ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, SPOT > まさに秘境!チベットの定番観光スポット

CULTURESPOT

まさに秘境!チベットの定番観光スポット

CULTURESPOT 投稿者: ココマチ編集部
image

チベットは、まさに秘境と呼ぶにふさわしい地です。厳しい自然の中に、壮大なスケールを持った建造物がそびえたつ…それはチベット仏教への厚い信仰心が形を成した姿でもあります。今回ご紹介するチベットの観光スポットは、世界遺産「ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群」の構成遺産から3ヶ所をピックアップしています。ダライ・ラマがインドに去り、主を失ってしまった今でも、チベット仏教の威光を深く感じられるスポットばかりです。


「垂直のヴェルサイユ」と謳われるポタラ宮

チベット仏教徒にとっての聖地ポタラ宮は、チベット自治区の中心地ラサにそびえたつ、高さ117m、南北300m、東西360mという巨大な宮殿です。建物はふたつの区域から成っていて、赤い壁の「紅宮」は大集会場や霊塔殿などがある宗教的部分、白い壁の「白宮」はダライ・ラマの生活空間および政治的な場です。合計で1000以上の部屋を持ち、内部は極彩色の装飾がほどこされた絢爛な空間で、壮大な外観とあわせてチベット仏教徒の心のよりどころとなっています。


ポタラ宮の元を築いた王を弔う、トゥルナン寺

トゥルナン寺は、ラサにあるチベット仏教寺院。1994年に世界文化遺産として登録されたポタラ宮に続き、2000年に「ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群」として追加登録となった寺です。チベットを統一した吐蕃(とばん)王朝の王ソンツェン・ガンポの菩提寺として建立されました。ソンツェン・ガンポはポタラ宮の元となった宮殿を築いた人物で、彼に嫁いだのは唐の玄宗皇帝の娘、文成公主。彼女が唐から持参した釈迦牟尼像が、この寺の本尊となっています。


歴代ダライ・ラマの美しい離宮、ノルブリンカ

トゥルナン寺同様、2001年に世界遺産「ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群」の一部として追加登録されたノルブリンカ。チベット語で「宝の庭」を意味します。ポタラ宮から約3キロ離れた地にあるダライ・ラマの離宮と庭園であり、現在は公園として開放されています。創建は18世紀のダライ・ラマ7世のときで、その後も歴代のダライ・ラマが次々に離宮や湖中楼などの建物を増築して今の姿となりました。図書館や博物館なども備え、市民の憩いの地となっています。


神秘の地チベットの観光スポットは、行けるかどうかも運次第!?

平均標高4500メートルという高地に位置するチベットは、まさに秘境と絶景だらけの地です。自然が織り成す景観ももちろんですが、その厳しい環境と調和するように人の造り上げた建造物がそびえる景色は、見る者を圧倒してやまないでしょう。政局が不安定であることから、観光客が入れるかどうかはほとんど運次第、という観光スポットも多数存在します。できることなら、一生に一度くらいは厳しい自然に抱かれた神秘の地チベットを訪れてみたいですね。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったらいいね!しよう


関連記事

  1. 289_1_christmas_img1 アメリカではどんなクリスマスを過ごしているの?
    CULTURETREND
  2. shutterstock_452278573 お茶の産地、中国福建省は観光スポットもいっぱい!
    SPOTTOWN
  3. 南の楽園 沖縄の離島でリゾートバカンス 南の楽園 沖縄の離島でリゾートバカンス
    SPOTTIPS
  4. treasure_img1-01 謎めいた魅力が人々を惹きつける 世界三大秘宝
    CULTURESPOT
  5. 歴史ファンにはたまらない岩手県南部の歴史文化に触れる旅 歴史ファンにはたまらない岩手県南部の歴史文化に触れる旅
    SPOTTOWN
  6. shutterstock_277144706 独自の文化が作り上げた奄美大島の特産品
    CULTURESHOPPING
  7. shutterstock_322962692 イングランドの港街 リヴァプールの観光スポット
    SPOTTOWN
  8. shutterstock_140465773 ベルリンの歴史を投影する現代建築「連邦議会議事堂」の楽しみ方
    SPOTTIPS

新着記事