ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, SPOT > いくつ知ってる?世界のユニークなテーマパーク

CULTURESPOT

いくつ知ってる?世界のユニークなテーマパーク

CULTURESPOT 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_344287994

みなさんがテーマパークと聞いてまず思い浮かべるのはどこでしょう。多くの方はディズニーランドやUSJなどの名前を挙げると思いますが、世界にはまだまだ私達が知らないユニークなテーマパークがあるんです。今回おすすめしたいのは、イギリスの「ディッケンズワールド」、オランダの「エフテリング」、フランスの「レ・マシーン・ド・リル」の3箇所。それぞれ違った個性があり独自の魅力を持っていますので、ぜひ旅の参考にしてくださいね。


産業革命時代のイギリスが蘇る ディッケンズワールド

「クリスマス・キャロル」「オリバー・ツイスト」などの作品で知られるイギリスの小説家、チャールズ・ディケンズ。彼が幼少期を過ごしたケント州の港町チャタムには、彼をテーマにしたテーマパーク「ディッケンズワールド」があります。彼が活躍したのは、イギリスが産業革命に湧く時代でした。そのためテーマパーク内は、夢の国というよりはロンドンの下水道や薄暗い街並みなど、かの時代の労働者の生活をよりリアルに体感できるものになっています。


目に映るすべてがメルヘン一色!エフテリング

エフテリングは、オランダ最大のテーマパーク。おとぎの世界をモチーフにしたメルヘンチックな遊園地で、1952年の開館以来入園者数を伸ばし続けています。日本での知名度はあまり高くないものの欧州では人気かつ定番のスポットで、1992年には世界一の遊園地に選ばれたほど。園内は「おとぎ話の王国」「冒険の王国」などの4つのエリアに分かれており、それぞれ可愛らしい建物やアトラクションがいっぱい!ファンタジー好きの方にはぜひおすすめしたい遊園地です。


機械仕掛けのSF世界が広がる レ・マシーン・ド・リル

フランス西部に位置する都市ナントは、「SFの父」とも呼ばれる小説家ジュール・ヴェルヌが生まれた場所です。この街にある「レ・マシーン・ド・リル」は、彼の小説に描かれたさまざまなものを再現したテーマパーク。実際に人を乗せて歩き回る巨大な象や回転木馬、海の生物や空に浮かぶ怪鳥など、園内にあるあらゆるアトラクションが機械仕掛けとなっており、眼前に広がる光景はまさしくSFの世界そのもの。子供も大人も、訪れた人は皆夢中になってしまうはずですよ。


まだまだある!世界のユニークなテーマパーク

世界には、ユニークなテーマパークがたくさんあります。中でも有名なのは、デンマークのコペンハーゲンにある「チボリ公園」。チボリ公園は1843年開園という世界最古の歴史を持ち、ディズニーランドのモデルになったと言われています。また、仏教をテーマに掲げ、アジアらしい独特のデザインの建築物があちこちにあるベトナム・ホーチミンの「スイティエン公園」もおすすめ。せっかく旅をするなら、いつもとは違うテーマパークで遊んでみてはいかがでしょうか。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_202031725 知られざるロシアの魅力。ロシア伝統料理の特徴は?
    CULTUREFOOD
  2. image 北陸新幹線の延伸が待たれる観光スポット 福井県の魅力
    SPOTTIPS
  3. naratemple_img1-01 時の栄華に思いを馳せて 古都奈良の寺々と仏像
    CULTURESPOT
  4. shutterstock_296695889 2016年に世界文化遺産に登録された国立西洋美術館
    CULTURESPOT
  5. shutterstock_491415763 都内で味わえるレトロ!昔ながらの銭湯3選
    CULTURESPOT
  6. shutterstock_69377023 心と身体が満たせる街、ブロードウェイ
    CULTURETOWN
  7. shutterstock_112513559 スコットランドの首都エディンバラを観光しよう
    SPOTTOWN
  8. shutterstock_188677433 桜が咲いたら出かけよう!東京のおすすめ桜スポット
    SPOTTIPS
ココマチギフト

新着記事