ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, TIPS > こんな時どうする!?ヨーロッパのチップ習慣

CULTURETIPS

こんな時どうする!?ヨーロッパのチップ習慣

CULTURETIPS 投稿者: ココマチ編集部
tip_img1

ヨーロッパやアメリカなどの海外旅行へ行くとき、気になるのがチップの問題ではないでしょうか。チップは受けたサービスへの対価として支払われますが、日本では飲食店などの場合、サービス料の名目で会計時に支払うためあまり意識されていないのが現状です。また旅館などでの心付けも、現金を紙に包んだり祝儀袋やポチに入れたりして渡します。そのまま渡すのは、タクシー料金の精算時といった限られた場所だけです。
日本国内ではあまりなじみのない習慣のため、そもそもどんなときに渡したほうがいいのかとか、渡す金額はいくらくらいが相場なのかとか、戸惑う人の方が多いと考えられます。そこで、日本人観光客に人気の欧米にある国の中から「イタリア」「スペイン」「」の3ヶ国をピックアップして、それぞれの国についてご紹介していきます。


イタリアでのチップ

ローマやミラノ、ヴェネツィアなどイタリアには魅力ある都市があふれています。世界遺産やショッピング、美しい街並みにおいしい食事を体験できるとあって、日本人観光客に人気の国です。イタリアもほかのヨーロッパの国々のようにチップの習慣がある国ですが、常に払わなくてはいけない、というものではありません。あくまでサービスへの感謝です。ホテルであれば、ポーターに荷物を運んでもらったときにスーツケース1個にたいして1ユーロくらいが相場です。 また各都市によってもチップへの考え方は微妙に違います。例えばレストランにチップを5~10ユーロほど残すのが一般的と言われるローマに比べ、ミラノではほとんどないと言われています。また請求金額の中にサービス料が含まれている場合もあるので、レシートはしっかりチェックしておきましょう。


スペインでのチップ

スペインにもほかのヨーロッパ諸国のようにチップの習慣はありますが、絶対に置いてこなくてはならないというものではありません。あくまでもチップは感謝の証なので、満足できたサービスへ支払います。例えば、ホテルでベルボーイに荷物を持ってもらったときには1ユーロを渡すとか、レストランの食事ではそのレストランの格式にもよりますが、1人につき1~2ユーロほどが相場になります。 また特にこれといった金額ではなく、おつりをそのままチップにしてしまうこともあります。タクシー料金を精算するときに4.5ユーロ請求されたとして、5ユーロを支払い、残りの50セントはチップにします。カフェでコーヒーを飲んだり朝食を食べたりしたときも、同じようにするか、チップなしということもあります。もちろんサービスに満足できなかった場合はチップを支払う必要なんてありません。


ポルトガルでのチップ

ヨーロッパの国々やアメリカに見られるチップの習慣は、ヨーロッパに属するポルトガルにもある習慣です。しかし義務として必ず払わなくてはいけない性質のものではなく、レストランなどでは、日本のようにサービス料としてあらかじめ含まれていることがあります。そのためチップを渡すにしても、受けたサービスへの感謝として気持ち程度の金額を渡すのが妥当と言えます。逆に払い過ぎないように注意が必要ですし、むしろ払わないこともあり得ます。 相場としては、ホテルのベルボーイに渡すのであれば1ユーロ、ルームサービスやメイドへも1ユーロ、レストランなら飲食した金額の5~10%、トイレでは50セントから1ユーロが目安になります。またタクシーでは料金の端数を払います。カフェやバルなどもおつりの端数くらいです。飲み物だけを頼んだのなら、払う必要はないといえるでしょう。


チップはあくまでも感謝のしるし

チップの習慣について、「イタリア」「スペイン」「ポルトガル」の3ヶ国を紹介しましたが、どの国にも共通して言えることは、チップは必ず払わなくてはならない義務ではないということです。確かにどの国にもチップの習慣はありますが、サービスを行ってくれる業種の給料が、チップありきで設定されているわけではないのです。あくまでも受けたサービスへの感謝を、目に見える形で示す行為なのです。 日本ではなじみのない習慣のため、「ヨーロッパなどの海外ではチップを渡す習慣がある」ということにとらわれがちですが、あまりに気にしすぎてしまうと、せっかくの海外旅行の楽しさが半減してしまうといえるでしょう。また各シーンでいわれる相場も、目安に過ぎないものです。難しく考えるのではなく、小銭などをあらかじめ用意しておいて、チップという文化を楽しんでみるのもいいのではないでしょうか。


 

この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_240149893 鎌倉に鎮座する源氏ゆかりの鶴岡八幡宮
    CULTURESPOT
  2. shutterstock_335914709 豊かな緑の中に伊勢神宮(外宮)|神のやしろを想う 神社紀行
    CULTURESPOT
  3. 297_1_shutterstock_252351346 キリストの飲んだワイン、イスラエルのワイナリーが再現に挑戦
    CULTURE
  4. shutterstock_277144706 独自の文化が作り上げた奄美大島の特産品
    CULTURESHOPPING
  5. 295_1_omisoka_img1 大晦日はイベントの日? 年越し行事
    CULTURETREND
  6. shutterstock_353074796 カナダ先住民の文化にふれられるグアイ・ハアナス国立公園
    CULTURETIPS
  7. shutterstock_384485485 堪能しよう!長崎のおすすめグルメ
    FOODTIPS
  8. 293_1_newyearcuisine_img1 おめでたいお年始には何を食べる?世界のお正月料理
    CULTUREFOOD
ココマチギフト

新着記事