ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, SPOT > 実は名所がたくさん!東京都内の古刹

CULTURESPOT

実は名所がたくさん!東京都内の古刹

CULTURESPOT 投稿者: ココマチ編集部
308_1_image

由緒ある有名な寺を訪れるなら、真っ先に思いつくのが京都や奈良ですよね。寺と聞いて東京を思い浮かべる方は少ないのではないでしょうか。スカイツリーをはじめとする近代的な建築や、表参道ヒルズや赤坂サカスなどでのショッピングなど、観光においては大都会を満喫するコースが定番の東京ですが、風情あふれる寺や仏閣も実は数多く点在しているんです。
江戸の街は火事が頻繁に起こることで有名でした。また大正時代には関東大震災も発生し、都内にある神社仏閣の多くはその被害を受けました。後世に修復・再建された建物も少なくないのですが、それ故に東京に今なお残る数々の古刹は地元の人々の信仰を集め、愛され、支えられてきたのだと言えるでしょう。今回はそんな都内の古刹の中から、浅草区の浅草寺、調布市の深大寺、目黒区の瀧泉寺についてご紹介します。


浅草観光の代名詞 浅草寺

都内で最も古い寺である浅草寺は、年間3,000万人が訪れる東京を代表する観光地です。その起源は628年までさかのぼります。とある兄弟が隅田川で漁をしていると網に仏像がかかりました。彼らの主人が出家し、この仏像を本尊として祀り供養したことがこの寺の始まりとされています。 浅草寺に到着すると一番初めに目にすることになるのが雷門です。掲げられた大提灯は浅草のシンボルとなっており、記念撮影をする観光客が後を絶ちません。そしてそこから宝蔵門まで続く表参道には、江戸時代から続く商店街「仲見世」が広がっています。食べ物屋、土産物屋、数々の店が立ち並ぶこの通りは活気にあふれており、特に正月の初詣の時期ともなると大変な人出になります。また、三社祭やほおずき市などの年間行事も多く、浅草寺周辺はいつも賑やかです。この寺の長い歴史は、多くの人々に愛され続けた歴史とも言えるでしょう。


豊かな水が湧き出る名刹 深大寺

都内で浅草寺に次ぐ古い歴史を持つ深大寺は、水とゆかりのある寺です。深大寺の名は水神「深沙大王」に由来し、境内には多くの湧水があります。中でも不動の滝は有名で、東京都名湧水57選にも選ばれています。 清らかな水が豊富な土地を利用して、寺の周辺ではそばの栽培が盛んに行われるようになりました。寺で打ったそばを来客にもてなしたのが深大寺そばの始まりとされており、その美味しさは全国に広く知られるようになりました。今では寺の周辺に数多くのそば屋が軒を連ね、この寺の名物となっています。 また、毎年3月3、4日に行われる「厄除元三大師大祭」ではだるま市が開催されることで有名です。境内に300を超えるだるま店が立ち並ぶその様子は日本三大だるま市に数えられ、大変な賑わいを見せます。この行事は梅の花が開く頃に行われることから「春を呼ぶ祭り」と呼ばれています。


目黒不動尊の名で親しまれる 瀧泉寺

東京都目黒区にある瀧泉寺は、不動明王を本尊としていることから「目黒不動尊」の通称で親しまれています。その起源は808年までさかのぼります。慈覚大師円仁が15歳の頃、比叡山に赴く途中に立ち寄った目黒の地で不動明王の夢を見、その姿を仏像として掘り起こして祀り、安置したことが始まりとされています。以来瀧泉寺は日本三大不動のひとつに数えられ、関東においては最古の不動霊場となっています。また、天下泰平と江戸の鎮護のために徳川家光が定めおいた江戸五色不動のひとつにも数えられていることでも有名です。 境内には、円仁が仏具である独鈷(どっこ)を投げたことで湧き出たと言われる独鈷の滝、そしてその池の中に祀られている「水かけ不動明王」をはじめ、大日如来像や愛染明王、八大童子など数々の仏像が祀られており、都内でも有数のパワースポットとして多くの人が訪れています。


古刹を巡って、一味違う東京観光を

すでにご紹介した3つの古刹の他にも、東京には外せない名所がたくさんあります。 例えば、映画「男はつらいよ」の寅さんとともに知られている柴又帝釈天。正式名称は経栄山題経寺であり、江戸時代に開創された日蓮宗の寺院です。表参道は下町の風情に溢れ、人気の観光地となっています。また、港区にある壇上寺は600年以上の歴史を持つ浄土宗の寺院です。壇上寺は東京タワーのすぐそばにあるため、歴史ある寺院と東京タワーが並ぶ光景が人気を集めています。江戸時代に創建し、明治時代に現在の豊島区巣鴨に移転した高岩寺は、針を誤飲した女性が本尊である延命地蔵菩薩のご利益で助かったという伝説から「とげぬき地蔵尊」の名で親しまれています。 魅力的な古刹はこの他にも数多くあります。その歴史やいわれを調べて巡ってみるのも楽しいかもしれませんね。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_391904392 アメリカで1番住みたい街!ポートランドを訪れよう
    SPOTTOWN
  2. shutterstock_419496859 バーミンガムでイギリスカルチャーを楽しもう
    SPOTTOWN
  3. shutterstock_342093995 日本人にはなじみが薄いマイナーな国へ観光に行ってみよう
    SPOTTIPS
  4. shutterstock_355279232 エメラルドシティとも呼ばれるシアトルの観光スポット
    SPOTTOWN
  5. shutterstock_391591339 ウィーンで人気のスポットを巡り、中世の歴史に触れよう
    CULTURESPOT
  6. image 多くの歴史的建造物が残るムンバイの観光スポット
    CULTURESPOT
  7. shutterstock_409943347 バイエルン王国の遺産が数多く遺る街 ミュンヘン
    CULTURESPOT
  8. 323_1_shutterstock_204332695 浄土思想を今に伝える世界遺産 平泉
    CULTURESPOT
ココマチギフト

新着記事