバルト三国

CULTURETOWN 投稿者: ココマチ編集部
spot_img1

バルト三国とは、バルト海の東岸に位置する三つの国、エストニア、、リトアニアのことを指します。海を挟んでフィンランドやスウェーデンと向かい合い、ロシア、ベラルーシ、ポーランドとは陸続きで隣り合っています。中世の雰囲気を色濃く残す街並みは、まるでおとぎ話の世界から抜け出てきたようです。三国とも首都の旧市街が世界遺産に登録されているほか、あまり知られていない世界遺産も数多く存在し、観光地として根強い人気を保っています。日本からの直行便はないので、フィンランドの首都ヘルシンキを経由して各国の首都であるタリン、リガ、ヴィリニュスに向かうのが便利です。三国全てを巡るツアーがあり、観光ガイドも充実していて、訪れやすい国といえます。
互いに密接な関係を持ちながらも、それぞれ独自の魅力を持つエストニア、ラトビア、。これら三つの国についてご紹介します。


二つの世界遺産を持つ観光地 エストニア

エストニアは、かつて旧ソ連の構成国だったこともあり、住民の20%をロシア人が占めています。現在ではヨーロッパの国としての表情を取り戻し、観光地としてバルト三国を代表する存在です。シュトルーヴェの測地弧やタリンの旧市街といった世界遺産があり、北欧やロシアからの旅行者が多く訪れるため観光施設が充実しています。英語での意思疎通もしやすく、旅行者にとって快適に過ごせる国といえます。 首都タリンの旧市街は、三角帽子のような屋根を持つ塔や可愛らしい煉瓦造りの建物が建ち並び、まるでおとぎ話に出てくるような風景です。旧市街についての情報は観光ガイドで詳しく調べることができます。 また、エストニアからフィンランドまでは、フェリーに乗ってわずか数時間で行くことができます。中世のヨーロッパの雰囲気と北欧の雰囲気を両方味わえるエストニアの旅。ぜひ計画を立てて訪れてみて下さい。


中世ドイツの面影を残すラトビア

ラトビアはバルト三国の中央に位置する国です。かつて旧ソ連の構成国だったことから、住民の27%をロシア人が占めています。そのため、公用語はラトビア語ですが、映画やテレビ、新聞・雑誌ではロシア語も用いられています。また、英語やドイツ語まで操る人も多く、多言語国家的な一面を持っています。 首都リガの旧市街では、中世のドイツのような景観を見ることができます。ロマネスク、ゴシック、バロックといった複数の建築様式が混在しているのが特徴です。15世紀の街並みが非常に良い状態で保存されている理由として、旧ソ連時代に旧市街の開発が進まなかったことがあげられます。世界最古のパイプオルガンと美しいステンドグラスで有名なリガ大聖堂、14世紀初期に建てられ、現在はラトビア大統領官邸となっているリガ城などたくさんの見所があり、観光ガイドで紹介されています。


豊かな水と緑に満ちた美しい国 リトアニア

バルト三国の中で最も広い面積を持ち、最も南に位置するリトアニアは、国土の98%を農地と森林が占めています。約4000にもおよぶ大小さまざまな湖があり、「森と湖の国」と呼ばれています。 首都ヴィリニュスは、その美しい景観ゆえに「小さなローマ」と呼ばれています。世界遺産に登録された旧市街には、15世紀に建てられたゴシック様式の聖アンナ教会をはじめ、たくさんの教会が建ち並んでいます。 北部の街シャウレイの郊外にある「十字架の丘」は、リトアニア最大の巡礼地です。周囲を畑に囲まれた小高い丘に、5万本を超える十字架が突き刺さっています。これは、抑圧に抵抗してきたリトアニア人の魂の叫びを表していると言われます。「十字架の丘」へは、シャウレイからバスやタクシーで向かうことになります。リトアニア旅行の際は、観光ガイドなどで調べてぜひ訪れてみて下さい。


それぞれが独自の魅力を持つ三つの国

私たち日本人は、バルト三国と聞いて、三つの国をひとまとめに捉えてしまいがちですが、それぞれの国は、実は多くの相違点を持っています。歴史的にエストニアとラトビアはドイツの、リトアニアはポーランドの影響を強く受けてきました。そのため言語や宗教の面で大きく異なっている部分があるのです。また、使われている通貨は同じユーロですが、物価はリトアニア、ラトビア、エストニアの順に高いようです。 一方で共通点も多く、いくつもの国と接する要所に位置していることで、昔から何度も戦乱に晒されてきたこともその一つです。近代においてはロシアの影響を強く受けていました。 互いに密接な関係を築いてきた三つの国。三国間の交通網は充実しており、中でもバスは比較的安価で利用できます。路線バスで巡る三国周遊ツアーもあるので、ぜひ観光ガイドで調べて訪れてみて下さい。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_456757144 青森ご当地グルメを食べてみたい!
    CULTUREFOOD
  2. image インドの魅力を肌で感じる大都市 コルカタのオススメ観光スポット
    SPOTTOWN
  3. shutterstock_154151477 クアラルンプールの旅行ガイド
    TOWN
  4. 天使が舞い降りた街、セドナの魅力 天使が舞い降りた街、セドナの魅力
    SPOTTOWN
  5. shutterstock_116997196 キューバの歴史とともに受け継がれてきたカクテル
    CULTUREFOOD
  6. shutterstock_425041018 恋愛で行き詰った時は、縁結びの神社へ行こう!
    CULTURESPOT
  7. cancun_img1 世界中から観光客の訪れるリゾート地 カンクン
    SHOPPINGTOWN
  8. shutterstock_423437632 芸術の街ミュンヘンの博物館3選
    CULTURESPOT
ココマチギフト

新着記事