ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > TIPS, TREND > 大都会東京でも野鳥に出会える!気軽に楽しむバードウォッチング

TIPSTREND

大都会東京でも野鳥に出会える!気軽に楽しむバードウォッチング

TIPSTREND 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_343638959

東京というと、大都会の喧騒があふれ返り、バードウォッチングとは程遠いイメージがありますが、実はちょっと足をのばせば野鳥に出会えるスポットがたくさん。両手が使えるようにリュックサックを用意して、コンパクトな野鳥図鑑と筆記用具、雨具、飲み物を入れて気軽に出かけましょう。派手な色合いではない長袖長ズボンに、帽子と手袋も忘れずに。ここからは都内のバードウォッチングのスポットについても、3ヶ所ご紹介していきます。


いつの間にかできた野鳥の楽園!東京港野鳥公園

大田区にある都立の海浜公園である東京港野鳥公園は、元々埋立地だったところに自然と雨水がたまって池ができ、いつの間にか野鳥が集まり始めた、ということがきっかけで造られたバードウォッチングスポットです。首都高速道路など大きな道が数多く走る大都会のまっただ中に存在しながらも、これまでに220種類以上の野鳥が確認されてきました。淡水池や汽水池、芝生広場、ネイチャーセンターなどがあり、子どもから大人、初心者からベテランまで、皆が楽しめます。


渓谷沿いに広がる大自然で野鳥観察、等々力渓谷公園

世田谷区にある等々力渓谷公園は、東京都の名勝にも指定されている風光明媚な景勝地。大都会のど真ん中から20分ほどで行けてしまうというアクセスの良さからは考えられないほど豊かな自然が広がっています。約1キロにわたって続く渓谷を歩くと、ひんやりとした空気の中、川のせせらぎと鳥のさえずりが聞こえてきます。年間29種類もの野鳥を観察できますが、バードウォッチングスポットとしてだけではなく、単純に自然を満喫する場所としてもおすすめです。


管理の行き届いたバードウォッチングスポット、国立科学博物館附属自然教育園

東京の大都会にぽっかり、こんもりと茂る広大な森を持つ国立科学博物館附属自然教育園。さまざまな種類の常緑樹や落葉樹、ススキなどが生える草原、池や小川が見られ、1年を通して植物や虫、動物の変化する姿を楽しむことができます。園内は非常に管理が行き届いていて、同時入園できる人数も300人までと決められています。バードウォッチング目的で来園する人は多く、展示ホールには園内で見られる24種類の鳥の剥製が飾られています。


都会ぐらいの癒しにバードウォッチングを始めよう!

東京都内のバードウォッチングのスポットについて、東京港野鳥公園、等々力渓谷公園、国立科学博物館附属自然教育園の3ヶ所をご紹介しました。どこも東京の大都会にあるとは思えないほど豊かな自然に恵まれ、たくさんの野鳥が訪れるスポットとなっています。難しく考えずに、手元にある道具を持って気軽にバードウォッチングに出かけてみてはいかがでしょうか。身近にある自然、今まで気付かなかった野鳥の姿から、都会での生活の癒しを得られること間違いなしですよ。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_271307561 旅のスタイルで決まるバック
    TIPS
  2. shutterstock_153950534 2016年の解禁日は11月17日!知っておきたいボジョレーヌーボ…
    FOODTREND
  3. 265_1_shutterstock_205324165 泊まってみたい!“進化系宿泊施設”
    SPOTTREND
  4. shutterstock_68171440 ホテルで最上級のおもてなし 人気のクラブフロア3選
    TIPSTREND
  5. フランス人の住みたい街 ワインの都フランスボルドーの魅力 フランス人の住みたい街 ワインの都フランスボルドーの魅力
    TIPSTOWN
  6. 295_1_omisoka_img1 大晦日はイベントの日? 年越し行事
    CULTURETREND
  7. english ユニークなカフェレストラン「WORLD BREAKFAST AL…
    FOODTREND
  8. shutterstock_443356891 パスポートを守る人気のパスポートケース
    TIPSTREND

新着記事