ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > SPOT, TOWN > 美しいバラ色の街 フランス南西部のトゥールーズの観光スポット

SPOTTOWN

美しいバラ色の街 フランス南西部のトゥールーズの観光スポット

SPOTTOWN 投稿者: 吉川由美
美しいバラ色の街 フランス南西部のトゥールーズの観光スポット

トゥールーズは、フランスの南西部のオクシタニー地域圏の首府で、街を形作るレンガの色から「バラ色の街」の別名を持つ美しい街です。
スペインとの国境に近いことからスペインの影響が強く、キリスト教の聖地であるスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路である「トゥールーズの道」の重要な巡礼地ともなっています。
その歴史はローマ人によって築かれた3世紀にまでさかのぼり、5世紀には西ゴート王国の首都にもなり、中世には当時貴重だった染料のパステルの交易で繁栄しました。
近年は、最新鋭の技術を誇る航空宇宙産業のメッカとなり、市民の4人に1人は学生という若い活気に満ちた街でもあります。人口45万人のフランス第4の都市、トゥールーズを旅しましょう。


街のシンボル 「キャピトル」

トゥールーズには、中世に造られた修道院や聖堂、パステル染料で富を築いた商人たちの邸宅など観光スポットがたくさんあります。街の中心は現役の市庁舎があるキャピトル広場で、市庁舎をはじめ、トゥールーズの象徴とも言えるレンガ造りの建築物に囲まれた大きな広場で、中心には12星座、12月、12時を象徴するオクシタン・クロスと呼ばれるオクシタン地方独特の十字架が刻まれています。
絶対王政下のトゥールーズ市参議会「キャピトゥール」に由来し「キャピトル」と呼ばれる市庁舎は、1760年に建設されたバロック様式の建物で、バラ色のレンガと白い石を組み合わせた壮麗な外観と2階の大広間にあるトゥールーズの歴史を描いた壁画や天井画、トゥールーズ出身の画家アンリ・マルタンが残した「ガロンヌ川の四季」の壁画が見どころです。
国立キャピタル劇場も備えており、コンサートやオペラ鑑賞もでき、​夜間ライトアップされた姿も必見です。


地中海と大西洋を結ぶ大運河 世界遺産「ミディ運河」

ミディ運河は、1667年から1694年にかけて当時の地形測量、幾何学、建築技術を結集して造られた運河です。当時、大西洋から地中海に物資を運ぶには、スペインにジブラルタル海峡の通行税を支払わねばならなかったため、通行税削減と時間短縮のための一大プロジェクトでした。
トゥールーズを流れるガロンヌ川から地中海のトー湖まで全長240km、支流を含めると360kmにも及び、この運河の完成で南仏のワイン出荷量は飛躍的に増えました。
高低差のある運河にまんべんなく水を供給するため、人造湖と100以上の水門が設けられ、中でも標高差21mの水路を7段の閘門で上下させるフォンセランヌの水門は圧巻です。
1996年に世界文化遺産に登録され、現在は遊覧船に乗って運河クルーズをすることができます。
船頭や馬を日差しから守るためにプラタナスやポプラが植えられた運河沿いの道は、人気の散策道となっています。


宇宙開発を主題にした施設 「アエロスコピア航空博物館」 「シテ・ド・レスパス」

トゥールーズは古い歴史を残す街であると同時に、世界最先端の技術と人材が集まる航空宇宙産業の中心地でもあります。
ボーイングと並ぶ世界最大の航空機メーカーであるエアバスの本社やフランスの宇宙開発機構があり、トゥールーズ空港にある最終組み立て工場では最新のエアバス機が製造されています。
2015年1月、そこに隣接して、機体の製造過程、飛行機の歴史、飛行機のパーツ工場の役割などについて学べる「アエロスコピア航空博物館」が開館。郊外には宇宙科学教育を目的としたテーマパーク「シテ・ド・レスパス」があり、宇宙ステーション「ミール」やフランスのロケット「アリアン5」やロシアの人工衛星ソユーズとミールの実物大モデルを見ることができます。
またIMAXシアターでロケット発射の瞬間など臨場感溢れる映像が見れるほか、月面歩行のシミュレーション体験などもでき、共に宇宙や天文学習ができる場所として人気です。


伝統と最先端産業が共存する街

トゥールーズにはもう1カ所世界遺産に登録されている「サン・セルナン・バジリカ聖堂​」があり、この他にもヤシの木のような天井が特徴の「ジャコバン修道院」、ルネッサンス期にパステル公益で富を得た商人の豪邸「アセザ館」やオーギュスタン博物館など、必見スポットが盛り沢山。
トゥールーズ最古の橋「ヌフ橋」から望む風景もすばらしく、その歴史ある橋から街を眺めるとトゥールーズが「バラ色」と称される理由がわかることでしょう。
地質の条件から近郊で資材に適した石を得ることができなかったため、かつて貧者の石材と言われていたレンガに彩られたトゥールーズの街は、古くからの伝統を大切にしながら、グローバルシティとして発展しています。
煮込み料理のカスレやフォアグラやカモのコンフィなど名物料理も味わってみたいですね。


この記事の著者
こんにちは!台北在住の専業主婦の吉川です♪ 在住者だからこそ知っている台湾の生情報やお薦めのレストラン、旅行会社に勤務しながら、趣味と実益を兼ねて旅した世界50カ国の都市の見どころや観光ポイントをた~くさんご紹介させていただきます♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_184237955 八幡宮の総本宮 宇佐神宮|神のやしろを想う 神社紀行
    CULTURESPOT
  2. MRTで日帰り可能!日本人が開発した北投温泉で温泉三昧 台湾で日本人が開発した北投温泉で温泉三昧。MRTで日帰り可能!
    SPOTTIPS
  3. shutterstock_265278998 シチリアの歴史とともに育ってきた街シラクサの観光スポット
    CULTURESPOT
  4. suao_img-03 夏こそ行こう!台湾・蘇澳はひんやり冷泉と漁港の街!
    TOWN
  5. shutterstock_302562731 自然のあらゆる恵みを堪能できる岡山県新見市
    SPOTTOWN
  6. ヨーグルトだけではない 東欧の美しい国ブルガリアの魅力 ヨーグルトだけではない 東欧の美しい国ブルガリアの魅力
    TIPSTOWN
  7. shutterstock_112604510 日本の偉大な世界遺産のひとつ、白神山地
    CULTURESPOT
  8. 287_1_shutterstock_331097414 この冬にいってみよう。世界遺産 日光の社寺
    CULTURESPOT
ココマチギフト

新着記事