ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, SPOT > 2016年に世界文化遺産に登録された国立西洋美術館

CULTURESPOT

2016年に世界文化遺産に登録された国立西洋美術館

CULTURESPOT 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_296695889

日本国内にはさまざまな特徴を持つ美術館・博物館があるので、その施設を目当てに旅行をするという方もいるでしょう。そこで今回は国内のおすすめ美術館・博物館をご紹介します。はじめにご紹介するのは19~20世紀の印象派などの絵画と彫刻を集めた松方コレクションをもとに設立された国立西洋美術館です。こちらの建物は、スイス出身の建築家ル・コルビュジエが設計したもので、2016年6月に彼の建築作品の1つとして世界文化遺産に登録され話題になりました。


西洋の名画を国内で鑑賞できる大塚国際美術館

徳島県にある大塚国際美術館はモナリザや最後の審判など、海外に行かなくてはなかなか見られない西洋の名画を国内で鑑賞できる貴重な施設です。こちらの美術館に展示されているのは「陶板名画」といわれる複製画です。しかし色彩やサイズを原画のまま忠実に再現しているので、本物を見た時と同じような感動を味わえると評判です。また入場料が3240円と国内の美術館・博物館の中では高額なのですが、そのぶん満足度も高いといわれています。


恐竜の世界や生きていた時代を知ることができる福井県立恐竜博物館

福井県立恐竜博物館は恐竜化石の発見が多い福井県勝山市にある博物館です。こちらの施設では化石標本や恐竜全身骨格だけでなく、映像や復元模型などを使うことで恐竜が生きていた時代を身近に感じさせる工夫がされています。ほかにも館内では恐竜博物館カレッジという講義や実験などを通して恐竜について知ることができる催しが定期的に行われています。また国内の美術館・博物館の中でも、実際に来場した人の口コミの評価が高いということでも知られる施設です。


親子が楽しみながら鉄道に親しめる鉄道博物館

埼玉県さいたま市にある鉄道博物館はJR東日本の創立20周年を記念して開館した施設で、「鉄博(てっぱく)」の愛称で親しまれています。こちらの博物館は親子で楽しめるということを大切にしている施設で、子供たちが自由に遊べる広場や鉄道に関する絵本もある図書室など、子供が楽しみながら鉄道について知ることができる設備が充実しています。静かに見学しなくてはいけない美術館・博物館が多い中、家族で楽しむことができる貴重な博物館の1つです。


文化や歴史にふれて教養を高める旅

国立西洋美術館・大塚国際美術館・福井県立恐竜博物館・鉄道博物館という国内のおすすめ美術館・博物館を4つご紹介しました。日本国内の旅行はインターネットやテレビ、雑誌などでたくさんの情報や最新のスポットを知ることができるため、どこをメインとした旅行にするかというのが決めづらいということもあるでしょう。そんな時には文化や歴史にふれることができる美術館・博物館をメインとして、近くの観光やグルメを楽しむという旅を計画してみてはいかがでしょうか?


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_149914934 前に進む勇気とパワーを得られる世界のパワースポット
    SPOT
  2. shutterstock_428722222 絶景といわれる日本庭園4選
    CULTURETIPS
  3. shutterstock_337028624 カナダの自然を楽しむ拠点、バンフ国立公園
    SPOTTIPS
  4. shutterstock_513704470 秋はレジャーの季節!関東のおすすめドライブスポット
    SPOTTIPS
  5. shutterstock_434933830 ドイツの歴史ある大都市、ケルンの観光スポット
    SPOTTOWN
  6. kyotoshrine_img1-01 日本を代表する観光地、京都の神社3選
    CULTURESPOTTOWN
  7. 疲れた身体もスッキリ!台北の街角マッサージで極楽気分! 疲れた身体もスッキリ!台北の街角マッサージで極楽気分!
    SPOTTIPS
  8. shutterstock_378094912 政治・経済・文化の中心地、リーズの観光スポット
    SPOTTOWN
ココマチギフト

新着記事