ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > SPOT, TOWN > 1,000年の歴史を持つ水郷の街「蘇州・同里古鎮」

SPOTTOWN

1,000年の歴史を持つ水郷の街「蘇州・同里古鎮」

SPOTTOWN 投稿者: 吉川由美
同里古鎮

中国最長の大河、長江の下流域の南岸は江南地方と呼ばれ、長江が運んだ肥沃な土砂の堆積によって生まれた土地です。その土が農地を作り、街に張りめぐされた水路が物資を運ぶ役割を果たして水郷の街を形成し、古くから水上交通の要衝として発展してきました。上海から約80キロ、蘇州から18キロの場所に位置する「同里古鎮」もそのひとつで、宋の時代から1,000年あまりの歴史を持ち、『江南水郷三明珠』として周荘、甪直(ろくちょく)と並び称される水の街です。「富土=富める土地」という旧名の通り、贅を尽くした邸宅もあり、「一園・二堂・三橋」と呼ばれる名所旧跡が点在しています。小舟に揺られるもよし、石畳の街を散策するもよし、何をしてもベストシーンに出会えます。


無病息災、吉祥のシンボル「三橋」 

同里古鎮を代表する景色、それは運河とそこに架かる橋が織りなす風景です。総面積の5分の1を水路が占め、異なる時代に建てられたアーチ状や四角などさまざまな形をした49の橋が街に趣を添えています。中には700年以上経つ橋もあり、その下をゆっくり小舟が通る光景は水郷ならではの風情を漂わせています。「三橋」と呼ばれる太平、吉利、長慶という3つの橋は、同里の無病息災、吉祥のシンボルで、『太平橋を渡れば1年を健康に過ごすことができ、吉利橋を渡れば商売が繁盛し、長慶橋を渡れば長生きできる』と古くから言い伝えられ、結婚などの慶事の際に太鼓や爆竹の音が響き渡る中、人々は順に三橋を渡ってご利益を授かるそうです。名前からして吉兆感がある三橋を自分の足で渡ってご利益にあやかりましょう。


貼水園の名園「退思園」 

同里を訪れてまず向かいたいのは、『蘇州古典園林』の一つとして世界遺産に登録されている「退思園」です。1885〜1887年にかけて清朝の高官だった任蘭生によって造られた私家庭園で、同僚の讒言により罷免され故郷の同里で隠棲生活を送った彼は、『春秋左氏伝』という歴史書の一文、「進思尽忠、退思補過」(官として仕える場合は誠心誠意を尽くして奉公し、官から退く場合は過去を反省し過ちを補う)から「退思園」と命名し、ここで2年の隠遁生活を送りました。季節ごとに住み替えたという4つの建物からなる主の住居は回廊によって結ばれ、太湖石がある池を取り巻くように配された楼閣、草堂などとともにあたかも水に浮かんでいるかのように設計されています。池に建物が貼り付くような貼水園の傑作として高く評価され、映画のロケ地にもなっています。


二堂や明清街も散策コースに  

「二堂」と呼ばれる嘉蔭堂、崇本堂も立ち寄りたいスポットです。嘉蔭堂は1922年築、崇本堂は1912年築の商人たちの邸宅で、壁や戸、梁や窓など至るところに施された木彫りや浮き彫りなどの見事な彫刻から、当時の豊かな暮らしぶりをうかがうことができます。街全体が映画のセットのような同里古鎮には、現在も市井の人々が生活を営んでいます。運河に面して建てられている民家はほとんどが明、清代に建てられたもので、小さな平屋または2階建てが多く、レンガ積みの壁を漆喰で塗り固められて造られています。屋根には小さな黒い瓦がきれいに敷かれ、水路を行き交う小舟と白壁の家は水郷を彩る風景で、どこから見てもベストショットになります。名所を訪れた後は、目抜き通りの「明清街」にも行ってみましょう。その名の通り、明、清代の面影を残す商店街で、タイムスリップしたような感覚で食事や買物が楽しめます。名物は白絲魚、白蝦、銀魚の太湖三白です。


上海、蘇州から日帰りも可能

昔ながらの水郷風景が今も残る情緒豊かな街、同里。時間があれば宿泊して朝昼夜の風景を楽しみたいところですが、上海や蘇州から日帰りで行くことも可能です。そばに鉄道駅はないため、上海からは上海旅遊集散中心などのバスターミナルから約1時間半、呉江同里汽車客運站(同里バス停)下車、徒歩約5分です。往復運賃と主な観光スポット5箇所の入場券がセットになったお得なチケットが売られています。蘇州からは駅の近くにある蘇州北バスターミナルから路線バスに乗って約30分で到着します。「富土」から「銅里」、そして「同里」と名を変えながら静かに時を重ねてきた同里は、時間もゆっくり流れているような街。きっと気分もリフレッシュすることでしょう。


この記事の著者
こんにちは!台北在住の専業主婦の吉川です♪ 在住者だからこそ知っている台湾の生情報やお薦めのレストラン、旅行会社に勤務しながら、趣味と実益を兼ねて旅した世界50カ国の都市の見どころや観光ポイントをた~くさんご紹介させていただきます♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_247810309 坐禅によって自己を見つめる禅宗の寺 鎌倉の禅寺をまわる
    CULTURESPOT
  2. shutterstock_218092807 3000年の歴史を持つ古都、西安の見どころ3選!
    CULTURESPOT
  3. shutterstock_257639746 国内に13軒しかないスターバックス・コンセプトストア
    FOODSPOT
  4. shutterstock_278048171 こんなに個性的で大丈夫!?世界の動物園
    SPOTTIPS
  5. 疲れた身体もスッキリ!台北の街角マッサージで極楽気分! 疲れた身体もスッキリ!台北の街角マッサージで極楽気分!
    SPOTTIPS
  6. shutterstock_367497866 生涯に一度は訪れておきたい、ヨーロッパの隠れ里
    TOWN
  7. shutterstock_420052702 世界遺産都市ペナン島のジョージタウンを堪能しよう
    TIPSTOWN
  8. ab77bdd1 高知の気候風土が育んだ特産品の数々
    SHOPPINGTOWN
ココマチギフト

新着記事